モーツァルト/ディベルティメント 第3番(K.138)

戻ってまいりました(^^
遅ればせながら、新年おめでとうございます!今年一年が皆さまにとって素晴らしい一年となるようお祈り申し上げます。

また私の「網膜はく離」の件では暖かい励ましのお言葉をたくさん頂き、本当にありがとうございました。とても励みになっているとともに、お陰さまで治療の経過は順調に進んでいます。

あれから細かい診察を経て2段階の処置をすることになり、まずはレーザー治療というのを受けました。でも、これが二日酔いの頭痛のような痛みで(笑)。辛くも年越し入院は免れましたが、しばらくパソコンから離れておとなしくしていました。今は患部が落ち着くのを待ちつつ、2月に行われる手術を待っているところです。

それまでの間は振動を受けることを控えるようにということで、デスクワークが幸いし職場への一時復帰が叶いました。こんな感じですが、この際気長にしっかり治したいと思っています。当面は、より緩やかな更新(笑)になると思いますが、またお付き合いいただければと思います。

さっそくですが、モーツァルト生誕250年でもある今年1回目は、やはりモーツァルトでいきます。モーツァルト作曲、ディベルティメント第3番 ヘ長調 K.138 を、ハンス=マルティン・シュナイト指揮/神奈川フィルハーモニー管弦楽団の演奏で。

快活でゆとりがあり、気軽に口ずさむように聴こえてくるこの音楽は、娯楽や気晴らしを意味するディベルティメント(嬉遊曲)がまさにぴったりです。若い頃のモーツァルトの充実ぶりが垣間見えるようです。

このライブ録音からは、神奈川フィルの特長でもある弦楽器のキリリとした美しさがよく伝わってきます。演奏が終わって一番最初に拍手をしたのは、何でも指揮者のシュナイトさん本人だったとか。それだけ心地よさが会場全体を包み込み、演奏者も含めた誰もが感動したのでしょう。是非とも目と耳で触れてみたかった演奏です。
posted by stonez | 2006.01.10 22:35 | Comment(20) | TrackBack(0) | 音楽 - 管弦楽曲
この記事へのコメント
こんばんは。
治療が順調な由、少しほっとしました。
でも無理は禁物ですよ。
2月の手術が無事に終わることを祈っております。
神奈川フィル、何度か記事で拝見し、私も一度聴きに行きたくなりました。
Posted by romani at 2006.01.11 00:33
romaniさん、さっそくのコメントどうもありがとうございました!
そうですね、治療の経過は順調という話をお医者さんからいただきました。右目も多少の糸くずはあるものの普通に見えていますし、無理はせず気長に完治を目指したいと思います。
神奈川フィルは、地元にいながら最近まで聴いていなかったのですが、演奏される曲目といい実際に聴いてみた感想といい、常に刺激的なものを感じています(^^ゞ
Posted by stonez at 2006.01.11 01:02
あぁ、お帰りになられたのですね。経過も順調なようで何よりです。網膜剥離は治す事が出来る疾患なので、今後とも医師の指導をしっかり守られて、不安無く生活出来る日を迎えられることを祈っております。
私も最近、ディベルティメントを良く聴きます。テストの日の朝に聴くと頭が良く働いてくれる気がするんですよね。
Posted by shinsaqu at 2006.01.11 03:23
おはようございます。
ご退院、良かったですね。お大事にしてください。
きっと「耳」は元気でしょうから、クラシック音楽をいっぱい聴きましょう^^。モーツァルトのディベルティメントは、きっと眼にも耳にも良いでしょうね。
Posted by mozart1889 at 2006.01.11 05:12
復帰おめでとうございます。新たな年と共に率直にお祝い申し上げます。でも、ここからが大事ですよ。処置の時の痛みも辛そうですが、ぜひ頑張ってくださいね。もう少しですよ。そして、ぜひご無理なさらないように。
この曲は会場にいましたが、大変に美しいコンサートでした。シュナイトさんの「ブラヴォ!!」といって指揮台の上で手を叩き始めたのを今でも思い出します。
今度ブラームスの1番が25日にやっと発売になるそうです。これも会場にいましたがとても感銘を受けたコンサートだったのでとても楽しみにしています。
今年はモーツァルト・イヤーですね。シュナイトさんが2月定期でとても魅力的なオール・モツアルト・プロをやるのも楽しみです。あと、ショスタコヴィッチ・イヤーでもあるので、こちらもちょっと楽しみです。
ともあれ今年もよろしくお願い致します。
TBありがとうございました。
Posted by yurikamome122 at 2006.01.11 06:59
久々の投稿嬉しいですね!
でも無理は禁物です。
まずは治療に専念して、健康を取り戻してください。
やはり健康は何物にも代えがたいものですから。。。
Posted by リベラ33 at 2006.01.11 07:04
おはようございます。待ってましたよ〜!
もしかして今年最初のCDも、コンサートも神奈川フィルですか?(笑)楽しみですね♪
でもお体(目)の方もお大事になさってくださいね。
Posted by カンナ at 2006.01.11 10:23
退院、おめでとう存じます。
早速コメントいただき、うれしかったです。
ありがとうございました。
ゆっくり、しっかり直してくださいね。
そんなとき、音楽は邪魔しません。
いっぱい聴いてくださいな。
Posted by ensemble at 2006.01.11 13:51
コメントありがとうございました。

