ラフマニノフ/ピアノ協奏曲 第2番

2月になりました。今月はいよいよトリノオリンピックが開催されますね。私が楽しみにしているのはフィギュアスケートですが、その中でも選手たちの華麗な演技に欠かせない伴奏として、ラフマニノフの音楽はよく使われているのではないでしょうか。

中でも「ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op.18」といえば、アルベールビルオリンピックで伊藤みどり選手がトリプル・アクセルを決めて銀メダルに輝いた時の曲として有名ですね。

そんなわけでこの音楽を聴くと、凍てつくような寒い冬がイメージされます。曲の冒頭から聴こえてくる鐘は、ひたひたと忍び寄る冬の足音にも聴こえます。でも全体を通してロマンティックでメロディが美しく、またピアノは繊細でテクニカル。一度聴いただけでも鮮烈な印象が残るので、フィギュアスケートに限らず多くの映画でもひっぱりだこなのは納得です。

このピアノ協奏曲第2番を、ウラディーミル・アシュケナージのピアノ独奏、そしてベルナルト・ハイティンク指揮/アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団による演奏で。

まずは第1楽章。ラフマニノフらしい、深く思いにふけったような甘美な旋律。アシュケナージの透き通ったピアノの響きは健在で、技巧はさりげなく披露。さすが。オーケストラも均整の取れたアンサンブルで応え、叙情的な旋律をバランスよく奏でていきます。終わり方もラフマニノフらしくジャンジャンと。

ゆったりとしたロマンティックな第2楽章は、これぞラフマニノフの真骨頂。アシュケナージの透明度の高いピアノの音色が冴え渡り、フルートとクラリネットのソロも入ると、さらに夢のような空間を作り出していきます。

終楽章。力強いスケルツォ風の旋律と、そしてどことなくオリエンタルな旋律が交互に現れながら進行していきます。特に後者の美しさは格別で、ここではアシュケナージのピアノもハイティンク率いるオケも、程よくゆっくりと歌い込んでいます。本当に美しい。

ところでこの曲は、ラフマニノフが交響曲第1番の不評により極度のスランプに陥った後、彼の才能を知る精神科医の助けで復活するきっかけとなった曲です。ただその不評の原因となった初演、実は指揮者がラフマニノフを快く思っておらず、酔っ払っていいかげんな演奏をしたんだとか。それがなければラフマニノフは精神を病むことはなかったかもしれませんが、そのかわりにこの傑作が生まれたかどうかわかりません。奇妙な因果関係の産物といえそうですね。


