ニューイヤー・コンサート1987

早くしないと店頭から消えてしまうかもと焦りを感じていた折、先日のyurikamomeさんのエントリーを拝見して即購入。カラヤンが最初で最後にウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートに登場した、1987年のライヴDVD。

私が興味を抱いたときには既にこのコンサートは終わっていましたし、残された時間も少なかったので私は一度も見ることができませんでした、動くカラヤン。もう届いたその日のうちに目を皿のようにして即鑑賞!さすが全てをプロデュースしてきたカラヤン、身振り手振りから風貌に至るまで実にダンディ。

その上、カラヤン自身が過剰に愛想を振りまかないスタイルや(体調?)、自身が直接こだわったという乗馬やバレエの映像、そして何よりもとろけるほどロマンティックで上品なワルツやポルカをウィーン・フィルから引き出している様子が、このコンサートの近年の映像しか知らない私には新鮮に映ります。

だからこそ「雷鳴と電光」の最後でおどけながら撃たれる仕草をしたりとか、「常動曲」が繰り返しに入ったところで、鼻をつまんでから『あー、もうたくさん』と捨て鉢に手を払いのけたりするような、数少ない演出が効果的に生きてくるのですね。むむ、さすが。

とにかくうっとりするような「天体の音楽」や「皇帝円舞曲」など言うに及ばず、「ジプシー男爵」ですら官能的に聴こえます。「こうもり」だって流れるような美しさ。終わった後の『どうだね』という得意げな表情は、同じこの曲をテンポを自在に揺らしながら、精悍な響きを追求していたオザワの迫力とはまるで対照的なのでした。

それから、なんといっても良かったのがキャスリーン・バトルが登場して歌い上げた「春の声」。ただただ鮮やかなコロラトゥーラ・ソプラノに聴き入るばかり。しかも圧倒的なのに重たくない。まさに素敵というほかありません。何度も彼女を優しく見つめるカラヤンを見ていると、こちらまで微笑んでしまいます。

最後はカラヤンが音をつまみ上げるようにして始まるきらびやかな「美しく青きドナウ」に「ラデツキー行進曲」と贅沢三昧のフルコース、美味しく頂きました。一時代を象徴する映像、見た甲斐ありました(^^
posted by stonez | 2006.06.28 00:36 | Comment(8) | TrackBack(2) | 音楽 - その他楽曲

マーラー/交響曲 第4番「大いなる喜びへの賛歌」

いつもお世話になっているおさかな♪さんから先日いただいたコメントで、今までエントリーしようと思いながらまだだったマーラーの曲を思い出しました。交響曲第4番 ト長調「大いなる喜びへの賛歌」です。

これまで少しずつツマミ食いしてきたマーラーの交響曲ですが、おぼろげながら感じているのは、まずスケールの大きさ・迫力が桁違いで楽しい。そして場面展開が型にはまっていないので飽きない(途中で置いていかれることはあります)。それから楽器や合唱の使い方が変わっていて目(耳)を引く。そんな中に美しい「歌」が散りばめられている。等々・・・

マーラーの音楽は、彼自身の感情のおもむくままに展開されていき、しかもその感情が適度に盛り上がってメリハリを生んだりしているので、実際には気軽に聴きやすいのかもしれませんね。このあたり構成的にはベートーヴェンの音楽とは正反対のようですが、聴いているこちらを圧倒する説得力があるという点では共通していると思います。

この第4番は、マーラーの交響曲の中でも演奏時間が一番短いので(それでも1時間弱!)、最もとっつきやすい1曲といえるかもしれません。曲は「神の見守る天上界の素晴らしさを、子供(ソプラノ)が歌い上げる」という第4楽章が中心にあって、その前の各楽章はそれぞれ思い思いにそのための伏線を張っている、と想像しながら聴いています。ソプラノはキリ・テ・カナワ、サー・ゲオルグ・ショルティ指揮/シカゴ交響楽団による録音から。

