金魚鉢

IMG_9346

怒濤の数日間が過ぎて、最初の週末を迎えた。弔問にいらしたお客様への挨拶で実家に顔を出したのを除けば、のんびり過ごした。やったことといえば、Amazonから届いたブラームスの弦楽四重奏曲全集(プラハ弦楽四重奏団)と、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲(諏訪内晶子のコンクール優勝記念ライブ)を聴いて、金魚に餌をやり、そしてひたすら昼寝したことくらいだろう。

祖父の葬儀を思い返してみると、確かに義父が言っていたように「祖父の人柄がにじみ出たいいお葬式だった」と思う。いただいた弔辞や弔吟から、祖父がどんな人だったのか、どんな人生を歩んできたのかが少し分かったような気がする。新たな発見もあった。

祖父が生前によく「生涯学習」を口にしていたが、その通り、詩吟の指導から薪割りや屋根の補修に至るまで、最後まで現役だった。やはり一時は死を覚悟した戦争での体験や、復員後に水害に遭ったことなどが人生観を変えたのだろうか。20年くらい前に祖父が書いた戦争体験の手記が残っているので、落ち着いたらじっくり読んでみたい。


posted by stonez | 2011.11.06 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。