網膜剥離の治療日記(入院9日目)

目覚めよく起床する。ってこんな書き出しできたの初めてかもしれない。問題の食欲はわずかばかり回復の兆し。のり佃煮ご飯がヒットし、半分まで食べられる。そして目の検査、順調。ここに来て初めて先生の口から「退院」の見通しが聞かれた。来週あたり卒業できるか。

お昼ご飯になるとまた食欲逆戻り。液体だけ摂取。と、そんなみじめな自分全開のところへ妻が叔母と叔父をともなって見舞いに訪れる。差し入れをたくさん頂く。叔父は血液のガンとも言われる悪性リンパ腫からのカムバックを果たした人。元気そうで、それが何より薬になった。自分も早く病院から出なくては。

今日は妻が産婦人科に検診に行った日。お腹の中の子供は着実に成長してきているようだ。そうこうして夕食の時間を迎えるが、食欲は相変わらず。あまりに悔しかったので妻に完食して頂く。せっかくのご飯がムダにならなかった喜び。この満足感からか、ここに来て初めて熟睡できた。但し深夜0時まで落語にハマってしまった。

○愛聴盤○
♪モーツァルト/ピアノソナタ第12番〜第15番
 爽やかな目覚めを昼まで持続させてくれる。心地良かった。
♪古今亭志ん朝/大山詣り、粗忽の使者、三軒長屋
 完全なミスだった。消灯した後に聴きはじめたのがいけなかった。
 やめとけばもっと寝られたのに。変な患者と思われなかっただろうに。


posted by stonez | 2006.02.10 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 網膜剥離の治療日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。