ニューイヤー・コンサート1987

早くしないと店頭から消えてしまうかもと焦りを感じていた折、先日のyurikamomeさんのエントリーを拝見して即購入。カラヤンが最初で最後にウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートに登場した、1987年のライヴDVD。

私が興味を抱いたときには既にこのコンサートは終わっていましたし、残された時間も少なかったので私は一度も見ることができませんでした、動くカラヤン。もう届いたその日のうちに目を皿のようにして即鑑賞!さすが全てをプロデュースしてきたカラヤン、身振り手振りから風貌に至るまで実にダンディ。

その上、カラヤン自身が過剰に愛想を振りまかないスタイルや(体調?)、自身が直接こだわったという乗馬やバレエの映像、そして何よりもとろけるほどロマンティックで上品なワルツやポルカをウィーン・フィルから引き出している様子が、このコンサートの近年の映像しか知らない私には新鮮に映ります。

だからこそ「雷鳴と電光」の最後でおどけながら撃たれる仕草をしたりとか、「常動曲」が繰り返しに入ったところで、鼻をつまんでから『あー、もうたくさん』と捨て鉢に手を払いのけたりするような、数少ない演出が効果的に生きてくるのですね。むむ、さすが。

とにかくうっとりするような「天体の音楽」や「皇帝円舞曲」など言うに及ばず、「ジプシー男爵」ですら官能的に聴こえます。「こうもり」だって流れるような美しさ。終わった後の『どうだね』という得意げな表情は、同じこの曲をテンポを自在に揺らしながら、精悍な響きを追求していたオザワの迫力とはまるで対照的なのでした。

それから、なんといっても良かったのがキャスリーン・バトルが登場して歌い上げた「春の声」。ただただ鮮やかなコロラトゥーラ・ソプラノに聴き入るばかり。しかも圧倒的なのに重たくない。まさに素敵というほかありません。何度も彼女を優しく見つめるカラヤンを見ていると、こちらまで微笑んでしまいます。

最後はカラヤンが音をつまみ上げるようにして始まるきらびやかな「美しく青きドナウ」に「ラデツキー行進曲」と贅沢三昧のフルコース、美味しく頂きました。一時代を象徴する映像、見た甲斐ありました(^^
posted by stonez | 2006.06.28 00:36 | Comment(8) | TrackBack(2) | 音楽 - その他楽曲
この記事へのコメント
これは優雅でいいですよね。カラヤンにかかるとウィンナ・ワルツもまるで交響詩のようなスケールを持つようです。年月が経ってもやはりすごいと思わせるものがある彼の演奏は、きっと皆が言うほど空虚なものではなくて、彼自身の真実があったのでしょうね。
素晴らしい演奏会の記録ですね。
TBありがとうございました。
Posted by yurikamome122 at 2006.06.28 06:43
yurikamomeさん、さっそくのコメントどうもありがとうございます。
本当に、近年見たことがない優雅な独特の世界は時間が経っても色褪せないものがありますね。yurikamomeさんが仰る交響詩のようなスケールの大きさにも納得です。この録画は歴史的な一コマとしても貴重な記録だと思います。ありがとうございます!
Posted by stonez at 2006.06.28 07:12
こんにちは。写真を見て思わずTBしてしまいました。カラヤンの映像はいくつか手持ちにあるのですが、これは最もカラヤンらしからぬ、最高の作品だと思っていました。良いものは本当に感動しますね!
Posted by ご〜けん at 2006.07.01 23:35
これはまさに、この長く続いているコンサートの中でも、エポック・メイキングな年でしたね。
TV放送だけだというのに、いまだにはっきりと覚えていますもの…
Posted by ensemble at 2006.07.02 19:01
こんばんは。
このニューイヤーコンサート、良かったですねぇ。
カラヤンが亡くなる2〜3年前になって初めて実現したわけですから、ほんとに貴重です。
ただ、ベルリンフィルとの関係が少し微妙になり、替わってウィーンフィルと蜜月になってきた頃なので、ある意味ではベストな時期なのかも知れません。
Posted by romani at 2006.07.02 19:28
ご〜けんさん、初めまして!コメントとTBどうもありがとうございます。もはや一つのコンサートの記録映像にとどまらず、一つの作品として仕上がっているという印象がありますよね。きっと時折見せるおちゃらけぶりがカラヤンらしくないのですよね(^^ゞ 良いものみたなと思います。
Posted by stonez at 2006.07.03 01:01
ensembleさん、コメントありがとうございます!
ensembleさんのブログでも以前拝見しましたが、このコンサートとクライバーのコンサート、それから小澤さんのものが比較的皆さんの印象に残っているようですね。私としては、今度はクライバーのものを聴いてみたい気がします。
Posted by stonez at 2006.07.03 01:03
romaniさん、いつもどうもありがとうございます!
本当にカラヤンの最晩年ということですよね。演奏の様子を見ていて、団員たちの表情やカラヤンの表情を見ていても信頼関係があることを伺わせる場面もありましたので、そういう意味でも充実した演奏会だったということでしょうね。本当にリアルタイムで見たかったですが、こうして録画が楽しめただけでもよかったと思います(^^
Posted by stonez at 2006.07.03 01:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19946440

この記事へのトラックバック

カラヤンのウィーン・フィル、ニュー・イヤー・コンサート
Excerpt:  87年にカラヤン指揮のニュー・イヤー・コンサートがあってそのビデオをアイロンがけしながら見ていたんですよ。  いやゴージャスで、これ以上ないくらい退廃的で、ロマンティックな演奏。J・シュトラウスの..
Weblog: yurikamomeの『シンドラーのリスト』提出した?ただ安くしろったってそうはいかない
Tracked: 2006-06-28 06:43

カラヤンの1987年 New Year's Concert
Excerpt: HMVのお気に入りに入れていたDVDが急に1700円台になったので購入しました。 我が家のNew Yearライブラリでも一番古い映像として、また唯一のカラヤン指揮によるもの、そしてキャサリン・バト..
Weblog: ご〜けんのAudio &Classic
Tracked: 2006-07-01 23:26