網膜剥離の治療日記(発見から入院まで)

結局のところ、退院して自宅で静養をとった今(2006年2月末)になっても原因が分からないというのが何とも気持ちの悪いところですが、とにかく私の右目が網膜剥離になりました。まあそんなわけで、当時のメモと頭に残っている記憶を頼りに、治療の記録として留めておきたいと思います。では始まりです・・・

[2005年12月23日]
今日の天皇誕生日から3連休ということで、昨日までの忙しさはすっかり仕事場においてきて目覚める。休日はいつも朝早くに目覚めてしまう。平日の目覚めの悪さとのギャップが凄い。ただ視界にホコリのような糸くずのようなのがたくさん見える。目をキョロキョロさせると光が走る。まあ疲れが出たんだろう。明日になってもこんな調子なら眼科行ってみるか。とりあえず休日を楽しむ。

[2005年12月24日]
ゆっくりと遅い目覚め。疲れも取れて視界もはっきりだろう、と思いきや昨日とおんなじでゴミのようなのがたくさん見える。仕方ない。幸い土曜だし、電話して開いてる近所の眼科に妻と出かける。あれこれ検査と診察を受けると、先生は深刻そうに宣告。「右目が網膜剥離にかかっている」。寝耳に水。重病を告知されてる気分。紹介状を書くから入院の準備をしてこれから大学病院に行くように言われる。入院の荷物を抱え、妻の運転で大学病院へ。慌ただしいクリスマスイブ。

すっかり日も暮れた頃、大学病院・救急センターに到着。自分と同じくらいの若い先生に見てもらったところ「分かりにくいけど確かに穴あるね、いやぁ眼科の先生よく見つけてくれたねぇ」とコメント。大丈夫かなぁ。でもあの眼科に行ったのは正解だった。きっと名医に違いない。で、現在の状況から入院・手術が必要ということで週明け改めて来るよういわれる。今日は重い入院の荷物は不要だった。仕事先に状況を一斉に連絡、しばらく業務に支障が出ることを詫びる。残念無念。

[2005年12月26日]
朝9時。またもや入院の荷物を抱えて妻と大学病院へ。のちに自分の主治医となる先生の診察を受ける。剥離の具合から即入院ではないが、網膜剥離の原因となる複数の穴をレーザー治療でふさいでおこう、ということに。先生の外来が終わるのを2時間ほど待ち、緊張しながら処置室へ。さっそく分厚いレンズのようなものを右目に差し込まれ、緑色のレーザー光が走る。そして二日酔いの頭痛のような鈍い痛み。この痛みはしばらくやってきて深いな気持ちにさせる。ちょうど年末年始の時期に当たってしまっているので、これより年明けまで自宅にて静養。年明けの通院で、2月の入院を決定。入院までは仕事とその引継ぎに専念することができた。


posted by stonez | 2006.01.31 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 網膜剥離の治療日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。