ヴィヴァルディ/協奏曲集「四季」より「冬」

いよいよ忘年会のシーズンですね。 私はといいますと、仕事が慌しいので今年はなさそうな気配ですが、その一方で職場にはほぼ毎日のように飲みに行ってる人達がいるんです(笑)。サイフと時間に折り合いがつけば私も参加したいところなんですけど、「いつも」というあたりがクセモノなんですよねぇ。というわけで、帰りのタイミングが彼らと合ってしまわないように警戒しているのは、ここだけの秘密です(笑)

さて、今日は冬至です。一年で一番長い夜がやってくる日。そんな夜長に取り出したのは、ヴィヴァルディの協奏曲集「四季」より「冬」Op.8-4 です。演奏は、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団。ミシェル・シュバルベによるヴァイオリン独奏です。

この演奏の第一印象は「みずみずしさ」でした。それもそのはず教会で録音されたそうで、演奏はもちろんのこと適度な残響音がもたらしてくれる心地よさが素晴らしい。特に、第2楽章の暖かみのあるラルゴ。外では弦のピチカートによる雨がしとしと降り続く中、暖炉に火をともした部屋での穏やかでゆっくりとした時間。シュバルベのヴァイオリンは存在感があって、ふくよかで暖色系の響きです。

もちろん、第1楽章の凍てつくような寒さの風景も鮮やかです。折り重なるようなトゥッティは雪が降り積もっていくようですし、冷たい風にも重量感があって寒さを際立たせています。第3楽章も厳しい寒さと、氷の上を歩く人たちの様子。「ツルリっ」と転んじゃうあたりの描写にはなんだかイタリア人らしいユーモアを感じさせます。

ヴィヴァルディの活躍した北イタリアの寒さはこんな感じなのだろうか、と想像しながら楽しんでみました。
posted by stonez | 2005.12.22 22:23 | Comment(8) | TrackBack(1) | 音楽 - 協奏曲
この記事へのコメント
こんばんわ。優しいコメントをいただき、ありがとうございました(^-^)
ヴィバルディの四季は本当に有名ですが、ただ有名なだけでなく情景をリアルに思い浮かべることの出来る音楽なので、子どもたちのレッスンでリトミックやイメージ活動にも使っています。私も大好きな曲です。また覗きにきます('-'*)ヨロシク♪
Posted by ピアノのセンセー at 2005.12.23 03:31
今晩は。このジャケットは懐かしいですね。LP時代からよく聴いています。
1960年代のカラヤンのスイス・サンモリッツ録音シリーズでした。ソロ・ヴァイオリンもとても綺麗でふくよか。雰囲気豊かな「四季」でしたね。
Posted by mozart1889 at 2005.12.23 19:47
私も同じ盤のようですね。前に一度TBしましたっけ?もしそうだったらお許し下さい。
春夏秋冬、それぞれの季節に聴いてみると、いいですねぇ。
Posted by アスカパパ at 2005.12.23 21:30
ピアノのセンセーさん、どうもありがとうございます!
本当にそうですね、何となく聴いているだけでも「暖かそう」「寒そう」「涼しそう」という感触が伝わってきますし、そこに少しずつ入っているユーモアが魅力のように思います。きっとそんなところが子供たちの感覚にいい感じで働きかけそうですね。こちらこそ、よろしくお願いいたしますね!
Posted by stonez at 2005.12.23 23:21
mozart1889さん、いつもどうもありがとうございます!
このジャケットはインパクトがありますね。何気なく春から冬までをあらわしている感じがまた素敵です。この先もこのデザインを残して欲しいものです。おっしゃる通り、ヴァイオリンは本当に艶のある豊かな音色。こういう四季もまたいいものですね!
Posted by stonez at 2005.12.23 23:28
アスカパパさん、コメントとTBどうもありがとうございます!
TBは大歓迎です!ブログを始めるようになって、改めて折りに触れ楽しめるのもこの四季のいいところですね。この音楽は季節が変わる度にエントリーしたいと思っていますので、またTB頂けると嬉しく思います!
Posted by stonez at 2005.12.23 23:40
stonezさんのブログの完成度の高さに脱帽しています。写真のクオリティーなど素晴らしいですね。評論もとてもいいです。
Posted by uno at 2005.12.24 00:29
unoさん、こちらにもコメント頂きありがとうございます!
過分のお褒めのお言葉、お恥ずかしい次第です。なかなか読みやすい文章、面白い文章を書くのは苦手ですが、どうぞよろしくお願いいたします!
Posted by stonez at 2005.12.24 12:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ヴィヴァルディ/四季
Excerpt: 現役でバリバリと働いていた時代に、仕事で冬の新潟地方に滞在する時期があった。暗闇の天空から、ひたひたと、音もなく、深々と、休みなく真下に降り注いで来る白い粒々。それは瞬く間に窓を塞いでいった。そしてそ..
Weblog: アスカ・スタジアム
Tracked: 2005-12-23 21:23