そしてiPadへ

今から15年前、初めてMacを手にしたときの感動は今でも覚えています。使う側に立って考えぬかれたわかりやすい操作性、そしてあたたかみのあるデザイン。

その頃は、ちょうどWindows95が発売され瞬く間に世の中を席巻していた時期で、その影響もあってかシェアで圧倒されたAppleは経営的にも行き詰まっていて一時は身売りも秒読み段階だった、と記憶しています。AppleやMacについてのニュースもどちらかというとあまり元気のない、ネガティブなものが多かったように思います。

そんな流れが変わったのは、再建屋ことギル・アメリオ氏がCEOに就いてから。そして彼が再び招き入れた創業者のスティーブ・ジョブズ現CEOになってからは、iMacで息を吹き返し、iPodで躍進を果たし、そしてiPhoneでその存在感を不動のものにしました。

そして今日。うわさ通りのタブレット端末、iPadの発表。正直なところ、まだiPhoneも持ってないのでわからないところだらけですが、眺めているだけでもわくわくしてくるプロダクトなあたり、やっぱりAppleだなと思います。これからも楽しみは続きます。



posted by stonez | 2010.01.28 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。