ソフトボール、金メダルおめでとう!

火といやもう言葉が出てきません。
今まで崩すことのできなかった、アメリカというオリンピック至上最大の壁を最後の最後に打ち破ったこの興奮、この写真みたいな気分です! 信じられないような魂のこもった上野投手のピッチング、そして数少ないチャンスをモノにした日本チーム。本当におめでとうございます!

ていうか、上野投手の延長戦込みのダブルヘッダーで318球も投げきったのが昨日の今日で、今日も当たり前のように出てきて完投して優勝決めて、あり得なくないですか?きっとこれは、野球で言ったら伝説上の人物、『神様、仏様、稲尾様』のあの稲尾様ぐらい、いや世界一ですからね。それ以上かも。想像ですが。シンクロがロシアに勝ったぐらいの偉業と思います(単純に比較できませんが)。ちなみに上野投手が群馬のチームに所属している、というのも密かに嬉しかったりします。

この喜びにぴったりの音楽は。。と考えてみたものの、ベートーヴェンの歓喜の歌しか出てきません。で演奏はこれですかね。ベルリンの壁が崩壊した歴史的瞬間の中で演奏されたライブ。バーンスタイン指揮、バイエルン放送交響楽団ほかの大編成による、ベートーヴェンの第九です。着実に、噛みしめるように、熱狂的な歓喜へと向かっていく音楽。

この勝利の勢いが、野球チームに乗り移ってくれることを、切に願ってやみません。
posted by stonez | 2008.08.21 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | いろいろ
この記事へのコメント
こんにちわ、お久しぶりです。
おさかな♪です^^。
ベルリンの壁が崩壊した時にライブが
行われたなんて知りませんでした!
面白いジャケットですね☆
そして、前の記事ですが可愛らしいJrちゃんの
写真に溶けました・・・。
Posted by おさかな♪ at 2008.08.30 20:52
おぉ、おさかな♪さんご無沙汰でした、お元気ですか〜?
おかげさまでジュニアは2才になりまして、さらに元気いっぱいです(笑)

ところで、私もこの時の演奏は後から知りました。歴史的瞬間というのが一目でわかるジャケットですよね。演奏の方も、Freude(よろこび)の歌詞をFreiheit(自由)と読み替えて歌ったということで話題になったようです。
Posted by stonez at 2008.08.31 23:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105127377

この記事へのトラックバック