ハイドン/交響曲 第85番「王妃」

R0012868就職して最初の1週間が過ぎ去りました。あっという間でした。

会社まで片道46キロの道のりを1時間で走破する、という初めての車通勤は私にとって大イベントで、帰宅と同時に燃え尽きてます(笑)。会社で完全燃焼して、あとは電車に運んでもらうだけ、という生活が懐かしくなりました。仕事と通勤のリズムが確立できるまではもう少しかかりますかね。さっそく来週から残業の予感です・・

さて、遅ればせながら今年はハイドン・イヤー(没後200周年)だそうですね。いい機会なので、あれこれ手を伸ばしていきたいと思います。

今回は、交響曲第85番変ロ長調 Hob.1:85「王妃」を、先日のコンサートで買ってきたCDで。飯森範親指揮、山形交響楽団。あのフランス王妃マリー・アントワネットが気に入っていた、という説がうなずけるような可憐な交響曲。優雅な中に、時折見せる翳りの表情がたまらなく美しいと思います。演奏はとても瑞々しく小気味よいもので、聴き終えたあとに充実感が残ります。

この曲は他に、古楽器&古楽器奏法のものと、現代楽器によるレガートたっぷりの録音で聴いていますが、音の高さや響き、テンポの軽快さといったあたりのバランスが自分の好みによく合っているようで、この飯森さんと山響の録音を聴くことが多いです。

このままもう一度聴きながら眠りたいと思います。
ではでは。Zzz...
posted by stonez | 2009.03.07 02:07 | Comment(2) | TrackBack(1) | 音楽 - 交響曲
この記事へのコメント
お疲れさまです。私も、片道50km近い距離を通勤していましたので、夏場はまだしも、冬は大変でした。力を残しておかないと、家にたどり着けない(^o^)/
通勤経路の途中に、駐車場の広い、眺めの良いコンビニがあり、眠くなるとそこで一休みすることもありました。五分の休憩が効果的で、無理せず継続できました。通勤になれてくると、通勤の音楽が楽しみになりますよ(^o^)/
飯森・山響のハイドン、なかなかいい演奏ですね!
Posted by narkejp at 2009.03.08 07:31
narkejpさま、おはようございます。コメントありがとうございます!
なるほど、やっぱり力を残しておかないと駄目ですよね(^^;
今はなんとなく通勤の音楽を楽しみ切れていないようなところもありますが、慣れると違うでしょうね。イヤホンいらずの個室ですものね(笑)。貴重なアドバイスをありがとうございます!
飯森・山響コンビは是非実演でも聴いてみたいものです(^^
Posted by stonez at 2009.03.09 06:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ハイドン「交響曲第85番"王妃"」を聞く
Excerpt: ハイドンの交響曲は、古典派の代表的な音楽でしょう。若い頃は、ドラマ性に乏しく、面白みに欠ける音楽と感じ、あまり熱心には聞きませんでした。ところが、亡き恩師に贈られたオラトリオ「四季」のLPや、弦楽四重..
Weblog: 電網郊外散歩道
Tracked: 2009-03-08 07:24