祖父、旅立つ

IMG_6100

10月30日朝、祖父がこの世を去った。88歳だった。今年1月5日に入院してから10か月あまり、献身的に支えてくださった病院の方々には感謝するばかりだが、祖父も懸命に頑張ったと思う。母と祖母も毎日よくお見舞いに行った。祖父を看取ることができたが、最期は随分と安らかなものだったと思う。その後は慌ただしく通夜、告別式を終えた。

早くに自分の父が他界してからは、祖父は父親代わりだった。自分が故郷に帰って居を構え、新しい仕事への転職を決めたことをとても喜んでくれた。そしてこれからというところだった。ただ、祖父自身や祖父の残したものは、これからも自分の中に生き続けることだろう。


posted by stonez | 2011.11.03 23:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | 写真 - 家族
この記事へのコメント
お悔やみ申し上げます。
孫が帰郷し居を構え、曾孫を抱き、88歳での大往生、安心しての最期だったのではと思います。
Posted by narkejp at 2011.11.04 06:29
お悔やみを申し上げます。
narkejpさんの言われるとおり晩年は幸せに暮らせての大往生ですね。
戦争で苦労されてもここまで長生きされた運の強さをstonezさんも受け継がれることでしょう。
Posted by よし at 2011.11.05 10:38
narkejpさん、どうもありがとうございます。
確かにホッとした部分はあるのかもしれませんね。しかも息子の七五三のお参りをさせてくれた直後だったので、色々感じるところです。回り道しましたが、故郷に根をおろせたことは良かったと思います。
Posted by stonez at 2011.11.06 00:10
よしさん、どうもありがとうございます。
祖父が戦争で体験した手記を読んだのですが、色々乗り越えて生きて帰ってきてくれたからこそ、今自分がいる、と考えると感慨深いものがありますね。平和な時代に生きられるのは、ありがたいことですね。
Posted by stonez at 2011.11.06 00:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。