ラヴェル/マ・メール・ロワ

本格的に梅雨の季節到来。外では絶えず雨音がしている中、家では新米オヤジが息子を寝かせていますが、これが全然ダメで(笑)。抱っこして寝かせてもベットに移すところで起床!そしてまた抱っこして・・・1時間くらい繰り返したところで親も寝る時間になりました、おやすみなさい。

日曜日。またも暗くて外は雨。そんな日は、ラヴェル作曲の「マ・メール・ロワ」を。パスカル・ロジェとデニス・フランソワ・ロジェのピアノ連弾です。

マ・メール・ロワ、英語ではマザー・グース。音楽から伝わってくるこの童話は、底抜けに明るいおとぎ話ではなく、どこか神秘的で幻想的。ロジェたちの演奏は、連弾というのを忘れるほど息がぴたりと合っていて、しかも絵本のようにお話の風景が浮かびあがります。

「眠りの森の美女のパヴァーヌ」 呪いをかけられて眠ったままの王女のまわりを、宮廷に使える者たちがゆったりと舞っている様子。おだやかな子守歌。

「親指小僧」 貧しさゆえに森に捨てられてしまった親指小僧は、道標にとパンの屑をまいておくのだけど、小鳥たちに食べられてしまったというお話。ぐるぐる途方に暮れてしまう様子。気がつくと小鳥たちの鳴き声が。

「パゴダの女王レドロネット」 中国製の陶器の人形の女王が入浴を始めると、人形たちが木の実でできた小さな楽器を奏でる。中国の情緒たっぷりの軽快な音楽。

「美女と野獣の対話」 呪いで野獣に変えられてしまった王子と姫との対話。低音の野獣、そして高音で奏でられる姫とのコントラスト、甘くてちょっと切ないメロディ。愛が実った時、呪いは解けて美しい王子が現れる。

「妖精の国」 眠りの森の美女が王子のくちづけによって目覚めるところ。ラストに相応しく、暖かな輝きとともに祝福されて結ばれる。本当にラヴェルはピアノ一つでいろんな風景を作り出すなぁと感動。そしてロジェたちのピアノが繊細に彩ります。
posted by stonez | 2006.06.18 17:21 | Comment(4) | TrackBack(1) | 音楽 - 器楽曲
この記事へのコメント
こんにちは。ラヴェルはあまり聞かないのですが、この曲は元はピアノ曲だったのですね。
ピアノではまだ聞いたことがありませんが、
クリュイタンスの演奏による管弦楽の編曲版について書いたことがありますので、TBさせてもらいました。
Posted by at 2006.06.20 08:13
stonezさん
こんにちわ♪
すごく昔のコメントにお返事しそびれていたことに、今日気が付きました。
ごめんなさい!
http://blog.so-net.ne.jp/osakana2005/2005-08-22#comments
デス。
マーラー4番の感想、楽しみにしています♪

マ・メール・ロワは、ジュリーニさんのドボ8のカップリングに入っていたのを良く聴いています。
Posted by おさかな♪ at 2006.06.20 13:05
丘さん、こんばんは。コメントとTBどうもありがとうございます!
実は私は逆で、この曲のオーケストラ編曲版は未聴です(^^ゞ でも、オーケストレーションの魔術師と言われるラヴェルのことです、きっと名曲に違いないでしょうね。是非チェックしてみようと思います。さっそく丘さんのエントリー拝見させて頂きますね。
Posted by stonez at 2006.06.21 01:02
おさかな♪さん、コメントありがとうございます!それから、ご丁寧に以前のお返事までどうもですー(^^
そうでしたね、マーラーの4番。まだ感想を書いていませんでした。わりと手軽に入り込みやすい名曲、是非感想を書きたいと思います。おさかな♪さんのブログもちょこちょこ拝見しているのですが、改めてコメントさせてもらいますね!
Posted by stonez at 2006.06.21 01:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19465079

この記事へのトラックバック

ラヴェル 「マ・メール・ロア」全曲
Excerpt: ? ラヴェルは殆ど聴かない。 しかし、このブログの目的は・・・、否、このブログをなんとなく初めて しまったばかりに、あまり聴かない曲も聴いてみなければ、という状況 であり..
Weblog: 音に巡る想い
Tracked: 2006-06-20 08:08