ドヴォルザーク/交響曲 第9番「新世界より」

窓辺から…怒濤の引越しから1週間が過ぎました。新居はまだ段ボールの山ですが、なんとか居間と寝室で生活できるようになりました。まだ食事だけ、近くにある実家に助けてもらっています。写真のようなのどかなところです。

ここは群馬でも北部山間部に属する場所で、東京に比べるとずいぶん寒いです。しかも最も寒い季節に当たりました。自分にとっては生まれ故郷なので問題ないですが、妻や息子にはこたえているようです。息子は夜泣きが復活しました。慣れるまでしばらくは辛抱です。

さて、群馬に来て最初のエントリーです。故郷に戻ってきた自分ではなく、妻や息子の気持ちを代弁して選んでみました(笑)。ドヴォルザーク作曲、交響曲第9番 ホ短調 Op.95「新世界より」。サー・コリン・デイヴィス指揮、王立アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団。

芯から冷える寒々しい気候は第1楽章にぴったり、夕焼け小焼けが映えて夜空の星も瞬く雰囲気などは「家路」の歌でも知られる第2楽章のような感じです。第3楽章の民謡風のスケルツォもまた然り。この作品の顔、緊迫した第4楽章は何を暗示しているのでしょうか。推進力に富んだ曲調は、たまにこの近くを走るというSLのような感じかもしれません。早く見たい撮りたい乗りたいです・・

演奏はSF的というんでしょうか。すっきりくっきり系で、ちょっとワクワクしてくるようなシンフォニックな音作り。私のイメージするデイヴィスらしい音色です。

Tags:EOS 20D 
posted by stonez | 2009.01.26 00:23 | Comment(6) | TrackBack(1) | 音楽 - 交響曲

グリーグ/「ペール・ギュント」第1組曲より「山の魔王の宮殿にて」

Chiyoda,Tokyo引っ越しを前日に控えて、やっとお世話になった取引先の会社にご挨拶に行くことができました。写真はその近く、東京紀尾井町にて。コンクリートジャングルもひとまず見納めです。なんだか名残惜しくて、川崎に帰ってきてからも外出先でシャッターを切りました(下の写真たちです)

さて、昨日からようやく尻に火がついて、猛スピードで追い上げている引っ越し荷造り作業ですが、なんとか8割くらいまできました(つもり)。幸い明日は午後に引っ越し屋さんが来るので、今晩は最後の追い込みです。

気分的にこんな音楽にしてみました。グリーグ作曲、組曲「ペール・ギュント」第1組曲から「山の魔王の宮殿にて」。ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。

迫り来る悪魔の気配を感じながら進み、ついに出くわし勇敢に立ち向かい奮闘、という感じの曲調ですが、我が家では迫り来る引っ越し屋さんの気配を感じながら、今のうちに奮闘しておきたいところです。ではでは。神奈川から最後のエントリーでした!

R0012465R0012474R0012485R0012482R0012499R0012508
posted by stonez | 2009.01.16 23:05 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 - 管弦楽曲

カバレフスキー/組曲「道化師」より「道化師のギャロップ」

R0012384引っ越しの荷造り作業も大詰めです。明日には全ての荷物が運び出され、私たちも群馬へ向かいます。。なのですが、なんと進捗はまだ6割程度・・・さすがに尻に火がつきました。と、いいつつブログを更新していると嫁さんに叱られますので入浴中に。

今日はいきなり駆け足(笑)になる音楽です。カバレフスキー作曲、組曲「道化師」Op.26 から、2曲目の「道化師のギャロップ」を、キリル・コンドラシン指揮/RCAビクター交響楽団の演奏で。

曲名は回りくどいですが、要するに運動会の玉入れとかで使われる曲ですね。曲が始まったとたん何はなくともセカセカ動き出す、荷造りや外出の準備も超スピーディ、そういう感じで我が家では「起爆剤」として活用させてもらってますです。演奏に緊張感があります、古いのに素晴らしい音質です。いまは息子が寝ているので頭の中で鳴らしてます、もうひと仕事、スタートです!

写真は先日、銀座に行ったときの1枚です。このあと、愛用している EOS 20D のセンサークリーニングをお願いしにキヤノンのサービスセンターに行ってきました。群馬からでは行きにくいですからね。ゴミの取れ具合は感動的ですらありました。しかも無償!

○このたびの教訓○
・荷造りは手当たり次第に詰め込む
 (引っ越してからゆっくり整理、廃棄)
posted by stonez | 2009.01.16 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 - 管弦楽曲

エルガー/エニグマ変奏曲より主題

Higashi-koganei Sta.夕べは東京に来てからのつきあいの友人に、当時住んでいた場所で会ってきました。東京の東小金井というところです。15年も経って、階段しかなかった駅舎はすっかり様変わりしました(写真)。(のちに駅員のバイトをしたのもここです・笑)

当時は新聞配達しながら予備校や大学に通っていましたが、夕刊の配達が終わるとよく配達仲間とつるんで夕飯食べに行ったりしたものです。昨日会った友人もその頃からのつきあいで、毎日のように通った中華料理店に一緒に行って最高のマーボー麺を食べました。ちなみに、お店のご主人に家族の顔を見せるという目的も叶いました(^^

友人は私にとって、何かと「きっかけ」を与えてくれるような存在といえるかもしれません。Mac(当時はMacintosh)を使い始めたことなんかはそうですし、奥さんとの出会いも彼のおかげです。そんなわけで、エルガー作曲の「エニグマ変奏曲」で言ったら、間違いなく最初の「主題」の部分でしょう。今回はサー・ゲオルク・ショルティ指揮、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団です。

哀愁漂う美しい旋律がとても親しみやすく、たった17小節の短さながら、これから続く変奏に先だってしっかりと聴く人の心をとらえます。私も初めて聴いてその虜になりました。この演奏ではショルティらしく明晰、明快な音色です。
posted by stonez | 2009.01.11 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 - 管弦楽曲

エルガー/エニグマ変奏曲より第9変奏「Nimrod」

R0012234引っ越しまであと一週間。ゆうべは学生時代から親しい友人に会ってきました。写真はその前に寄り道した銀座での一枚です。

彼とはもともとバイト仲間で、よく仕事が終わった深夜にバイクで走りに行ったり、飲みに行ったり、お互いの結婚式の二次会では幹事を努め合ったりもしました。先日も合う予定でしたが、彼に脳梗塞の兆候が見られたとのことで中止に。。仕事の激務とストレスが影響したのか。幸い症状は軽くて済んだそうですが、30代にしてそんな大病を患うということにショックを受けました。

とにかく今後は、仕事のあとに気軽に会うことは出来なくなります。時間を惜しみながらいろいろ話しました。家族は大切。そして仕事も大切。ただしそれは健康あってのもの、としみじみ感じます。私も数年ぶりに健康診断を受けたばかりです。

その帰り道で聴いたのは、エルガー作曲の「エニグマ変奏曲」、正式名は、独創主題による変奏曲「謎」Op.36。その中から、第9変奏「Nimrod」です。サー・ジョン・バルビローリ指揮、フィルハーモニア管弦楽団で。穏やかなあたたかさが次第に幾重にも重なり合って、包み込まれるような感動へと昇華していく音楽。よどみなく、そして何があっても揺れ動くことのない意志の強さを感じます。

さて、引越準備は続きます。終わるんでしょうか・・

posted by stonez | 2009.01.09 23:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 - 管弦楽曲

引越準備中です

IMG_1805神奈川・川崎の自宅に戻ってから、さっそく引越作業に入っています。

単調な箱詰め作業の連続ですが、こういうのは苦手ですね。自分の欠点のひとつでもありますが、必要なもの・不要なものの選別がうまくできません。以前に大々的に掃除をした際にも、結局必要なものに限って捨ててしまっていて弱りましたし。。ともあれ、ものであふれかえっているよりはまだマシなので、スピーディかつ慎重に捨てていって身軽な体になりたいと思います。

そんなわけで、ここ数日あまり写真は撮ってませんが、栃木の実家での一コマを。思えば空ばっかり撮ってました(笑)

○聴いている音楽○
♪ベートーヴェン/交響曲第9番「合唱つき」
やっぱり引越作業に勢いがつくような、勢いのいい音楽が聴きたくなるようです。適度な時間的長さ、大イベント的な緊張感、素晴らしいと思います。

このところ楽しんでいるのは、フルトヴェングラー/バイロイト祝祭管弦楽団の録音ですが、例の高音質として知られるotaken盤です。何かを予感させる緊張感とそして聞き手に迫るような感動の渦、いいですね。勢いがつきます。ついつい考えずに何でも捨ててしまいそうです・笑
posted by stonez | 2009.01.06 03:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ

今年もよろしくお願いします

新年あけましておめでとうございます。

妻の実家に来ていますが、こちらは喪中ということもあって普段とあまり変わらない感じでしたので、妻とひっそりテレ東のジルベスターコンサートを見ながら年越ししました。いやあ、小曽根さんが弾くラプソディー・イン・ブルー、最高でしたが何しろ最後はハラハラ。でもぎりぎりセーフでしょう(笑)。

その後、夜中はさっそく息子の初・夜泣きにつきあって寝不足気味です。。

では今年もよろしくお願い申し上げます。

posted by stonez | 2009.01.01 08:52 | Comment(15) | TrackBack(0) | いろいろ