都響スペシャル『千人の交響曲』

奇跡的にチケットが取れてからというもの、この日を心待ちにしてきました。人生初の「千人の交響曲」です。しかも指揮はCDで親しんだエリアフ・インバル。コンサートは彼の、都響プリンシパル・コンダクター就任披露公演と銘打って行われました。

<日時・場所>
 2008年4月29日(火、祝)
 ミューザ川崎 シンフォニーホール

<曲目>
 マーラー/交響曲第8番 変ホ長調
     「千人の交響曲」

<演奏>
 指揮:エリアフ・インバル
 ソプラノ:澤畑恵美、大倉由紀枝、半田美和子
 メゾソプラノ:竹本節子、手嶋眞佐子
 テノール:福井敬
 バリトン:河野克典
 バス:成田眞
 合唱:晋友会合唱団
 児童合唱:NHK東京児童合唱団
 東京都交響楽団

いや、筆舌に尽くし難しというのはこれを言うのでしょう。これがマーラーなのか、これが夢にまで見たあの千人かと、もう大満足の極致です。今まで聴いたこともない巨大なパワーに圧倒されました。ステージ上の大編成のオーケストラを筆頭に、うしろの児童合唱、さらに正面客席に陣取る大合唱団にソリストたち。果ては最上段のオルガンから、バンダの金管別動隊に至るまで、ミューザのホール全方向から見事なまでに降りそそぐ響きと一体感を存分に堪能しました。

当然ながら冒頭のオルガン、大合唱からボルテージは最高潮で、その勢いはソリストさんたちの声をかき消してしまうほど(笑)。インバルさんは想像よりも恰幅がよい感じですが、時おりジャンプするほどのダイナミックな指揮ぶりで演奏・合唱もそれによく応えていました。

それからCDでは気がつかなかった、舞台上で実際にどうやって音が作られていくのかを視覚的に楽しめたのもよかったです。管楽器・打楽器はパワフルでした。そういえば、コンマスのソロ+声楽という場面が意外に多いことにも気がつきましたが、迫力だけがマーラーなのではなく、シンプルな響きの中にも美しさと奥深さがありますね。第2部前半の瞑想の部分の響きが神秘的だったこと、その後の児童合唱の天国的で可愛らしかったこと。癒されました。

そして最後は再び全方向からの大スペクタクル、終わったあとの割れんばかりのブラボー&拍手は長いこと鳴り止みませんでした。オーケストラや合唱団が退場してからも拍手に応えて登場してくれたインバルさんに人間的魅力も感じたのでした。最後に、私が楽しんでいる間ショッピングセンターで待っていてくれた妻と息子に感謝です。
(上の写真はお土産にもらったカードです)
posted by stonez | 2008.04.29 23:59 | Comment(6) | TrackBack(1) | 音楽 - コンサート

ベートーヴェン/ヴァイオリンソナタ 第5番「春」

Happy Birthday息子が2歳の誕生日をむかえました。本当にあっという間でしたが、きっとこれから先も、ふと立ちどまった時におんなじことを思うんでしょうね(笑)。まあ元気が余り過ぎるほどですが、とにかく健康なことに感謝しています。

今日のための1曲。ベートーヴェン作曲、ヴァイオリンソナタ第5番 ヘ長調 Op.24「春」。アルテュール・グリュミオーのヴァイオリン、そしてクラウディオ・アラウのピアノで。

染みひとつない青空、といわんばかりに底抜けに幸せなこの音楽がベートーヴェンの作品ということに妻が驚いていましたが、どこを切り取っても若々しい生命力を感じられるところは、まさに愛称どおり春にぴったりですね。まあうちの息子の場合は元気いっぱい「魔の2歳児」ですから、どちらかといえば、光る青春の喜びと稲妻といいながら演奏していた「のだめカンタービレ」の峰くんに近いかもしれません(笑)。

ともあれ今聴いている演奏、美しく弾むようなグリュミオーのヴァイオリンと、肩の力が抜けたアラウのピアノは、軽やかな春の日によく合いますね。
posted by stonez | 2008.04.14 01:01 | Comment(4) | TrackBack(1) | 音楽 - 室内楽曲

サン=サーンス/交響曲 第1番

桜街道今月から新しい場所・案件で仕事してますが、まあハードで、今日もみっちりやってきました。泊まりにならなくて良かった・・・。一方、家では息子がついに卒乳をはたし、夜中目覚めることもなくなってきたと同時に妻の負担も軽くなりました。家族そろって新しい春を迎えています。

さてさて、このところ聴いていた音楽はサン=サーンスです。交響曲第1番 変ホ長調 op.2。演奏は、ジョルジュ・プレートル指揮、ウィーン交響楽団。かっちりと構築された交響曲にもかかわらず、しなやかで後味がよく、慌ただしくて少々もたれ気味な近ごろの頭と体に心地よいです。

第1楽章での堂々たる表情と躍動感。第2楽章のドラクエに出てくる活気に満ちた城下町のテーマのような楽しさ。そしてのどかな夕べを満喫するかのごとき第3楽章に、みるみる元気がみなぎってくる第4楽章と、それぞれが個性を発揮していながらも、全体として爽やかにまとめあげられているところがいいですね。

基本的には一定したテンポで手堅くリードしていく名匠プレートルですが、クライマックスにさしかかるときの盛り上がりはさすがですね。爽快な演奏でした。
posted by stonez | 2008.04.12 23:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 - 交響曲