ヴィヴァルディ/協奏曲集「四季」より「春」

このところ桜もすっかり咲き誇り、いよいよ春の訪れを実感するようになってきました。が、それにひたることのない毎日。今ごろ徹夜で作業にあたっている人達もいるほどです。せめて子供が生まれる時くらいは見に行く時間が欲しいなぁ。

そんなわけですが、桜が散ってしまう前にこの曲をエントリーしたいと思います。ヴィヴァルディ作曲、協奏曲集「四季」より「春」Op.8-1。ヴァイオリンは鬼才ギドン・クレーメル、指揮クラウディオ・アバド/ロンドン交響楽団。iTMSより。

数あるクラシック音楽の中でも屈指の有名曲ですが、いろいろ聴いてみると演奏する人によって随分と表情が違っているものです。このクレーメル&アバド盤の「春」は、チェンバロは控えめで、主役クレーメルのヴァイオリンなど弦楽器の音色を最前面に押し出した艶やかな演奏。美しい夜桜を見るような風情があります。

第1楽章。歯切れのよい楽しいトゥッティ、そしてソロヴァイオリンとオーケストラの掛け合いは、鳥のさえずりのような対話に始まって、泉の流れ、轟くような春雷。でも場面がめまぐるしく展開されても、一貫して明瞭な旋律は損なわれていません。

第2楽章。犬のそばで羊飼いが居眠りする情景だそうですが、ビオラによる犬の鳴き声がなんとも可愛らしい。ヴァイオリンは息が長く、のどかで気だるい様子が伝わってきます。

第3楽章。静かな夜に物思いに耽りながら桜に見入る、そうまさに今みたいな感じ。バグパイプ風の音色の上にしっとり弦の音色が浮かび上がります。弦のふくよかさが本当に心地よく、それが安心感につながります。

写真は近所の桜並木。朝、少し早めに家を出て撮ったのですがケータイなのでこんなところです。
posted by stonez | 2006.03.31 01:17 | Comment(6) | TrackBack(1) | 音楽 - 協奏曲
この記事へのコメント
わぁ〜、綺麗な桜ですね♪
Posted by おさかな♪ at 2006.03.31 12:18
おさかな♪さん、どうもありがとうございます!
様子が伝わったようで嬉しいです〜。桜って写真に撮ろうとすると難しいものですね。おまけにケータイですからね(笑)
Posted by stonez at 2006.04.01 09:49
stonez様 こんばんは
残念ながら、このアバド氏の演奏は聴いたことがありません。手元に数枚「四季」CDはありますが、何故か古楽器演奏のものが多いのです。
私もまた近いうちに、「四季」を聴いてみたくなりました。
Posted by みー太 at 2006.04.02 22:13
みー太さま、コメントありがとうございます!
古楽器による「四季」も今回の演奏とは違った表情をもっていて素晴らしい演奏ですよね。私の住んでいるところでは、昨日の雨で桜は終わりかなという感じですが、久々に「四季」を聴いて更に春の訪れを実感しているところです(^^
Posted by stonez at 2006.04.03 07:35
この録音、冬の2楽章が初めて聴いたときすごくびっくりしました。クレーメルですから一筋縄でいくわけないですよね(笑)。
私は小沢盤でエントリです。
Posted by yurikamome122 at 2006.04.04 12:53
yurikamomeさん、コメントありがとうございます!
クレーメルの演奏はまだそれほど聴いたわけではありませんが、それにしましても印象に残る存在感ですね。おっしゃる通り、あれほどアップテンポで艶やかな冬の2楽章は私も初めてでした(^^ 小沢盤、是非聴いてみたいです。
Posted by stonez at 2006.04.05 00:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15834929

この記事へのトラックバック

ビバルディ作曲、協奏曲集「四季」
Excerpt: 電話料が思ったより高く、よく請求書を見たら、ISP料が高い。問い合わせたら、IP電話から携帯にかけるときは0036を使ったNTT回線からより随分高くなるのだそうだ。よく勉強しないとけっこう損しているか..
Weblog: yurikamomeの妄想的音楽鑑賞とお天気写真
Tracked: 2006-04-04 12:54