カナワのソプラノは艶やかな美しさをたたえていますし、サー・ジョージは輪郭のくっきりとした音色を、溌剌としたストレートな味付けで演奏させています。それなのでどちらかというと、ふわっと天上から光が降り注ぐというよりは、地上界にいてその光を体いっぱいに浴びている、という感覚に近いかもしれません。

マーラーの第4番、コンパクトにまとめられた中にもマーラーの創り出す世界を十分楽しめる音楽です。
posted by stonez | 2006.06.24 14:55 | Comment(12) | TrackBack(3) | 音楽 - 交響曲

ラヴェル/マ・メール・ロワ

本格的に梅雨の季節到来。外では絶えず雨音がしている中、家では新米オヤジが息子を寝かせていますが、これが全然ダメで(笑)。抱っこして寝かせてもベットに移すところで起床!そしてまた抱っこして・・・1時間くらい繰り返したところで親も寝る時間になりました、おやすみなさい。

日曜日。またも暗くて外は雨。そんな日は、ラヴェル作曲の「マ・メール・ロワ」を。パスカル・ロジェとデニス・フランソワ・ロジェのピアノ連弾です。

マ・メール・ロワ、英語ではマザー・グース。音楽から伝わってくるこの童話は、底抜けに明るいおとぎ話ではなく、どこか神秘的で幻想的。ロジェたちの演奏は、連弾というのを忘れるほど息がぴたりと合っていて、しかも絵本のようにお話の風景が浮かびあがります。

「眠りの森の美女のパヴァーヌ」 呪いをかけられて眠ったままの王女のまわりを、宮廷に使える者たちがゆったりと舞っている様子。おだやかな子守歌。

「親指小僧」 貧しさゆえに森に捨てられてしまった親指小僧は、道標にとパンの屑をまいておくのだけど、小鳥たちに食べられてしまったというお話。ぐるぐる途方に暮れてしまう様子。気がつくと小鳥たちの鳴き声が。

「パゴダの女王レドロネット」 中国製の陶器の人形の女王が入浴を始めると、人形たちが木の実でできた小さな楽器を奏でる。中国の情緒たっぷりの軽快な音楽。

「美女と野獣の対話」 呪いで野獣に変えられてしまった王子と姫との対話。低音の野獣、そして高音で奏でられる姫とのコントラスト、甘くてちょっと切ないメロディ。愛が実った時、呪いは解けて美しい王子が現れる。

「妖精の国」 眠りの森の美女が王子のくちづけによって目覚めるところ。ラストに相応しく、暖かな輝きとともに祝福されて結ばれる。本当にラヴェルはピアノ一つでいろんな風景を作り出すなぁと感動。そしてロジェたちのピアノが繊細に彩ります。
posted by stonez | 2006.06.18 17:21 | Comment(4) | TrackBack(1) | 音楽 - 器楽曲

さようなら、岩城宏之さん

昨夜のサッカーW杯オーストラリア戦に日本はまさかの敗戦を喫し、憤まんやる方なしという気分の中、クラシック音楽界では名指揮者・岩城宏之さん死去の報が。このところのたくさんの暗いニュースの中にあって、私に前向きなニュースを提供してきた両分野だっただけに本当に残念です。

とはいえ、岩城さん指揮の生演奏に触れたことはまだなく、もっぱらテレビや録音メディア等でその活動を知るのみでした。さすがに大晦日のベートーヴェン交響曲全曲演奏会ではないのですが、昨年聴きに行く機会を逃し今度こそ行きたいと思っていた矢先だったのが悔やまれます。

岩城さんのご冥福を祈りながら、彼の残した録音の中からベートーヴェンの運命を取り出しました。手兵、オーケストラ・アンサンブル金沢との2002年の録音です。録音状態の素晴らしさも去ることながら、瑞々しくて軽快に響き渡る演奏が印象的です。若さすら感じる岩城さんのその運命を、改めて目の当たりにしているのです。
posted by stonez | 2006.06.13 20:50 | Comment(12) | TrackBack(7) | いろいろ

