J.シュトラウスII/ワルツ「春の声」

IMG_1385息子が4歳になりました。先日から行き始めた保育園はまだまだ慣れないようで、ことあるごとにベソをかいてると聞きました。でもこれは、紛れもなく30年前の自分と同じなので時間が解決してくれるでしょう。ただ、お昼寝の時間は寝つけずに長いこと苦労するでしょう(笑)。

久しぶりに、カラヤンが最初で最後に登場した1987年のウィーンフィル・ニュー・イヤーコンサートのDVDを見ています。その中からワルツ「春の声」Op.410 を、キャスリーン・バトルの歌声と共に。

沈黙の冬が過ぎ去って、暖かいそよ風が吹きヒバリが飛び上がる春がやってきた喜びを歌い上げるバトルの、しなやかだけど力強い、情感たっぷりな歌声に癒されます。ウィーン・フィルの、自然体で楽しみながら演奏しているように感じられる雰囲気やテンポがまた素晴らしく、そして満足げなカラヤンの表情が何ともいえず微笑ましくていいですね。

終わり間際の、バトルとフルート&クラリネットの掛け合いが、魔笛のDVDで見たパパゲーノとの掛け合い(バトルはパミーナだった)とかぶって聞こえて、こちらも楽しめました。


posted by stonez | 2010.04.14 01:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 - 管弦楽曲
この記事へのコメント
はじめまして。
山口在住のMarioと申します。

息子さんも、保育園での生活に早く慣れるといいですね。
僕の娘も4月で4歳となり、この春から保育園の年少クラスに通っていますが、今までの生活パターンと変わったためか、夕方はグズグズの日が続いています。

カラヤンのニューイヤーコンサート、生中継のテレビで見たカラヤンの優美な指揮姿を思い出しました。最初で最後のニューイヤーコンサートとなったこの映像は、本当に貴重ですね。
Posted by Mario at 2010.04.15 00:40
はじめまして、ご来訪ありがとうございます!
さっそくMarioさんのブログを拝見させていただいたのですが、クラシック音楽、flickr、GRD2、4歳の子ども、そしてMacなどなど、共通点もりだくさんでとても親近感を感じます(^^

ところで、やはり保育園通い始めはグズグズになるものなんですね。徐々に慣れていって欲しいと思ってます。
カラヤンの1987年のニューイヤーコンサートは生では見られなかったので、こうしてDVDで楽しめるのはありがたいです。
Posted by stonez at 2010.04.17 01:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。