ラヴェル/弦楽四重奏曲

夕方の地震にはびっくりしました。でも海沿いの高層階が不安になるほどでなくてホッとしています。

さて、8月も今日で終わり。写真のように赤や黄色に色づいた木々を目にするようになり、まだ暑いながらも徐々に秋の気配を感じるようになってきました。

今日は近頃のお気にいり、ラヴェルが27歳の若さで作曲した、彼の生涯で唯一の弦楽四重奏曲 ヘ長調です。カルミナ四重奏団による1992年の録音から。

「オーケストラの魔術師」として名高いラヴェルが室内楽を作ったらどうなるか。非常にそそられましたが、その期待を裏切らないシンフォニックで聴き応えのある作品です。心地よい気だるさと、そこからにじみ出る色彩感が美しい一方で、感情が突出するような迫力もあり、そこには室内楽という枠を越えたラヴェルの魅力が詰まっています。

第1楽章はどこか懐かしくて、ずっと聴いていたくなる美しく切ない旋律。こんな場面でのビオラは憂いがあって素晴らしい。第2楽章ではそれまでの甘美さは引き継がれつつ、情熱の舞を見ているかのような小気味よいピチカートに魅了されます。

第3楽章はゆっくりと、静かに物思いに耽るモノトーンの世界。ふいに沸き起こる感情の発露は、ラヴェルらしい見事な表現です。それが消えるように終わるや否や、全楽器のユニゾンによる大胆な跳躍で第4楽章に。やがて冒頭のテーマが優雅に現れて、活気に満ちた終わりを迎えます。

カルミナ四重奏団は、1984年に結成された実力派カルテットだそうですが、この演奏は彼らの息遣いまでが聴こえてくるほど臨場感たっぷり、そして起伏に富んだこのラヴェルの世界を生き生きと華やかに表現しています。
posted by stonez | 2006.08.31 22:35 | Comment(8) | TrackBack(2) | 音楽 - 室内楽曲
この記事へのコメント
こんにちは。トラックバックありがとうございました。次第に涼しくなり、いい季節になってきていますが、写真の紅葉、いい色ですね!
ラヴェルの弦楽四重奏曲、ときどき取りだして聞いています。新鮮です。
Posted by narkejp at 2006.09.03 13:03
こんばんは。
いい曲ですね。
私も大好きです。
ラベルって、いい意味の天才職人肌の人で、まさに「音楽の達人」だと思うのですが、それでもノイローゼになるくらい悩みが多かったといいますから、凡人には分からないものです。(笑)

あと、既にお聴きになっているかもしれませんが、ヴァイオリンとピアノの為の二重奏曲やピアノ三重奏曲も、お洒落でほんとに素敵な曲ですよ。
Posted by romani at 2006.09.03 23:51
narkejpさん、コメント&TBどうもありがとうございます!
あまり植物に詳しくないのですが、このところ妙に紅葉を感じる風景でした。これから音楽にはぴったりの季節ですね。ラヴェルですが、narkejpさんのブログを拝見して納得しました。この音楽の魅力を簡潔に指摘されていてとても参考になりました。私も折りに触れて聴きたくなる音楽だと思います(^^
Posted by stonez at 2006.09.04 07:10
romaniさん、コメントどうもありがとうございます!
やはり天才も悩みを抱えたりするものなんですね。そういえば、才能が認められつつもドビュッシーが受賞したというローマ大賞がどうしても受賞できなかったと、本で読みました。この音楽やボレロなどを聴いていると、繊細で神経質な様子を想像してしまいます。
ご紹介いただいた音楽はまだ未聴なので、是非聴いてみたいですね。楽しみです(^^ さっそくチェックしてみます、ありがとうございます。
Posted by stonez at 2006.09.04 07:21
前から気になっていた曲だったのですが、stonezさんのエントリーを読んで、ますます聴いてみたくなりました^^♪
Posted by おさかな♪ at 2006.09.06 20:22
おさかな♪さん、コメントどうもありがとうございます!
なかなか伝える文章が苦手なので、そう言ってもらえるのはうれしいですねー(^^ゞ 私はブログをやっていなかったら聴いていなかったかもしれないのですが、隠れた名曲だと思います♪
Posted by stonez at 2006.09.06 22:35
stonezさん、おはようございます。
カルミナ四重奏団の演奏でこの曲を聴きました。
精緻な演奏で驚いています。ラヴェルの面目躍如たるこの曲を素晴らしいアンサンブルで聴かせてくれました。
録音も良いですね。
Posted by mozart1889 at 2007.06.07 06:28
mozart1889さん、いつもありがとうございます。古いエントリーですがコメント頂けて光栄です(^^ゞ
精密なオーケストレーションと巧みな音響効果のラヴェルがつくった室内楽曲は、やっぱり精密で斬新で面白かった、そんな感じですね。カルミナ四重奏団の演奏も精密そのもの、音質の良さと合わせて時々楽しんでます。ありがとうございます。
Posted by stonez at 2007.06.07 21:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23080086

この記事へのトラックバック

通勤の車中ラヴェル「弦楽四重奏曲」を楽しむ
Excerpt: ここ一週間ほど、通勤の車中でラヴェルの弦楽四重奏曲を聞いている。例のブックオフ全集分売CDのうちの一枚。ヌオーヴォ・クァルテットのこの演奏(GES-9245)は、1985年4月にフィレンツェ近郊のルフ..
Weblog: 電網郊外散歩道
Tracked: 2006-09-03 13:05

ラヴェルの弦楽四重奏曲 ヘ長調 カルミナ四重奏団
Excerpt: 蒸し暑い一日でした。夏です。けだるい風も吹きました。 そんな日にラヴェルを聴いてます。 ラヴェルの弦楽四重奏曲ヘ長調。 カルミナ四重奏団の演奏。 1992年2月、ドイツのヴァン・ゲース..
Weblog: クラシック音楽のひとりごと
Tracked: 2007-06-07 06:26