ドヴォルザーク/交響曲 第8番

このところ仕事が忙しくなってきました。そんなときの帰り道には、気分転換にどこか別の世界へ連れて行ってくれるような音楽を聴きたくなるものです。今日はそんな一曲です。

プラハ近郊ののどかな村。北には森が広がり、南には池のある谷間へと視界が開けています。そして、その池の向こうには教会のある丘が見えます・・・

これがチェコの代表的な作曲家ドヴォルザークが移り住んで、交響曲第8番をスケッチした場所の風景だそうです。そして、彼は義兄に「鳥の交響曲を作るつもりだ」と伝えたそうです。たとえ、そんなことを知っていようがいまいが、この音楽に触れてしまえば、そして、窮屈な通勤電車の中でも目さえ閉じてしまえば(笑)、そこには想像したボヘミアの風景が広がってくるから不思議。

第1楽章は、ボヘミアの物憂い夜明けから、小鳥のさえずりとともに明るさと活気に満ちた朝になる情景にぐっと掴まれ、第2楽章では広大な自然をいっぱいに感じますが、奥底に流れる悲しみは歴史の運命から来ているのでしょうか。でもそれを乗り越えた達成感は天に突き抜けるほどです。第3楽章は、一度聴いたら忘れられない物憂げなスラブ舞曲風ワルツ。伸びやかで素朴な美しさです。そして第4楽章は、鮮烈なトランペットとともに再び田園風景へ。明るさと熱気につつまれた変奏曲です。副主題はコガネムシのテーマ!興奮のうちに幕を閉じます。

ドヴォルザークはよく屈指のメロディメーカーといわれますが、まったくその通りだと思います。この第8交響曲は、穏やかで、素朴なチェコらしい印象を受けます。

そしてなによりもこの曲に豊かな響きと、奥行きをもった作品に仕上げているのは、ジョージ・セル指揮/クリーヴランド管弦楽団による演奏だからでしょう。この録音はセルの亡くなる3ヶ月前、1970年の生涯最後のレコーディングのものですが、そんな最晩年にあっても、彼が長年磨き上げたオーケストラの音色の美しさはもちろん、全体が一つの楽器のように響いてくるのは驚きです。

聴き終わって再び電車風景に戻ったときの充実感が、それを証明してくれます。



Tags:セル 
posted by stonez | 2005.09.02 22:51 | Comment(20) | TrackBack(9) | 音楽 - 交響曲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。