経過順調とのことで何よりです。お医者さんに聴かれているように振動は禁物ですのでお守りください。

私が網膜剥離になったのは28年前です。当時の医療技術に比べ格段の進歩を遂げていると聞き及びます。安心して治療されたら良いと思います。

モーツァルトのディベルティルント、いいですね。私もたまに聴きます。
Posted by アスカパパ at 2006.01.11 17:37
経過順調とのこと、何よりです。どうぞ、お大事に。根を詰めないで、規則正しい生活で確実に直してください。その点、音楽は目をつぶっていても大丈夫ですね(^_^)/
Posted by narkejp at 2006.01.11 21:15
shinsaquさん、コメントありがとうございます。今年もよろしくお願い致します!shinsaquさんからそのお言葉を頂けると凄く安心します。気分転換にもなりますし、休養もはさみつつ治していければと思っています。そういえば、モーツァルトの音楽は健康にもいいと言われていますよね。せっかくのモーツァルトイヤーですし、身体にも還元してもらおうと思います(笑)
Posted by stonez at 2006.01.12 00:03
mozart1889さん、コメントありがとうございます!
とりあえずは自然治癒にまかせつつ落ち着いた日々を過ごしています。おっしゃる通りですね。耳は健康そのものです(笑)モーツァルトなど、体にもいいといわれる音楽をたくさん聴いて、早く完治して欲しいものです。
Posted by stonez at 2006.01.12 00:08
yurikamomeさん、いろいろとご心配いただき本当に感謝するばかりです。ありがとうございます。とにかく今は仕事も進めてはいますが治療第一でいきたいと思います。
ところで、シュナイトさんの拍手の様子はyurikamomeさんのエントリーを拝見して知ったのです。そんな、指揮者が拍手するような光景はまだ一度も見ていないのでなんとも羨ましい限りです。シュナイトさんといえばブラームスのCDようやく発表されたのですね。店頭で見かけたらまた買ってしまうでしょう(笑)来月のモーツァルトプログラム、治療と重ならなければ行きたいものです。全くの想像ですが、来週のベト7といいモーツァルトといい将来的にCD化されるのでは?と期待しています(^^
こちらこそ、今年もよろしくお願い致します!
Posted by stonez at 2006.01.12 00:26
リベラ33さん、コメントどうもありがとうございます(^^
やはり投稿できる喜びみたいなものを感じています。私はあまり音楽に詳しくはないですが、こうしていろいろな感想や意見を拝見できるのはとても参考になりますし楽しみでもありますね。治療優先ということでぼちぼちにですが、今後ともよろしくお願い致しますね!
Posted by stonez at 2006.01.12 00:30
カンナさん、さっそくのコメント感謝です(^^
その通りです(笑) といいますか、気がついてみたらそういうことになっていました。これはいよいよ本格的に神奈川フィル応援モードに突入という感じです。とにかく、地元に素晴らしい楽団があることに喜びを感じますね。
Posted by stonez at 2006.01.12 00:35
ensembleさん、コメントどうもありがとうございます!
おっしゃる通りですね、本やパソコンが思う存分できない間こそ音楽の出番という気がしますね。素晴らしい音楽鑑賞のための時間を与えられたと思って有意義に過ごせればと思います。どうもありがとうございます。
Posted by stonez at 2006.01.12 00:39
アスカパパさん、心強いコメント本当に感謝しています。
私が携わっている仕事がデスクワーク寄りだったことは、とりあえずよかったと思っています。体はなまってしまいますが、それでもまずは治療第一ですよね。アスカパパさんのお話を励みにして、まずはしっかりと治したいと思います。ディベルティメントは耳だけでなく、頭にも目にも心地いい感じがしてお気に入りです(^^
Posted by stonez at 2006.01.12 00:44
narkejpさん、あたたかいコメント本当にありがとうございます。
その通りなのです、仕事も順調に(?)忙しくなってきた矢先という状況でしたので残念な部分は大きいのですが、せっかくの休養の時間ということで音楽を楽しみながら英気を養いたいと思います。またブログの方にも遊びに行かせて頂きますね!今年もよろしくお願い致します。
Posted by stonez at 2006.01.12 00:48
stonez様へ。
網膜剥離私の場合と題して、体験記の連載を始めました。(最近立ち上げた別のブログですが)もしよければ、従来の私のブログから、ブックマーク(縦縞横縞)をクリックしてください。
Posted by アスカパパ at 2006.01.12 12:28
アスカパパさん、こちらにもコメントいただきありがとうございました!さっそく拝見しましたが、やはり症状が出てきた背景など興味深いですね。この後のエントリーも楽しみにしています。ありがとうございます!
Posted by stonez at 2006.01.13 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11552827

この記事へのトラックバック