群馬交響楽団 第487回定期演奏会

群馬交響楽団 第478回定期演奏会<日時・場所>
 2013年1月26日 (土)
 群馬音楽センター(高崎市)

<曲目>
 シューマン/ ピアノ協奏曲 イ短調 op.54
 (アンコール:シューマン/
      子供の情景より、詩人は語る)
 マーラー/ 交響曲 第5番 嬰ハ短調

<演奏>
 指揮:沼尻 竜典
 ピアノ:萩原 麻未
 群馬交響楽団

久しぶりのコンサート、そして久しぶりに生で聴くシンフォニーということで、心待ちにしていた日がやってきた。会場の群馬音楽センターはほぼ満員。

まずは、2010年のジュネーブ国際コンクールピアノ部門で優勝した、萩原麻未さんのシューマンのコンチェルト。劇的な幕開けから始まる叙情的なメロディに引き込まれる。流麗なピアノと、オーケストラの息のぴったり合った掛け合いがとにかく美しく素晴らしかった。カデンツァも情感たっぷりで、ずっと聴いていたい演奏だった。アンコールでは余韻も余すとこなく楽しませてくれた。

つづいてマーラーの第5番。大編成のオーケストラによる圧倒的な迫力にしびれつつ、トランペットやホルンを始めとした高度な個人技は見ていて凄いのひと言、そして低弦をはじめとした印象的なメロディ、弦楽器の主席奏者だけがピチカートをしたり、打楽器群が個性的な音色で彩りを添えたりと、沼尻さんのきびきびした指揮に導かれてめまぐるしく展開が変わっていくので、オーケストラを見ていて本当に飽きなかった。P1261074気がつけば手に汗握っていた(笑)。アダージェットは、残響の少ないこのホールでさえ豊かに響き、天国のようだった。時折ハンカチで目を拭う人も見られた。鳴り止まない拍手とブラヴォーの嵐だった。

演奏後のアフタートークで印象的だったのは、指揮者の沼尻さんがホルンの主席の方を絶賛していたこと。指揮をしていてしびれたそうだ。今後もまたマーラーを取り上げることもあるそうだし、楽しみ。写真は2階ロビーにて。
posted by stonez | 2013.01.26 23:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 - コンサート

しんしんと

IMG_1721

散髪の目的も兼ねて、いつものショッピングモールを目指す。今日は1日、広い範囲で雪とのこと。都内各地で交通網の混乱が報じられている。ノーマルタイヤのクルマばかりだろうから交通渋滞は仕方ないし、電車も過密だからちょっとした遅れが連鎖してダイヤの乱れにつながるんだろう。田舎の平穏ぶりをあらためて実感する。
posted by stonez | 2013.01.14 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - おでかけ

ミニ凧揚げ

P1130868

もうじき7か月になる次男坊が、ちょっと重い風邪にかかってしまったこともあり、長男坊を遊びに連れ出してあげられなかったので、公園に連れて行った。自作の糸の短い凧を引っ張って、生き生きと走る長男坊を見ていたら、もうすこし外で遊ばせてあげるべきだなと反省した。
posted by stonez | 2013.01.13 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - おでかけ

やるべきこと

IMG_1676

お休みになったら色々やりたいことがあって、年賀状が来た方には寒中見舞いを出したいし、来月呼ばれている結婚式の予定を考えたいし、地区の会計の関係ではそろそろ帳簿をつけないと心配だし、月末の勉強会の資料はまだ途中だし、散髪に行かないともうボサボサだし。どうしよう。今日は写真を撮らなかったので、先日のでお茶を濁す。危機感を感じつつ、今日から37才。
posted by stonez | 2013.01.12 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - その他

群馬県庁にて

IMG_1660

出張で県庁に行ってきた。これから、報告書やら申請書やらを取りまとめ、2度にわたる審査を受ける。今年もいよいよ臨戦モード、気を引き締めていこう。

ちなみに写真は、手前が県庁の旧庁舎(昭和庁舎)、奥が現在の庁舎。
posted by stonez | 2013.01.09 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - 通勤

満年齢

とある証明書の関係で職場に電話がかかってきた。その方は、自分は70才のはずだと言って譲らない。でも確認すると、満年齢で現在69才である。数え年だと70才なので、そういう意味では間違いではないけど、該当の法令の関係は満年齢を採用しているのでご理解いただくしかない。とはいえ、ちょっと話にならないからここに話をつけに来るということになった。どうしたもんだろう。この方の同級生を探して年齢を聞いてもらうのが良いのか。

薮から棒だったが、今まで当たり前すぎて考えもしなかったのでいい機会にはなった。ちょっと面食らってしまって、仕事のペースは乱れてしまった(笑)。本当に話をつけにくるだろうか。
posted by stonez | 2013.01.08 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ

新栃木駅

P1060826

自分の友達と妻の友達が結婚して、赤ちゃんが誕生したということで、ご実家に遊びにいく。うちの次男坊と半年違いの同い年(辰年)だけど、こんなにも大きさが違うのかと驚いた。とにかく可愛かった(笑)。お昼もごちそうになり、お話も盛り上がりついつい長居してしまった。お世話になりました。

帰り道、すぐに新栃木駅を発見、左右対称で中央の三角が印象的。シンプルだが凛とした佇まいだった。これからもずっと残り続けてほしい駅舎の1つ。
posted by stonez | 2013.01.06 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - おでかけ

小山駅にて2

P1050758

仕事始めの1日が終わり、家族を迎えに再び宇都宮を目指す。が、たまに電車に乗る時に限って電車が遅れる(笑)。そういえば、去年もめずらしく電車に乗ったら電車遅延したっけ。。
posted by stonez | 2013.01.05 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - おでかけ

仕事始め(一年の計)

P1030679

仕事始めの日。まずはありがたい訓示をいただき、業務開始。と、お客さんが来るわ来るわで大盛況。淡々と月初作業をしようとしていたら、日頃お目にかからないようなレアケースの事例が次々やってきたり、予期してなかった請求書がいきなり来たりして、まさに初日から臨戦モードで「物事は最初が肝心」を地でいくような1日だった。

その後帰宅して、慌ただしく母を今日オープンしたホンダのお店に連れて行く。お店の閉店時間を大幅にオーバーしながらも、母なりに納得いく条件を引き出すことができて成約することができた。さすが店舗オープン、先日の自分の買い物と比較すると付加価値も高いし、いろいろ勉強になった。

写真は、昨日乗った電車の車窓から撮った栃木市付近の夕暮れ。
posted by stonez | 2013.01.04 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 - その他

高崎駅にて

P1030749

明日は1日だけポツンと出勤の日なので、家族を宇都宮に残して自分だけ家路につく。クルマは妻が使うので実家に残して、自分だけ電車に揺られて高崎まで来て1枚。寒さに震えつつ、すする温かい立ち食いうどんの美味いことと言ったら(笑)

家に帰ってきたら、大晦日にNHKで放送されたノリントンの「第九」の録画を、オーディオにつないでボリュームを上げて堪能中(笑)。滅多にできない贅沢に浸る。レガートを極力排した繊細さ、そして音と音の間の静寂が心に染みてくる第3楽章は特に心地よかった。そのぶん、第4楽章の迫力がよりズシンと響いてきた。ピュアサウンドは素晴らしかった。
posted by stonez | 2013.01.03 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - おでかけ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。