さて、また明日からしばらくお休みします。今回で右目の治療の総仕上げ、入院と手術を伴います。3月頃にはしっかり完治させて、また戻ってきたいと思います。
posted by stonez | 2006.02.01 23:57 | Comment(17) | TrackBack(2) | 音楽 - 協奏曲
この記事へのコメント
こんばんは。また休まれるのは寂しいですが、しっかりと養生されて下さい。手術が成功し完治される事を祈っております。
Posted by shinsaqu at 2006.02.02 00:45
いよいよですが、1日も早い快癒を願っております。3月にはマーラーでご一緒しましょう。
Posted by yurikamome122 at 2006.02.02 06:36
病院のベッドにはたくさんCDを持って行けるのでしょうか。この際です、ゆっくり音楽を聴けるといいですね。
来月また元気な姿でお目にかかれることを楽しみにしています。
Posted by yurikamome122 at 2006.02.02 06:38
shinsaquさん、さっそくのコメントありがとうございました。
未だに手術という実感が湧きませんが、とにかくゆっくり休んでしっかり治したいと思います。復活しましたらまた遊びに行かせて頂きますね!
Posted by stonez at 2006.02.02 07:57
yurikamomeさん、コメントとTBどうもありがとうございました。
そうですね、本やパソコンができない分、iPodを持っていって音楽を堪能したいと思います。いい音楽を聴いてゆっくり休みたいですね。こちらこそ、3月にはご一緒できるのを楽しみにしています(^^
Posted by stonez at 2006.02.02 08:00
手術の成功と一日も早い完治を願っております。
またぜひご一緒しましょうね!
Posted by petite-tomo at 2006.02.02 09:46
TB&コメントありがとうございました。
私も2度に亘る入院体験がありますが、何れの時もクラシック音楽は心を癒やしてくれました。
絶好の機会だと思って、充分名曲の数々をお聞きくださ〜い!(^^)/
Posted by アスカパパ at 2006.02.02 09:56
手術の成功を心からお祈りしております。
入院中CDを聞くのは意外と手間ですから携帯用のFMラジオをお勧めします。あれなら何の操作もせずに終日色んな音楽を聴けるし、今のポータブルは本当に小さくて価格も廉価ですよ。
今日、僕は例のアインザッツでなんとブロガー4人でお合いできるということで楽しみです。
また回復されたらstonezさんもぜひ大阪は新地でお合いしましょう!
Posted by リベラ33 at 2006.02.02 14:53
stonezさんの手術がうまく行きますように!
おさかな♪は小児ぜんそくだったので、小さい頃良く入院していましたが、病院のごはんは結構美味しかったデスヨ。ただ、おかわりできないのが難点・・・。
ゆっくりされてくださいね♪♪♪
Posted by おさかな♪ at 2006.02.02 18:09
stonez様 こんばんは。
手術の無事の成功を願っております。ゆっくりと静養され、またCDのお話をしましょう。
楽しみにお待ちしております。
Posted by みー太 at 2006.02.04 20:58
 このコメントをご覧になる頃には手術も終え、無事に退院なさっていることでしょう。
 桜も新緑も・・・あるいはアーモンドの花も・・・大切な人と一緒にいつまでも楽しめるように・・・健康に気をつけて生活していきましょう(「飲みすぎ」な私の自戒だったりして・笑)。
Posted by クラシカルな某 at 2006.02.07 19:37
ぷちともさん、あたたかいコメントありがとうございます!
遅くなりましたが、ようやく戻ってきました。そうそう、入院中にMacPeopleを読んでしまってiBook触りたい禁断症状と戦ってきました(笑)。またお会いできるのを楽しみにしています。ブログにも遊びに行かせて頂きますね。
Posted by stonez at 2006.03.03 20:47
アスカパパさん、いろいろとお世話になっております。
アスカパパさんの体験記が、自分の入院や手術にどれほど力になったかは筆舌に尽くしがたい思いです。本当にありがとうございます。音楽も日頃大切にしまっていた曲などが楽しめましたし、いい休養になったと思います。これからもよろしくお願い致します。
Posted by stonez at 2006.03.03 20:54
リベラ33さん、アドバイスどうもありがとうございます!
お陰さまで無事にこうして戻ってくることができました。おっしゃる通り、今回はラジオやiPodにどれだけ救われたか、とありがたみを感じずにはいられません。ところで、アインザッツの様子はリベラ33さんやromaniさんのブログを拝見して羨ましく思っています。私もいつか遊びに行きたいと思っていますので、その時は是非ともよろしくお願いしますね!
Posted by stonez at 2006.03.03 20:59
おさかな♪さん、どうもありがとうございます!
大変な経験をされているんですね。それを思うと今回の入院はいい経験だったのかなと思えます。それにしても私のいた病院も食事美味しかったです。それまでのイメージとのギャップが入院して最初の驚きでした(笑)またこれからもよろしくお願いしますね。ブログにも遊びに行かせて頂きます〜!
Posted by stonez at 2006.03.03 21:06
みー太さま、あたたかいお言葉どうもありがとうございます。
お陰さまでしっかり治療に専念し、そしてじっくり休養を取り、気力充分で戻ってまいりました(まだ多少休みボケですが・・・汗)。またこれからも遊びに行かせて頂きますので、今後ともよろしくお願い致します!
Posted by stonez at 2006.03.03 21:11
クラシカルな某さん、コメント頂きどうもありがとうございます。
おかげさまで手術も順調に済み、回復することができました。ただ病院では寝つきがとても悪く、お酒の力を借りたいところでした(笑)。今回のことで、健康の大切さを思い知りました。健康あってのおいしい酒、美しい花ですものね。これからもまたよろしくお願い致します!
Posted by stonez at 2006.03.03 21:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12618996

この記事へのトラックバック

ラフマニノフ作曲、ピアノ協奏曲第2番
Excerpt:  風邪気味です。クシャミと鼻づまりがとまらない。会社のヤツにうつされたみたい。  今日の大桟橋、午前中は人通りも少なくノンビリだけど、午後から客船が2艘も着船。いきなり手をつないだカップルが行ったり..
Weblog: yurikamomeの妄想的音楽鑑賞とお天気写真
Tracked: 2006-02-02 06:36

ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番ハ短調作品18
Excerpt:  ラフマニノフが自分のノイローゼを治癒してくれたダール博士に捧げたこの曲。第1楽章、何度も聴き慣れた抒情ある旋律が絢爛と光り輝いているようだ。ノイローゼの片鱗など何処にも見いだせぬ。ダール博士は音楽好..
Weblog: アスカ・スタジアム
Tracked: 2006-02-02 09:51