モーツァルト/弦楽四重奏曲 第17番「狩」

ずいぶん暖かくなりました。モノトーンだった田舎の景色は、すっかり青々とした新緑へと変わりました。

一方で、仕事と受験勉強に追い込んだ体がちょっと息切れしたか、昨日は朝から頭痛がひどく、1日お休みしましたが、ぼんやりと眠りながらそんな季節の移り変わりを肌で感じたのでした。写真は先日、家のまえにて。久々にマウスオン写真入れてみました。

聴いている音楽です。モーツァルト作曲、弦楽四重奏曲第17番 変ロ長調 K.458「狩」。演奏はアルバン・ベルク弦楽四重奏団です。

颯爽と始まる第1楽章の第一主題が、狩で使われた角笛の響きに似ていることからつけられた副題のとおり、溌剌としていてふくよかな音色が心地よいですね。そしてそれはアルバン・ベルクSQの得意とするところ、精緻でメリハリの効いた演奏の魅力でもあります。第2楽章はあたたかく優雅なメヌエット。まぶしいながらも時折陰りが差し込むような表現がまたモーツァルトらしくて、たまらない美しさですね。。

その美しさは第3楽章に引き継がれ、そして昇華していき、瞑想にも似たアダージョとなりますが、もう言葉もなくうっとり。第4楽章ではまたあの元気いっぱいな旋律が帰ってきて、軽やかに幸せのうちに締めくくられます。アルバン・ベルクの洗練された演奏が光ります。そして全体を通してメロディが耳馴染みよくハミングしたくなるような、春らしい1曲でした。
posted by stonez | 2009.05.23 01:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 - 室内楽曲

ブログについて思うこと

IMG_0299私のように、たまにしかブログを更新できない者が言うのもおこがましいことではありますが、やっぱりこれは書いておこうと思います。

このブログを始めた頃から懇意にさせていただき、いつも楽しみにしてきたmozart1889さまのブログ「クラシック音楽のひとりごと」がDoblogの障害によって置き去りにされ、そして今月末ついにサービス自体終了だそうです。非常に残念な思いですが、何よりmozart1889さまのお気持ちは察するに余りあります。

同様のサービスを利用する私たちにとっても、これは他人事ではありません。提供するベンダーにとっては単なる無料サービスかもしれない、でもそれを利用し更新していく私たちにとっては大切な記録の集まりです。今回のDoblogのように、いつ不測の事態が起きるとも限らないわけで、サーバーだけに任せておかずに自分でも何らかの形でバックアップをとっておく必要性を痛感しています。

私の場合は記事数はまだ随分少ないですが、フリーの巡回ソフトを使ってhtmlを丸ごと保存するようにしています。まとめてどこかのサーバーにアップすれば、そのままブラウザで見られるというのは利点かもしれません。器用な方法ではないですが、とにかく自分の書いたものだけでなく、いただいたコメントやトラックバックも全部揃って1つのエントリーの完成型と感じているからです。

とにかく「クラシック音楽のひとりごと」がどこか別の場所で、また楽しめることを切に願うばかりです。

さて、GW真っ只中ですがこちらは試験に備えてガリ勉中です。学生の頃と違って頭に入ってくるスピードは更に遅いし(笑)、残業や休日出勤もあって中々効率悪いですが、家族のためにもうひとがんばり。写真は家の前で。あたたかくなりました。

○聴いている音楽○
♪モーツァルト/ピアノ協奏曲 第27番
透きとおった清水に触れるような爽やかさ。
でもそれ以上にそこを支配している寂しさがたまりません。

○今日のひとこと○
開設当初の目的を達成したと判断、ですか。
こんな状況で妙な自負はいりません。。
posted by stonez | 2009.05.05 12:56 | Comment(6) | TrackBack(0) | いろいろ