ブラームス/交響曲 第1番

昨日からぐずついたお天気。仕事が相変わらずなのと、妻が出産に備えて先月から帰省しているので食生活が不規則で偏りがち。なので、余裕がある日は菜食でいくことに決めました。今日はチャーシューなしのラーメンで(?)

さて、こんなモノトーンな日には、静かに目を閉じてブラームス。交響曲第1番 ハ短調 Op.68。ハンス・マルティン・シュナイト指揮/神奈川フィルハーモニー管弦楽団。

ブラームスが着想から実に21年も費やして丹念に作りあげたこの交響曲。バッハ、ベートーヴェンに次ぐ「ドイツ3大Bだ」とか、「この曲はベートーヴェンの第10交響曲だ」と言ったのは当時の指揮者ハンス・フォン・ビューロですが、確かにそれだけの存在感、熱意を感じられる音楽といえます。

シュナイトさんと神奈川フィルによる演奏は、そんなこの音楽の持ち味を存分に引き出すような非常にゆっくりとしたテンポ。いくつか聴いたブラ1の中でも飛びぬけています。でも、これが鈍重にならないような響きを持った神奈川フィルの特性を知った上で、シュナイトさんは振ったのではないかと想像します。

第1楽章のティンパニの連打と緊張感溢れる弦楽器。重量感とともに悲壮感が漂よう一方で、第2楽章の優しい響き。コンマス石田さんのソロは細くてピンと筋の通った音色。もはや凪の世界。そしてアットホームな第3楽章。短いけど繊細でまとまりのあるハーモニーを充分堪能。終楽章、クララ・シューマンに捧げられたメロディは、落ち着いたこのテンポにこそ優しさがあります。そして今この瞬間を確かめるかのように、着実に感動的なフィナーレに向かって進んでいきます。

毎回同じことを言うようですが、生で聴きたかった・・・

posted by stonez | 2006.04.12 23:02 | Comment(8) | TrackBack(4) | 音楽 - 交響曲
この記事へのコメント
この演奏ってCDになっているんですね!
知りませんでした。

復活されたようですので、演奏会いかが
でしょうか?(ただです)
幣ブログの演奏会情報にて確認ください。。
いろいろ忙しいですかね?
Posted by kobaken3 at 2006.04.13 22:05
TB、コメントありがとうございます。このコンサートは本当にすばらしかったです。そして、ホールで響いていた音ももっと瑞々しく暖かみのあるものでした。この演奏が録音で損をしているのは残念なことですが、でもそれは差し引いても聴くところの多い録音であると思っています。今ここでシュナイトさんの演奏を聴けることを感謝したくなるほどありがたいと思っています。
Posted by yurikamome122 at 2006.04.13 23:36
こばけんさん、コメント&TBどうもありがとうございます!
このコンサートに行かれたんですか。羨ましい限りです!私も行きたかったのですが、CDからでも細かな音の粒がわかるような演奏で気に入っています。
お陰さまで私の体調は復活しました。そしてもうじき子供が産まれますが、折りを見てまたコンサートには是非行かせて下さいね。ブラームスのピアノコンチェルトに新世界、興味津々です。
Posted by stonez at 2006.04.14 00:47
yurikamomeさん、こちらにまでコメント下さりありがとうございます!
瑞々しくて暖かい。本当に羨ましいコンサートですね。ただ、今になって考えますと録音品質云々を言うよりは、こうしてCD化してくれたことにまずは感謝しなければと思います。前回の田園もそうでしたが、じっくりと聴き応えのある演奏、ずっと手元に残して大切にしたい演奏という点で、本当に得難いものがあります。そしてこれからも神奈川フィルのCDが発売されることを期待しています(^^
Posted by stonez at 2006.04.14 00:55
お久しぶりです。
ついに来ましたね、ブラームス一番!
ベートーヴェンの交響曲があれば交響曲を作曲する意味は無いと、ブラームスが20年以上も推敲に推敲を重ねた名曲中の名曲ですね!!

すごく好きな曲なのですが僕はまだ生で聴いた事がないんですよ〜(涙

あまり多くの演奏を聴いたわけではないのですが、ベートーヴェンとブラームスは小澤征爾さんの指揮がダントツでマイベストです!
ですが、シュナイトさんと神奈川フィルの演奏も聴いてみたくなりました♪
Posted by NAKAMA at 2006.04.14 00:58
NAKAMAさんご無沙汰しました、コメントありがとうございます。それから遅くなりましたが就職内定とのこと、おめでとうございます(^^
私も生演奏は未聴で、この演奏を聴くチャンスを逃してしまったのを後悔しています・・・ところで、小澤さんの演奏は曲それぞれの聴きどころのツボを押さえたところが魅力のように感じています。早く復帰されて生演奏を楽しめるようにと思っています(チケット高いでしょうね・汗)。どうもありがとうございます!
Posted by stonez at 2006.04.14 01:12
 遅れ馳せながら、ブラ1のTBをさせていただいたら、新しくシューマン1を発表されて居り、と同時にお子様ご誕生を知りました。おめでとうございます。
 昨日は、地元のローカルなコンサートを聴きに行ってきました。メジャーではありませんがライブの魅力をたっぷり味わえた1日でした。
Posted by アスカパパ at 2006.04.17 17:41
アスカパパさん、コメント&TBどうもありがとうございます!
まだまだ父親になった実感は少しずつという感じですが、子供の写真を見るたびに気持ちが引き締まるような緩んでしまうような変な感じです(笑)ところで、コンサートに行かれたとのこと羨ましく思います。私も機会があると市民オケのコンサートにも良く行かせて頂いていますが、音楽を奏でる喜びがこちらまで伝わってきて本当に快感です。落ち着いたら私もコンサートに行きたいです(^^ゞ
Posted by stonez at 2006.04.17 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『今日から始めるクラシック音楽002』
Excerpt: みなさん、こんばんは 今日は日記の様な更新が続きましたが、 そろそろシリーズ002を始めたいと思います。 ??今日は何位でしょうか??? クラシック音楽って 一旦好きになると、..
Weblog: **CADENZA 1897** @Classical music
Tracked: 2006-04-13 00:43

ブラームス / 交響曲第 1 番
Excerpt: さっそくクラブのおねーさんから営業メールが来ました。 全く記憶がないのですが、名刺交換してたみたい。 テンプレでしょうが、きちんと気を引くようなメールが打って あってすごいです。 まさにリ..
Weblog: アマオケ_ホルン日記
Tracked: 2006-04-13 22:06

シュナイトさんと神奈川フィルのブラームスの交響曲第1番
Excerpt:  本当に待たされたCDで、本当は去年の9月発売だったはず。それから苦節約半年、神奈川フィルのファンはガマン強いと思うんですよぉ。これがavexあたりのアイドル歌手のCDだったら暴動にもなりかねない事態..
Weblog: yurikamomeの妄想的音楽鑑賞とお天気写真
Tracked: 2006-04-13 23:36

ブラームス交響曲第1番
Excerpt: この曲は、ベートーヴェンの九つの交響曲に続く曲として「第十」とも呼ばれるのは周知の事実である。ベートーヴェンの前にハイドンやモーツァルトの曲が存在していたように、ブラームスの前にもベートーヴェンの曲が..
Weblog: アスカ・スタジアム
Tracked: 2006-04-17 17:31