レスピーギ/交響詩「ローマの松」

B00005Y14F.jpg今ごろ年末年始の話題なんて相当に旬ではないですが、毎年オーチャードホールで開かれテレビ放映もされる「東急ジルベスターコンサート」での、普段のコンサートとは一味違った独特の緊張感の年越しカウントダウンを実はテレビの前で毎回楽しみにしているんです。

今回(2007-2008)は尾高忠明さん指揮、東京フィルハーモニー交響楽団による、レスピーギの交響詩「ローマの松」から第4部「アッピア街道の松」でしたが、さらに高揚感を増した熱い演奏だったのと、バンダから鳴り響くトランペットが新しい年を告げるファンファーレに聞こえ、スリリングかつ寸分の狂いもなくカウントダウンを終えたことにかなり興奮しました。これを体感したことで、レスピーギの新たな魅力を知ってしまった気がします。

この交響詩「ローマの松」、そして「ローマの噴水」や「ローマの祭り」と合わせた、いわゆるローマ三部作はもっぱらリッカルド・ムーティ指揮、フィラデルフィア管弦楽団で聴きます。上品にして絢爛豪華な演奏がたまりません。強いて欠点を挙げろと言われたら、あまりのダイナミックレンジの広さに電車の中では聴き取れなかったり、一方で音漏れしてしまうというくらいのものでしょうか。さすがムーティ、そしてレスピーギ自身が実際に指揮した由緒あるオーケストラだけのことはあります。

第1部「ボルジア荘の松」では元気いっぱいに飛び回る子供たちが、第2部「カタコンブ付近の松」になると一転して迫害されたキリスト教徒の悲痛な叫びが、第3部「ジャニコロの松」では美しくも物寂しい月光の夜が、そして第4部「アッピア街道の松」では遠くで亡霊のように聞こえる足音に、やがて光りが差し勇壮なローマ軍の行進としてまさに目の前を通りすぎようとする光景が、立て続けに見えんばかり。歴史の生き証人こと「松」に自分がなった気分です(笑)

下の写真は数年前、新婚旅行で訪れたローマでの1コマです。テベレ川にかかるヴィットリオ・エマヌエレ2世橋(たぶん)。そのはるか奥の方には、もしかしたら歴史を見守ってきた「松」が写ってるかもしれません。。

posted by stonez | 2008.01.25 02:25 | Comment(6) | TrackBack(1) | 音楽 - 管弦楽曲

メンデルスゾーン/弦楽八重奏曲

IMG_6501空気がピンと張りつめた厳しい寒さながら、ぬけるような青空の下。従兄弟の結婚式に招かれてきました。新郎新婦の人柄そのままの、ほのぼのした素晴らしい式でした。お二人とも末長く幸せに。

で、今回は式のカメラマンに指名されまして、つまりデジイチによる初の実戦登板ということで、もしかしたら新郎新婦以上に緊張していた私です(笑)。シャッターだけはいっぱい切ったので記録としては少しは残ったでしょうか。ただ記憶に残るような写真はまだまだですね。

今日は結婚したお二人に、私のお気に入りでもあるこの曲を贈りたいと思います。メンデルスゾーン作曲、弦楽八重奏曲 変ホ長調 op.20です。

若々しくて、瑞々しくて、喜びにあふれ、そして春の息吹のように伸びやかな響き、聴いていて元気をもらえる音楽です。編成が弦楽四重奏を2倍にしているということもあって、室内楽とは思えない豊かな音色です。

よく聴いている演奏はブランディス弦楽四重奏団&ヴェストファル弦楽四重奏団のもの。適度なスピード感と一体感からくる心地良さが魅力の演奏となっています。
posted by stonez | 2008.01.19 23:59 | Comment(10) | TrackBack(3) | 音楽 - 室内楽曲

ベートーヴェン/交響曲 第3番「英雄」

Moka Sta.最近、息子のやんちゃぶりには更に磨きがかかり、本当に手を焼くようになってきました。物を投げるわ、人の顔は叩くわ。でも叱り方の度が過ぎてもいけませんし、躾というのは難しいですね。ついでに自分の行いも見直さないと(笑)

写真は駅シリーズ、SLの形をした真岡鐵道・真岡駅(栃木)です。前向きエネルギーの塊、SL。今の息子です(笑)

前回はカラヤンでしたが、今回は生誕100周年を迎えたもう1人の巨匠、朝比奈さんの演奏に触れてみようと思います。ベートーヴェン作曲、交響曲第3番 ホ長調 op.55「英雄」を、朝比奈隆指揮、大阪フィルハーモニー交響楽団で。

それまでの常識を超える壮大な規模と構想で描かれたことから、古典派からロマン派への音楽史上の転換点とされる交響曲ですが、そこにはベートーヴェンが耳を病んだことによる絶望から立ち直り、創作意欲がみなぎっていたことを想像させる強いエネルギーがあります。豪快でスケールの大きな第1楽章、型破りな葬送行進曲の第2楽章、力強いスケルツォの第3楽章、響きが豊かで充実した第4楽章。

朝比奈さんの演奏は、終始遅めのテンポを保ちながら重厚に響かせいきますが、これだけ長大であるにもかかわらず絶えず緊張感を保っているところも印象的で、それはまさに前向きエネルギーのSLのようですね。それがこの交響曲に抱く私のイメージでもあります。悠然とした姿勢を貫くシンフォニア・エロイカです。

生まれは同じ年のカラヤンと朝比奈隆。でもスタイルや持ち味は全く違っているところが面白いですね。
posted by stonez | 2008.01.12 03:31 | Comment(4) | TrackBack(1) | 音楽 - 交響曲

ベートーヴェン/交響曲 第2番

New year's rice cake無事に実家から帰ってきたのも束の間、息子と私は風邪でダウンしました。まあ、おみくじひいたら小吉でしたからね。でも出だしは悪くとも、ゆっくり着実に上向いていければいいです。なにより健康は一番です。写真は栃木の益子焼の店先に飾られていた正月餅。

今年は帝王カラヤンと浪速のマエストロ朝比奈隆が揃って生誕100年を迎えたということで、まず今年最初はヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のDVDからいってみましょう。曲はベートーヴェン作曲、交響曲第2番 ニ長調 op.36です。

指揮姿も芸術の一部である、といわんばかりの匂いたつダンディズムと、他の演奏者たちを全てピンボケにしてしまう圧倒的なカリスマ性(実際オケの人たちがぼやけていて判りづらい・笑)が伺い知れる映像ですね。ちょっと偏ったアングルの撮影なので飽きがこないわけではないですが、演奏の方は明快にして実になめらかで聴きやすいです。これぞ流線型の美学。

ベートーヴェンの交響曲第2番、演奏される機会は本当に少ないですが、飽きのこない良い作品だと思っています。私のiPodではよく流れています。若さ溢れるエネルギーと馴染みやすいメロディの第1楽章。そして、その旋律の美しさで有名な第2楽章ラルゲット。ベートーヴェンが初めてスケルツォを用いた第3楽章は堂々としていて典雅。第4楽章は元気いっぱいにハッピーエンドです。
posted by stonez | 2008.01.07 00:53 | Comment(9) | TrackBack(4) | 音楽 - 交響曲

明けましておめでとうございます

Happy New Year新年、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

ただいま実家巡りを楽しんでますが、川崎に戻ったら戻ったで、大晦日の第九、VPOニューイヤーコンサート、のだめカンタービレ、といったビデオ録画が完了している予定で(笑)、これがまた楽しみです。以上、フトンの中の携帯からでした(^^)
posted by stonez | 2008.01.01 03:05 | Comment(14) | TrackBack(1) | いろいろ