YouTubeでフラッシュバック

good morning今さらですが、YouTubeっていいですね。クラシック音楽系にしても簡単には入手できなそうなお宝映像がごろごろ転がってますし。

最近妻がそのYouTubeにハマりまして、ジャニーズの嵐のコンテンツをまめにチェックしては、大野君、大野君と言っております(笑)。まあ大野君もいいんですが、私の中では大野といったら広島カープなんですよ。北別府、大野、川口、そして津田なんですね。やっぱりチーム問わずピッチャーの印象は強くて、しかも変則系サウスポーとなるとなおさらです。

で、先日ハタと思いYouTubeを検索してみたところ、ありました、ありました。元巨人・角のピッチング。自分が左利きだったら真っ先にやってみたかったフォームです。なんていうか、ある種独特の緊迫感がただよってるんですよね。ああっ、とにかく鹿取までは踏ん張って!みたいな(笑)

あとは大洋の永射とか、広島の清川、阪神の遠山、阪神といえば福間も(変則じゃないけど)また見てみたいな…と。そうそうイチロー新庄の投球はよかったです。きれいでした。もう、ただでさえ夜遅いのに。。(^^;

写真は話題と全く関係なくてすいません。私好みだった今朝の空です。

○聴いている音楽○
♪シューベルト/交響曲第3番
 クライバー、VPO。ぐったりの帰り道にそっと喝を入れてくれる、
 スカッと爽やかコカ・〇ーラ系。そう、前向きにスピーディーにいきましょう。
posted by stonez | 2008.10.30 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - 通勤

眠れない夜はつづく

;夜明け前の青夜の帰りが遅いので寝るのも遅くなりがちなんですが、さらに息子が風邪気味で寝つきが悪く、そのうえ頻繁に目覚めて泣き叫ぶので、さらに寝不足は増すばかりです。

昨日は朝早く起こされましたが、帯に短し襷に長し、二度寝するには足りなかったので、とりあえず外に出てみました。さすがにずいぶん涼しくなり、空気がだんだん引き締まってきた気がします。

さて、今日は今日でまた繰り返し。。また夜泣きした息子を慌てて寝かせながら眠ることになったので食器が洗えず(笑)、目覚まし時計もセットできなかったので、それが気になりさらに早起きになってしまいました。今日の目標は早く寝ることですかね。では行ってきます。

○聴いている音楽○
♪ドビュッシー/弦楽四重奏曲
 東京カルテット。夜明け前のまどろみのような音楽。
 じっくり噛みしめるような、そして鋭利なナイフのような演奏。
posted by stonez | 2008.10.22 06:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 - 通勤

週末はふるさと巡り

going home三週間ほど前になりますが妻の母方の祖母が他界し、妻と息子が空路・宮崎に行ってきました。私は仕事の関係で訪ねること叶いませんでした。そして先々週末は群馬の私の実家に、前回の週末は栃木の妻の実家に帰ってきました。今週末は。。どうやら仕事になるかもしれません。というわけで公私ともに慌ただしくやっています。

写真たちは栃木で撮ったものです。右の写真は父と息子です。初めて撮ったに等しいモノクロ写真ですが、この色合いの世界もなんだか奥が深くて面白そうです。

そうそう、撮った写真を整理していたら空を写したのが多いことに気がつきました。GRDを手にしてからは特にそうですが、果てしない空や変幻自在な雲に惹かれます。そしたら先日本屋さんで『雲の楽しみ方』なる本を見つけました。まさに今の私にうってつけかも。。仕事のヤマが片づいたら読んでみたいなあ、なんて思っています。

○聴いている音楽○
♪ベートーヴェン/交響曲第8番
 ノリントンとシュトゥットガルト放送響。誤解を恐れずに言うと、これは超攻撃的な演奏です。私がいだいていた豊穣の秋の雰囲気とかとは別次元です。でもこれはこれで刺激的で面白くはあります。

IMG_0773IMG_0704IMG_0687cosmossunsetR0010444
R0010483R0010459R0010458R0010434R0010432IMG_0895
posted by stonez | 2008.10.17 01:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 - 通勤

GR DIGITALII がやってきました

GR DIGITAL IIR0010077百日草R0010182R0010288紫式部

貯金しなければなぁ、という決意を先日したはずなんですけど。。前々から狙っていたRicoh GR DIGITAL II 、ついについに買いました。やっぱり仕事でも遊びでも、常にポケットに入れて気軽にスナップ写真というのは面白いですね。いくら愛機EOS 20Dがある、といえどもこの気軽さは望めませんものねぇ。通勤ラッシュもありますし。

GRの特徴でもある28mm相当の単焦点は、思ったよりフレーミングが難しいし、流行の手ブレ補正もないし、とりあえず使いこなそうと試行錯誤しつつ駄作量産中です。でも撮れる写真の色合い(特に空の色です)は素敵で、歪みもなくて最高です。それから縦横比1:1フォーマットも新鮮で面白いですね。面白ついでにGRブログのトラックバック企画 Ring に参加してみます。まーるくなった実家のベルです。。
たそがれベル

○聴いている音楽○
♪ドヴォルザーク/交響曲第7番
 親しみやすいですね。ドヴォ様は。やっぱりメロディーメーカーですね。
 クーベリック/BPOとアーノンクール/コンセルトヘボウは対極だと思いますけど、
 どちらも甲乙つけがたい魅力があります。

○追記○
王監督、長い間本当にお疲れ様でした。
posted by stonez | 2008.10.08 01:17 | Comment(8) | TrackBack(0) | 写真 - 通勤

ハーゲン弦楽四重奏団演奏会

ハーゲン四重奏団の来日公演に行ってきました。さすがに名の知れたカルテットだけあってホールは満員、私も期待に胸を膨らませながら2列目右側で待っていたわけですが・・・

<日時・場所>
 2008年9月30日(火)
 浜離宮朝日ホール(東京)

<曲目>
 モーツァルト/弦楽四重奏曲第16番変ホ長調 K.428
        <ハイドン・セット第3番>
 ラヴェル/弦楽四重奏曲ヘ長調
 ドヴォルザーク/弦楽四重奏曲第14番
         変イ長調 Op.105
 (アンコール)

<演奏>
ハーゲン弦楽四重奏団

モーツァルトの最初の一音を聞いた瞬間に思わず目を見開きました(笑)。絹糸のように繊細ながら、豊かで色彩に富んだ音色。ただただ美しいの一言。適度なレガートと強弱のメリハリを大胆につけた演奏には圧倒されるばかりです。アンダンテでのしなやかさと、メヌエットの快活さ、そして彼らの熱演もひっくるめてこの静と動の対比は鮮烈でした。

そして次はいつか聴きたいと思っていたラヴェルです。想像以上に楽しいものでした。奏者は4人のはずなのに、それ以上に感じられるほど実に多種多様な音が作り出されていたし、大胆なピチカートや随所に顔を見せる怪奇的な旋律には目を見張るばかり。フォルテでのテンポを上げつつたたみ掛けるパッセージにもただ息をのむばかりでした。

さて、こちらもひそかに期待していた一曲。休憩を挟んでのドヴォルザークです。メロディの饒舌さは第12番「アメリカ」に譲るかもしれませんが、ドヴォルザークらしい美しいメロディと技巧的なフレーズがバランスよく散りばめられていて、かなり聴き応え十分。こちらを休憩後に持ってきた理由が分かったような、エネルギッシュで充実した作品・演奏でした。

もともとハーゲン兄弟がベースになっているだけに(メンバー交代した2nd以外)親密で息の合った(しかも顔そっくり・笑)演奏は絶品モノ。1stのルーカス氏の迫真の演奏はライブならではのものでしょう。アンコールにベートーヴェンのセリオーソの第1楽章をやってくれましたが、怒涛の迫力に圧倒されっぱなしでした(笑)。室内楽がレンジの広い興奮できる音楽だったと知ることが出来たのは、新たな発見でした。
posted by stonez | 2008.10.01 06:25 | Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽 - コンサート