レスピーギ/リュートのための古風な舞曲とアリア 第1組曲

水と活況のデジタル一眼市場ですが、ここ数日でキヤノンからは正当進化のEOS 50Dが、ニコンからはデジイチ初の動画に対応したD90が発表されました。この動画機能、今はお遊び的なものかもしれませんが広角や背景ボケを生かした映像とか、映像から決定的瞬間を写真として切り出したりとか、将来的に面白そうな機能ではあります。各社切磋琢磨していただいて、高性能なカメラが少しでも手に届きやすくなってくれれば言うことなしです。

さて猛暑は小休止、ここ数日は不安定な天気が続いています。写真は「涼」のイメージにしてみましたが、聴いているのも涼しげな音楽です。レスピーギが、音楽院の教授をしていたときに発掘した16世紀頃のリュート曲集をアレンジしたという、リュートのための古風な舞曲とアリアです。全三部作の組曲の中から、今回は第1組曲を、ネヴィル・マリナー指揮/ロスアンジェルス室内管弦楽団の録音で。

すがすがしく軽やかなバロック風の曲調が心地よいです。快活な旋律の中にも、哀愁を帯びた旋律の中にもただよう気品がいいですね。リュートはギターのご先祖様ともいえる発弦楽器で素朴で物静かな音色でしたので、管弦楽にアレンジされたこの組曲のきらびやかな美しさは、ローマ三部作で魅せてくれたレスピーギ流の色彩豊かなオーケストレーションの賜物でしょう。

それから、いきいきした爽快な曲と内向的な曲との対比が鮮やかで、強弱やテンポが変化に富んでいます。このあたりは小編成を得意とするマリナーの卓越したコントロールも利いていて、きびきびと歯切れの良い上品な演奏を聴かせてくれます。オーケストレーションだけにとどまらない、レスピーギの選曲と曲の組み合わせ方もまた見事です。
posted by stonez | 2008.08.29 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 - 管弦楽曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105702802

この記事へのトラックバック