ギャップレス再生とクラシック

最近は家庭の事情もあって、平日に聴く音楽はiPodとイコールです。それこそ持ってるCDをごっそり持ち出せるので満足ですし、圧縮データとはいえ音質もまあ問題ありません。ただ一つ、CDで聴くのと違いトラックとトラックの間に「すき間」が入ってしまうことがネックでした。それはクラシック音楽でいうと、楽章と楽章の間だったりするわけです。

例えばベートーヴェンの「運命」を聴いたとき、盛り上がりながらそのまま終楽章に突入するところで一旦「プツ」と切れてしまいます。仕方なく今は3楽章と4楽章のトラックをくっつけています。他にもシューマンとかシベリウスとかムソルグスキーとかショスタコとか、結構あります。初めて聴く音楽が切れてることもザラです。

それが、今回発表されたiPodとiTunes7で解消されました。無償のiTunes7はダウンロードしてさっそく浸りました。ただ、主役のiPodは最近の製品以降でないといけないので、いずれ買い替えたいなあと…。全面液晶iPodがまだ登場してないのが悩ましいところです。

とにかく、今回Appleが発表したあれこれは音楽を携帯するだけにとどまらない、楽しみ方の幅と深さがどんどん開拓されています。今後が楽しみです。

posted by stonez | 2006.09.21 22:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | いろいろ
この記事へのコメント
ほんとこれはもう待ちに待った、ありがとうアップル!てなもんです。あの楽章の間の「プツ」はかなーりネックでしたからねえ。いやスバラシイですね。わたしは iTunes のライブラリ 20GB 超えちゃってるし、外ではクラシックはあんま聞かないので今は iPod にクラシックものは入れてないんですがね。でもこうなってくると新しい iPod が欲しくなってくるような…笑
Posted by petite-tomo at 2006.09.22 06:46
おはようございます。
そうなんですか、「ぶつ切れ」が解消されるんですか・・・。マーラーの9番など、トラックが多すぎて、そのたびに音が切れて興ざめだったんです。新しいiPod・iTunes7・・・・・う〜む・・・欲しくなりました。
ああ物欲(^^ゞ
Posted by mozart1889 at 2006.09.23 04:14
ぷちともさん、コメントどうもです!
そして、アップルはやってくれますよね。私のiPodは20GBですが、確かに足りなくなってきました。私の場合はクラシックを残して、他の音楽とか落語とかを外したんですが、先週やむなく一時的にベートーヴェンを外しました(涙)・・・これでムービーとか入れはじめたらキリがなくなりますねぇ。新しいの買いたいですねぇ(笑)
Posted by stonez at 2006.09.23 11:44
mozart1889さん、ありがとうございます!
まだ未聴なのですが、私のiPodにもマーラーの9番入っていますが、これもそうだったのですか(^^ゞ いちいちトラックをつなげたりするのも面倒ですが、こういうことがありますものね。基本的に必要な機能だったと思います。やはり買い替えたくなってしまいますね(笑)。
Posted by stonez at 2006.09.23 12:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック