春なのに・・・

R0024365

もう4月も半分過ぎたというのに雪とは、なんてことでしょう。残念ながらスタッドレスタイヤは先週末で交換してしまいました・・・


posted by stonez | 2010.04.16 23:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 - 通勤

J.シュトラウスII/ワルツ「春の声」

IMG_1385息子が4歳になりました。先日から行き始めた保育園はまだまだ慣れないようで、ことあるごとにベソをかいてると聞きました。でもこれは、紛れもなく30年前の自分と同じなので時間が解決してくれるでしょう。ただ、お昼寝の時間は寝つけずに長いこと苦労するでしょう(笑)。

久しぶりに、カラヤンが最初で最後に登場した1987年のウィーンフィル・ニュー・イヤーコンサートのDVDを見ています。その中からワルツ「春の声」Op.410 を、キャスリーン・バトルの歌声と共に。

沈黙の冬が過ぎ去って、暖かいそよ風が吹きヒバリが飛び上がる春がやってきた喜びを歌い上げるバトルの、しなやかだけど力強い、情感たっぷりな歌声に癒されます。ウィーン・フィルの、自然体で楽しみながら演奏しているように感じられる雰囲気やテンポがまた素晴らしく、そして満足げなカラヤンの表情が何ともいえず微笑ましくていいですね。

終わり間際の、バトルとフルート&クラリネットの掛け合いが、魔笛のDVDで見たパパゲーノとの掛け合い(バトルはパミーナだった)とかぶって聞こえて、こちらも楽しめました。
posted by stonez | 2010.04.14 01:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 - 管弦楽曲

THE SPA

S.I.K.A.

あまりに遅くてあまりにヘロヘロだったので昨日は風呂を諦めました。おかげで今日の風呂上がりのスッキリしたこと(笑)。せっかく近くに温泉があるんだし、たまには行ってみたいもの。八ッ場ダムに沈み損ねた川原湯でもいいです。
posted by stonez | 2010.04.10 02:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 - 通勤

ラフマニノフ/ヴォカリーズ

練習中にくも膜下出血で倒れた、というニュースに衝撃を受けてからというもの、毎日のように巨人・木村拓也コーチの奇跡の復活のニュースが出てないかチェックしていたのですが、とても残念です。

ここ数年はなかなか野球を見られる機会が少なかったですが、それでも広島カープ時代の木村選手の活躍は知っていたので巨人に移籍した時は嬉しかったのを思い出します。急遽マスクをかぶってチームをピンチから救ったこと、日本一を決めたその日にユニフォームを脱いだことなど、記憶にも残る選手でした。心よりご冥福をお祈りします。

訃報を知ったその時にたまたま流れていた、ラフマニノフ作曲のヴォカリーズ Op.34-14 をもう一度聴いています。演奏は、アンドレ・プレヴィン指揮、ロンドン交響楽団です。

深い悲しみをたたえた美しい旋律が泉のようにあふれ出していきますが、それでも悲しみの中に垣間見える微かな光や、希望を求めるような響きにまた出会いたくて、気がつけば何度も何度も聴いてしまいます。そしてやがて、その世界から抜け出せなくなってしまう、そんな魔力を持っている音楽だと思います。
posted by stonez | 2010.04.08 01:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 - 管弦楽曲

入園式

IMG_1292

今日から保育園です。あいにくの天気になってしまうは親譲りなんでしょうか。保育園で号泣しっぱなしだったのは間違いなく親譲りです。笑。
posted by stonez | 2010.04.05 16:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - 家族

最終確認の打合せ


土曜日。長いことやってきた新築のための打合せも、今回で最後となりました。さいたまのオフィスまで行くのもこれで最後です。

今回は、これまで決めてきたことの総チェックです。間取りは既に確定しているので、まず家の配置を確認したら、家の中の各フロアの床、壁と天井の壁紙、そして窓と扉の材質や色合い、バストイレ、造作してもらう家具、電話・TV・ネットといった配線、コンセントの位置、照明、カーテンという具合にチェックしていきます。それから外壁、屋根材もありました。

まだ細々としたところで保留になっていたり確認漏れの部分があったりしたのと、コストダウン目的で取り止めてもらう項目もあったりして、結局みっちり6時間かかりました。でもあっという間でした。こうして自分たちの家をどうするのか、自分たち自身で決められるというのはありがたいことだとつくづく思います。

続いて担当の営業さんに住宅ローンに関しての説明をして頂きました。仮審査が通っているローンをそのまま利用することにしましたが、これで後日、最終的な見積が出るのでそれを待って手続きに入ります。こちらで決めること(固定金利と変動金利のローンを併用するか、その比率は?など)もあるのでその説明をしてもらいました。

毎回長丁場でしたが、設計士さんやコーディネーターさん、担当の営業さんには誠実に丁寧に対応して頂き本当に感謝です。いよいよ5月中旬に地鎮祭、着工の予定です。
posted by stonez | 2010.04.04 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイホーム建築記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。