モーツァルト/交響曲 第29番

網膜はく離で治療中の私の右目は、糸くずのようなものは相変わらず見えるものの視界や痛みなどは特にありません。今はおとなしく日々仕事しつつ、来月の手術に備えているところです。

それにしても毎日寒い日々がつづきますね。このところ鼻風邪気味なので通勤電車くらいはマスクをしたいところですが、眼帯とセットだとさすがに視覚的に痛いところ(笑)。今のところ併用はしていませんが、とにかく全て完治させてスッキリしたいところです。

ともあれ、こんな寒さの厳しいときには暖かい部屋でのんびり聴きたい音楽を。モーツァルト作曲、交響曲第29番 イ長調 K.201で、演奏はレナード・バーンスタイン指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団です。

あたたかい春の息吹と、心地よいそよ風を運んでくるようなこの音楽は、なんと17歳の若さでモーツァルトが書き上げた作品で、この時期の彼を代表する名作でもあります。楽器編成を見ても、弦五部に2名ずつのオーボエとホルンという構成なので、室内楽のようにきめが細かくやわらかな響きが感じられます。

第1楽章は穏やかなそよ風に始まり、次第に重なり合って豊かな景色となっていきます。つづく第2楽章はしっとりと歌いこまれる豊かなアンダンテ。モーツァルトらしい天国的な音色です。第3楽章は鳥たちの会話のような歯切れのよいメヌエット。終楽章は明るく鮮やかに。自在に変化するスピード感は狩りのようです。

とにかくバーンスタインらしく流暢に語りかけてくるようですし、音楽はシンプルなのに艶やかさが際だっています。今のようなモノトーンの季節にこそ際立つ、ホッとする空間をつくり出しています。
posted by stonez | 2006.01.19 22:18 | Comment(7) | TrackBack(1) | 音楽 - 交響曲
この記事へのコメント
こんばんは
 偶然ですが、私は今宵クレンペラー氏でこの曲を聴きました。バーンスタイン様のCDもあるのですが、記憶が無いと言うか聴いていないかも・・・汗。なんか嬉しかったので、書き込ませていただきました。
 ところで寒い時期、どうぞお体を大切に。
Posted by みー太 at 2006.01.19 23:39
みー太さん、コメントありがとうございました。また今年もどうぞよろしくお願いいたします。それにしましても、偶然同じ日に同じエントリー。私も喜びと驚きを隠せません(^^ゞ
モーツァルトというと口当たりのよいソフトなイメージがあるのですが、バーンスタイン盤を聴いていると、そうではなく起伏に富んでいて聴き心地のいい演奏という印象を持ちました。
Posted by stonez at 2006.01.20 00:36
こんばんは。
いいエントリーですね。
この曲は、モーツァルトの全交響曲の中でも特別に幸せを呼ぶ曲だと思います。
随分昔の話になりますが、私が高校生の頃は小遣いをためてLPを買うしかなかったので、2ヶ月に1枚くらいがやっとでした。もちろんそのほとんどが廉価盤でしたが、そんな中の1枚がスィトナーが指揮した29番とアイネクライネが入ったディスクでした。この29番が素敵なんです。スィトナーのボックスアルバムが発売されるまでなかなかCDでは入手が難しく、随分走り回りました。
機会があれば是非聴いてみてください。
Posted by romani at 2006.01.20 21:19
romaniさん、いつもどうもありがとうございます。
なるほど、幸せを呼ぶ曲、縁起がいいですね(^^ 確かにおっしゃる通りだなぁと思いました。全てから前向きなオーラが出ているように思います。私が聴いたことのあるモーツァルトの交響曲はまだ数えるほどですが、最近こういう味わいの音楽も体が欲しがるようです。こうして馴染んだ音楽が増えていき、だんだんと聴きたい時に聴きたい音楽が浮かんでくるようになってきました。
ところで、オトマール・スィトナーですね。名前は聞いたことがありましたが、romaniさんがそれほどまでに求めた演奏、これはさっそくチェックしてみようと思います。ありがとうございます!
Posted by stonez at 2006.01.21 03:33
TB感謝です。あたたかい出だしは、なにか胸締め付けられる不思議な寂しさを感じることもあります。モツアルトは自然にいとも簡単に人の心に入り込んでしまいますね。まるで子供のようです。
Posted by yurikamome122 at 2006.01.21 06:19
yurikamomeさん、こちらにもどうもありがとうございました。
そうですね、この29番にしようか、それとも25番にしようかと迷って暖かさを感じるこの音楽にしたのですが、それを聴いている時、不思議と一人で過ごしているような感じでした。モーツァルトにはこうして、感覚に直接作用する何かがあるのかもしれませんね。
Posted by stonez at 2006.01.22 00:14
突然のコメント失礼致します。人気BLOGRANKINGからお邪魔しました。
ご存じないと思いますが、昨年、不慮の事故により亡くなられましたカウンターテナー歌手藤岡宣男さんという方のファンサイトを最近立ち上げました。
趣味に合うかどうか解りませんが、もしよろしければお越し頂ければと思います。

ウエルカムページ(BGM付き)↓こちら
http://to.to.cx/nobu/welcome/1.html

BLOGページは↓こちらです。
http://to.to.cx/nobu/blog/blog.cgi

また、足跡帳(右側中程)も準備致しましたので、ご登録頂ければ足跡を辿ってまたお邪魔することも出来ます。是非登録して行って下さい。

突然お邪魔して日記の内容とも関係のないコメントで大変恐縮ですが、差し支えなければ今後ともお付き合い頂ければ幸いに存じます。
Posted by ken at 2006.01.23 19:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11938064

この記事へのトラックバック

モーツアルト作曲、交響曲第29番
Excerpt:  台風が去ってようございました。おかげさまで被害はなくすみましてございます。今日は夕焼けがキレイなんだろうなぁ。  早上がりをしてしまったので、もう自宅で一杯やっています。結局連休は出ずっぱりでござ..
Weblog: yurikamomeの妄想的音楽鑑賞とお天気写真
Tracked: 2006-01-21 06:14