ハイドン/交響曲 第101番「時計」

今日は「時の記念日」。ブログを始めて2回目です。この1年、環境の変化は多少ありましたが、いいのか悪いのか自分自身は変わっていません。相変わらずともいいますね。

変わらないといえば、自宅の近所にはずっと変わらず『完全閉店』の大看板を掲げて営業しているフトン屋さんがあります。この町に越してきたのが3年ほど前ですから、少なくとも3年間は「閉店セール」が続いているわけですね。もうここまできたら、これからも末永く(?)完全閉店を貫いてもらいたいものです。

というわけで、「時」にちなんで今日はハイドンの「時計」です(交響曲第101番 ニ長調 Hob.I-101)。演奏は、こちらも名前が「時」を意味する楽団、18世紀オーケストラ。指揮はもちろんフランス・ブリュッヘンです。

第2楽章の規則正しいリズムとテンポが振り子時計を思わせることから、後世の人々にこういう愛称で呼ばれているわけですが、後に登場するベートーヴェンの、メトロノームをモチーフにしたリズムが印象的な第8交響曲と比べると、さらにゆっくりした昔の時の流れを感じます。現代にあって逆に貴重に思えます。

まずはシブい序奏と、それとは対照的なきびきびとした主題の第1楽章。全楽器のトゥッティは爽快です。そして例の第2楽章はとってもシンプル。でも転調や休止が効果的なので飽きません。第3楽章は快活なメヌエット。フルートが淡々とリズムを刻んでいたりして楽しいです。第4楽章のロンドで華やかに締めくくられます。

ブリュッヘンらのオリジナル楽器による演奏は、日ごろ聴き慣れた現代のものとは一味違ったシンプルで澄んだ音色。それから、楽器ごとの音量バランスも今と違っていて鳴り方が新鮮ですし、距離感が近くて親しみが湧いてくるので、なんかこう、上手く言えないのですが学校で合奏したときのあの興奮を思い出します。ともあれ、ハイドンはこういう音色を思い描きながら作曲したのか、と想像するのも面白いですね。
posted by stonez | 2006.06.10 08:53 | Comment(4) | TrackBack(1) | 音楽 - 交響曲

シューベルト/交響曲 第3番

4月、5月と苦しめられた嵐のような案件が過ぎ去り、今月から新天地。そして家庭では、出産を終えた妻と息子が戻ってきて、ようやく私にとっても子育てが始まりました。息子は生後一か月半ほどですが、時々笑ったような表情の時があったりして、少しずつ変化していく様子を楽しんでいます。日頃は妻子共に家にこもりきりなので、今日は家族揃って買い物に出かけてきました。

さて、このところはシューベルトの若書きの作品をよく聴いていますが、今日はその中でもお気に入りとなっている交響曲 第3番 ニ長調 D.200です。ギュンター・ヴァント指揮/北ドイツ放送交響楽団。未完成やグレイトといった、それまで私が聴いて抱いていた「シューベルトらしさ」とは違う面白さ、上品で前向きで健康的な音楽がそこにはあります。

第1楽章、ゆったりとした祝典的なメロディが耳馴染みよく心地よい。第2楽章は素朴で穏やかながらもアレグレットできびきびと小気味よく。第3楽章はスケルツォのようなメヌエット。中間部のオーボエとファゴットは癒しです。終楽章、タランテラのように激しいリズムで駆け上がります。

そしてヴァント。きびきびとしていて、輪郭がクッキリと見えるような演奏は、楽曲そのものが透明度の高い状態でこちらまで伝わってくるようですし、見事に足並みの揃ったアンサンブルからは、若書きの曲とは思わせない堂々とした風格があります。1983年当時71歳という高齢をまるで感じさせません。
posted by stonez | 2006.06.04 23:42 | Comment(8) | TrackBack(2) | 音楽 - 交響曲