県民音楽のひろば 群馬交響楽団特別演奏会

町に群響がやってくる、ということで部屋の片付けも、就職活動も、何もかもとりあえず今日はお休み。息子を実家に預けて妻と行ってきました。今回は山形交響楽団でもおなじみ、才気あふれる若きマエストロ飯森範親さんです。

<日時・場所>
 2009年2月8日(日)
 利根沼田文化会館 大ホール(群馬)

<曲目>
 モーツァルト/歌劇「フィガロの結婚」序曲
 メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲ホ短調
 (休憩)
 シベリウス/交響詩「フィンランディア」
 エルガー/愛のあいさつ
 ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ
 ブラームス/ハンガリー舞曲第1番ト短調
 ドヴォルザーク/スラヴ舞曲第10番ホ短調
 シュトラウスII世/ワルツ「美しく青きドナウ」
 ボロディン/歌劇「イーゴリ公」より「だったん人の踊り」
 (アンコール)
 ハチャトゥリアン/組曲「仮面舞踏会」よりワルツ

<出演>
 指揮:飯森 範親
 ヴァイオリン:米元 響子
 管弦楽:群馬交響楽団

本当に、地方公演のためによく考えられたプログラムでした。まず前半では、名刺代わりに山響との活動でも知られるノンビブラートのモーツァルトを、続いてメンコンを聴かせます。メンデルスゾーンは今年メモリアルイヤーを迎えた旬な作曲家ですし、作品の知名度も抜群、しかも楽章間に拍手の余地がない(これポイント・笑)。まさに三拍子揃った素晴らしいチョイスですね。

後半は、飯森さんの解説つき「音楽によるヨーロッパ旅行」という趣向で、フィンランド→イギリス→フランス→ドイツ→チェコ→オーストリア→ロシアと、雰囲気たっぷりの小品を次々に繰り出してお客さんを飽きさせません。おまけにアンコールはもう一つロシア、しかも浅田真央ちゃんでおなじみ仮面舞踏会でサプライズ、という具合です。

そんなわけで演奏ですが、最初のモーツァルトでは重厚な群響サウンドが飯森さんによって颯爽と料理されていく感じがまず新鮮でした。メンコンでも比較的きびきびとしたテンポをベースにしながら、あたたかく米元さんのヴァイオリンを引き立てていきます。米元さんは、技巧的でありながら音色がなめらかで瑞々しかったのが印象的で、今後が楽しみなソリストさんでした。

IMG_8912そして、音楽によるヨーロッパ旅行はオーケストラの本領発揮、ここでも心地よいテンポに乗ってダイナミックな演奏を楽しみました。シベリウスでは熱気が、エルガーでは甘美さが、ラヴェルでは翳りが、ブラームスでは奔放さが、ドヴォルザークでは悲哀が、シュトラウスではみなぎる自信が、そしてボロディンでは幻想と興奮がそれぞれ思い出されます。まさに飯森さんと群響によるひと時の旅行、堪能しました。

これだから生演奏は最高、そんなことを改めて思ったコンサートでした。就職を決めた暁にはまた聴きに行きたい、と思わずにはいられません。最後に、写真は実家でやりたい放題だった息子です(笑)
posted by stonez | 2009.02.09 02:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 - コンサート
この記事へのコメント
出ましたね、待ってました、群響レビュー。
楽しめたコンサートのようで良かったですね。
群響はどんな響きの傾向なのでしょうか、
以前、トゥルノフスキーさんの指揮で聴いたときはずいぶん透明感のある演奏をしていたように記憶しているのですが。
でもまだ一度だけではよくわかりませんよね。
それから米元さん、シュナイトさんイチオシのヴァイオリニストですよ。
彼女は素晴らしいと思います。
彼女のモーツァルトは楽しめたでしょうねぇ。
そしてバラエティのような盛りだくさんのコンサート、楽しい企画でしたね。
これからも群響レビュー、楽しみにしております。
Posted by yurikamome122 at 2009.02.10 08:27
群馬交響楽団の演奏会、飯盛さんの指揮だったのですね。山響を指揮する際も、合間のトークがなかなか面白いです。音楽に支えられながら地元に定着し、生活が根づいた人たちがオーケストラを支えてくれる、そんな関係が理想です。
Posted by narkejp at 2009.02.10 20:51
yurikamomeさま、早速のコメントありがとうございます!
まだ仕事が決まっていないものですからコンサートは自粛していたのですが(笑)近くだったもので迷わず行ってしまいました(^^
群響の響きですね、おっしゃる通りまだ久しぶりに聞きに行くくらいのレベルですが、ストレートに体に伝わってくる力強さを感じることが多いですね。
そうそうトゥルノフスキーさん、早速チェックしてみましたが、経歴もさることながら素晴らしい演奏をされるようですね。私も早く聴いてみたい思いに駆られます。
ところで、米元さんはシュナイトさんとも共演されていたのですね。そんなお話を聞いていると神奈川フィルのコンサートにも行きたくなりますね。yurikamomeさまのエントリーも楽しみにしています(^^
Posted by stonez at 2009.02.10 22:08
narkejpさま、コメントありがとうございます!
実は、指揮が飯森さんと知って真っ先にnarkejpさまが浮かびました(笑
それと同時にモーツァルトがもっとたくさん聴きたいなと思ってしまったのですが、まずは色々と楽しませていただきました。飯森さんはトークも大変お上手で、アットホームに、コンサートをより多くのお客さんに楽しんでもらおうという意気込みが強く伝わってきました。思わず帰りに山響とのCDを買ってしまいましたよ。ハイドンの85番とシューマンの4番のものです。じっくり楽しんでそのうちエントリーできればと思っています!
Posted by stonez at 2009.02.10 22:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック