網膜剥離の治療日記(入院13日目・退院日)

いよいよ最後の朝。ほとんど眠れなかったのと右目のレーザーの余韻が残っていて頭が痛い。まあ眠れなかった日はいつもそうなんですが。ていうか、そういう日がほとんどだった。病院最後の朝食は、ことさらよく噛んで美味しく頂きました。あの時食べられなかったあの食事(おでん)やこの食事(豚肉生姜焼き)が走馬灯のように脳裏にうつる(笑) 食べ物の恨みですな。

そして目の検査、OK出ました。OK頂きました。仕事はゆっくり休養を取って慣らしてからがいいとのこと、今月はゆっくりお休みすることにします。目は一生モノ。何かあってからでは遅いです。自分のため、家族のためにのんびりします。

それから入院中に行っておきたいところがありました。そこは病院の屋上。検査の時の散瞳目薬(瞳孔をひらく)が効いていて、まぶしくてまともに見えなかったけど住宅街や丘の景色。おいしいとは言い難いけど新鮮な外の空気を胸一杯にすいこむ(むせる)。川崎の空気を喜んで味わったのは初めてかも。

退院の準備。だんだん実感が湧いてくる。表情に明るさが戻った妻がやってくる。半月ぶりにパジャマから普段着に着替える。病室の患者さん、看護師さんにお礼を言って病院を出る。久しぶりに見る景色、交通量の多い道路、抜けるような青空。何もかも新鮮に感じる。狭いくせに家賃は高いけど、今はそんな我が家が楽しみで仕方がなかった。


posted by stonez | 2006.02.14 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 網膜剥離の治療日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。