サティ/太った木の人形のスケッチとからかい

Appleから新しいPowerBook、じゃなかった、MacBookが発売されましたが、久々私にヒットです。13インチワイドの黒、やばいです。先月の残業代でいけないこともないのですが、全然余裕ないし・・・って何ちゅう残業やねん(←ツッコミ)

それはさておき、今日はエリック・サティの誕生日です。思えば去年の今日もサティでエントリーしていました。それによると今年は生誕140年なのですね。今回もフィリップ・アントルモンのピアノで、短い3曲からなる曲集『太った木の人形のスケッチとからかい』です。

それにしても、名前からしてシュールですよねぇ。『太った木の人形のスケッチ』までなら辛うじてイメージが湧かないでもないのですが、いや聴いてもやっぱり湧きませんでしたが(笑)。2曲目の「やせた踊り」という名前もヘンです。太ったりやせたり。そもそも彼の曲にはそういうユーモラスな名前が多いですが、まあ曲名そのものにあまり捕らわれる必要はないのかもしれませんね。

曲の方はというと、日常と非日常の間ををふわふわ行ったり来たりしつつ、空気のように自然に耳に収まります。アントルモンの演奏は甘くて美しくて、フランス語のささやきみたいです。そして至るところに散りばめられたサティ流のパロディ。このあたりが『からかい』なんでしょうか。

3曲目の「スペイン」を聴いたとき真っ先に、”あっ、これシャブリエのスペイン”と思いましたがそれもそのはず、サティがドビュッシーやシャブリエのスペイン趣味を皮肉ったものなんだそうです。他にも1曲目の「トルコ風のチロル舞曲」では、モーツァルトのトルコ行進曲をもじっていて遊び心満点。

フランス系ピアノ曲はクセになりますね・・・
posted by stonez | 2006.05.17 22:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 - 器楽曲
この記事へのコメント
同じCDを持っています(というかサティのCDは殆ど持っていないんです)。
ジャケットがきれいで、ついつい買ってしまったのを覚えています。アントルモンの演奏も、ゆっくりで心地よいです。
サティの曲は、穏やかにのんびりと弾いてくれる方が有り難いので、結局このCDに戻ってしまうんです。BGM的な聴き方になってしまうこともあります・・・・・。イイ演奏ですね。
Posted by mozart1889 at 2006.05.21 05:45
mozart1889さん、コメントどうもありがとうございます!
遅くなりましてすみません(^^ゞ最近は仕事が火の車でして、家に帰ると息子の面倒をみたりとバタバタで今頃になってしまいました。確かに、雰囲気のある独特のジャケットですよね。サティというよりも、このデザインの印象の方が強いCDです(笑)
私は他の方の演奏は聴いたことがありませんが、アントルモンはゆったりと寄せては返す波のような弾き方をしてくれていますね。曲のイメージとよく合っているように思います。
Posted by stonez at 2006.05.23 22:48
フランスのまったりした曲って良いですよね・・・♪
赤ちゃんはすくすく育っているかな〜?
お身体、無理なさらないように^^。
Posted by おさかな♪ at 2006.06.03 21:49
おさかな♪さん、コメントありがとうございます!
このところご無沙汰してしまってすみません(^^ゞ
おかげさまでジュニアは元気に育ってます。欲張ってミルクを戻すまで飲む勢いなのが心配なくらいです(笑)おさかな♪さんもお忙しいようですが無理しないでくださいね!
Posted by stonez at 2006.06.04 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック