神奈川フィルハーモニー管弦楽団 第228回定期演奏会「響きのポートレイト」

<日時・場所>
 2006年7月9日(日)
 横浜・みなとみらいホール

<演奏>
 指揮:広上 淳一
 ピアノ:弘中 孝
 神奈川フィルハーモニー管弦楽団

<曲目>
 ※故佐藤功太郎氏の追悼演奏
 グリーグ/2つの悲しい旋律 より「過ぎた春」

 ハイドン/交響曲第60番「うっかり者」ハ長調
 モーツァルト/ピアノ協奏曲第26番「戴冠式」ニ長調
 エルガー/創作主題による変奏曲「エニグマ」


「響きのポートレイト」。今回の演奏はまさにその通りでした。もちろん一番最初のグリーグは急遽、神奈川フィルの元主席指揮者でもあった故佐藤功太郎さんへの追悼として演奏されたわけですが、心のこもった弦の澄んだ美しさは、それすら一枚のポートレイトとして心に残るものでした。

で、プログラムに入ってまずはハイドンの「うっかり者」。終楽章でオケが突然チューニングを始めてしまうというこの音楽。もう期待以上に楽しませてくれました。序奏のあと突如ヴァイオリンがキコキコやりだし、指揮者の広上さんは楽譜を持ち上げてアタフタ、コントラバスは弓を振りながらプンプン、そういえばファゴットをブンブン振り回している方もいたような。私の隣の席の人はそこでむっくり起き上がりました。そんな中コンマスが立ち上がって、慌てたフリでチューニングを開始!それが終わると平然とスイッチが切り替わって、驚くほど充実した演奏に戻っていく。もちろんその「イベント」だけでなく、全体を通してハイドンはこんなにも生き生きと躍動するのか、ということに目からウロコでした。

続いて「戴冠式」。モーツァルトの晩年に作曲された晴れやかな名曲も、神奈川フィルにかかるとふっくらとしていて温かみのある表情になっていたのが印象的。それに乗って、ピアノの弘中さんは滑らかなタッチで誠実にモーツァルトの世界を紡ぎ出していきます。演奏後しきりにオーケストラを立てていらっしゃったところに、これまた温かい人柄を感じたのでした。

最後はエルガーの「エニグマ変奏曲」。これは本当に凄かった。一つ一つの変奏がまるで違った表情で迫ってきます。挙げだしたらキリがないのですが、第9変奏は鳥肌がたつほどの穏やかさでしたし、第12変奏の本当に優しいチェロの音色から、打楽器や果てはパイプオルガンまで入って大団円を作り上げる極上の第14変奏をはじめとして、ダイナミックレンジの広いことといったらありません。肌で感じるといいますか、腕に直接ビリビリ振動がきたことに驚き。それまでCDで聴いていただけでは、ここまで凄まじい起伏に富んでいたことに気がつきませんでしたし、パイプオルガンが登場することすら知りませんでした。

そんなわけで、どのポートレイトも神奈川フィルの底力を楽しむのに十分でした。そしてそれを引き出しつつ魅せてくれる広上さんの指揮も素晴らしかったと思います。最後に、コンサートの後に楽しい時間を過ごさせて頂いた皆様に感謝です。本当にどうもありがとうございました!
posted by stonez | 2006.07.10 22:43 | Comment(8) | TrackBack(1) | 音楽 - コンサート
この記事へのコメント
こんばんは。なぜかみなとみらいにいたカンナです。おじゃまさせていただき、ありがとうございました。このエントリーもまたエニグマのよさが'ビリビリ'伝わってきて、orz(笑)。
当方のブログ閉店しましたが、今後ともよろしくお願いします。
Posted by カンナ at 2006.07.10 23:03
昨日はほんと楽しかったです!
音楽とか音楽とか車とか音楽とかいんたーねっつとか音楽とか音楽とか音楽とかMacとか音楽とかMacとかMacとか…もう最高ですね。ありがとうございました。

カンナさん、元気出して(笑)
Posted by petite-tomo at 2006.07.11 00:20
カンナさん、コメントありがとうございます。また、先日はどうもありがとうございました!ブログ閉鎖は驚きましたが、お元気そうでよかったです。
それにしても、いつもの通り文章にしてみると何だか分かりづらくなってしまいました。お褒め頂き恐縮です。またコンサートでご一緒しましょう!
Posted by stonez at 2006.07.11 07:20
ぷちともさん、コメントありがとうございます!楽しいコンサートでしたね。確かに音楽だけでなく車(もありましたね)にMacに、ていうかMacなお話は尽きないですね。盛りだくさんというのはこの間みたいなことを言うんじゃないかと思いました。大満足です。またご一緒できるのを楽しみにしています!
Posted by stonez at 2006.07.11 07:25
先日はお目にかかれて光栄でした。リアル・Stonezさんをご存じない方、氏はとってもナイスガイですよ!こんどはもっとゆっくりいろいろお話いたしましょう。こんどともどうぞよろしくお願いします。
Posted by kyoko@epoch at 2006.07.11 09:26
とっても楽しかったですねぇ。あそこまであってコンサートですよね。またぜひご一緒しましょう。
今度サマーミューザ、いかがです?。ヴェルディのレクイエムですよ。
TBありがとうございました。またぜひご一緒致しましょう。
Posted by yurikamome122 at 2006.07.11 11:45
kyokoさん、コメントどうもありがとうございます!
こちらこそ、お目にかかれて光栄でした。といいますか、そんなお褒めのお言葉を頂いてしまい、お恥ずかしい限りです(^_^;) それにしても、素晴らしいコンサートでしたね。またお会いできるのを楽しみにしています!
Posted by stonez at 2006.07.11 23:16
yurikamomeさん、こちらにもコメントをありがとうございます!
こういうコンサートの楽しみ方は、一番の贅沢というものですよね。またぜひご一緒していただけると嬉しいです。と、サマーミューザはもう今月末なのですね。家族で外出の予定が入っております・・・(^_^;)でも、また近いうちにご一緒できるのを楽しみにしております!
Posted by stonez at 2006.07.11 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20591381

この記事へのトラックバック

神奈川フィルハーモニー管弦楽団 第228回定期演奏会『響きのポートレート』
Excerpt: 第228回定期演奏会       『響きのポートレート』 2006年07月09日(日)            14:00 開演 横浜みなとみらいホール    指揮:広上淳一 ..
Weblog: yurikamomeの『妄想的音楽鑑賞とお天気写真』
Tracked: 2006-07-11 11:45