J.S.バッハ/無伴奏チェロ組曲 第1番 [ヴィオラ演奏版]

最近なかなか更新できない日々が続いております。仕事の合間に報告書を作っていて、この一週間の勤務時間が70時間を超えたのを知りました。こんなことは本当に久しぶり。あと一か月が正念場なのです。

ところで今月誕生した息子ですが、先日出生届も無事に提出でき戸籍上でも家族の一員となりました。今週は帰れませんでしたが、週末実家に帰って会う度に顔かたちや表情が変わっていきます。最近は泣き声がたくましくなってきたので隣で寝ている両親に気を遣う、と妻がぼやいておりました。

今回はバッハ作曲のチェロ組曲第1番 ト長調 BWV1007です。とはいっても今回は趣向を変えてチェロではなく、今井信子さんのヴィオラによる演奏です。聴きたくても、日頃なかなかじっくり聴くことが難しいヴィオラ。でも瑞々しさと安らぎを合わせ持ったこの楽器本来の魅力が演奏を通して伝わってきます。まさしく伴奏は必要ありません。

原曲でのチェロのように、深く落ち着いていて電気を消してしっとり楽しみたくなるような味わいというよりも、穏やかな昼下がりに緑を見ながら聴くのにぴったり。しかも、お世辞にも美味しいとは言えない都会の空気も心地よいそよ風に変えてしまうような、空気清浄機みたいな音楽がそこにはあります。

もちろん、これを演奏している今井信子さんが名演奏家だということは承知ですが、こういった録音のようにヴィオラ独自の表情を私たちに伝えるために積極的に活動されていることにも、聴く側として喜びを感じます。

連休に実家に帰る車の中で、緑とそよ風を感じてゆっくり走りながら聴くのが今から楽しみです。
posted by stonez | 2006.04.30 23:52 | Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽 - 器楽曲
この記事へのコメント
いよいよ賑やかになってきましたね。新たな家族がきっといままで忘れていたことをたくさん思い出させてくれることでしょう。大変ですが楽しいことも多いと思います。ところでこの曲のヴィオラ版が発売されたのは知っていましたが、まだ聴いたことがないんです。いい演奏のようですね。今井さんは斉藤門下のビッグネームですから、特に斉藤先生はバッハがお好きだったので、今井さんもレッスンで散々ひかされて曲を知り尽くしているのかもしれませんね。その結果の名演奏なのでしょう。
Posted by yurikamome122 at 2006.05.01 16:02
yurikamomeさん、いつもコメント下さりありがとうございます。おかげさまで、少しずつ家族という存在を感じていますが、仕事が厳しい時などは励みになっています。
ところでこのCDは、最初チェロを聴きたくて手に取りましたが、ヴィオラというところにとても興味が湧いてきたんですね。演奏も期待通りでオクターブの高さを感じさせないですし、いつ聴いてもたちどころに安らいだ空間にしてくれます。なるほど、あの斉藤秀雄さんのお弟子さんなのですね。確かに細部まで違和感のない素晴らしい演奏でした。
Posted by stonez at 2006.05.02 01:20
家族が増えると嬉しいものですね。遅まきながらおめでとうございます。
我が家の息子たち3人も大きくなりましたが、小さい頃は手がかかりました。男の子はよく熱を出しますので、頑張ってください。
今井信子さんのヴィオラは素晴らしいですね。そもそもヴィオラの、押しつけがましくない、一歩引いた慎ましさが何とも云えません。この演奏もエエ音してますね。
Posted by mozart1889 at 2006.05.04 16:39
mozart1889さん、コメントどうもありがとうございます!
妻の実家に帰省していて遅くなりました。mozart1889さんがおっしゃる通り男の子は手がかかるようですね(笑)これから子育てしていく中で色々戸惑う場面に出くわすと思いますが、なんとかやっていければと思います。
ところで、ヴィオラの音色は確かに日本人によく合っているように思います。今井さんの演奏は美を感じさせる素晴らしい音色ですね。この慎ましさを楽しませてくれるような楽曲が他にもないか、楽しみながら探してみたいと思います。
Posted by stonez at 2006.05.07 23:39
こんばんは。
私もこのディスク持っていますが、いい味出していますよね。
清水直子さんのテレビ放送のときも、「何て素敵な音!」と感じましたが、日本人の中でも名手が増えてきたと思います。
(オケをきいていても、ヴィオラの首席奏者が素晴らしい音を聴かせるケースが多くなりました)
わたしにとっても大好きな楽器なので、ますます楽しみです。
Posted by romani at 2006.05.10 00:52
romaniさん、コメントどうもありがとうございます!
なるほど、私がコンサートでヴィオラの音色を気にするようになったのは最近ですが、確かに美しくて印象に残るフレーズなど多く楽しんでいる気がします。中音域をカバーするところも守備範囲の広さを感じさせてくれますし、私が今一番気になっている楽器の一つです(^^ゞ 清水直子さんのヴィオラですか、是非聴いてみたいですね。
Posted by stonez at 2006.05.11 01:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17243114

この記事へのトラックバック