ブラームス/ピアノ協奏曲 第2番

あのバテるような暑さが過ぎ去り、今度は仕事が盛りあがってきました。そのうえ私は元々筆不精でした。などと言いつつ油断している間に一週間以上経ってしまいましたが、それはそれとして秋の醍醐味であるブラームスいってみましょう!

ブラームス作曲、ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 Op.83。ピアノはスヴャトスラフ・リヒテル、ロリン・マゼール指揮、パリ管弦楽団による録音から。あのリヒテルがまだ50代と若く、マゼールに至ってはまだ39歳という1969年の録音から。

まず協奏曲にしては珍しい4楽章構成ということと、ブラームスにしては明朗(笑)で軽やかで饒舌。とっても親しみやすいのですが、それはブラームスが風光明媚なイタリアを旅したときに着想を得たからでしょうし、ソリスト主導ではなくオケと対等で重厚な協奏曲を目指したこととも関係がありそうです。その甲斐あって心地よい音楽に気軽にじっくり浸れる、この喜びです。

アルプスから降り注ぐようなホルンに始まって、まるで交響曲みたいに存在感のある響きの第1楽章。そして第2楽章は強い情熱がピアノから、弦から、そして管から伝わってくるスケルツォ。そして一転、チェロとピアノのためだけに与えられた穏やかであたたかい第3楽章。諦観すら感じるアンダンテの調べ。これが聴けることがこの音楽の魅力でもあります。そして第4楽章は軽やかに弾んで踊るピアノとオーケストラ、本当に楽しそう。そしてそれが充実したクライマックスを導きます。

これまで聴いたいくつかの演奏では、勢いの出るオケに負けまいとするからなのか、ピアノが強くて力みすら伝わってくるような印象がありました。でもリヒテルは自然体というか、オケと共存している感じで聴き心地よく、ブラームスが意図したものに近いんじゃないかと想像します。マゼールのオケも、そしてチェロもこの対話を心から楽しんでいるように感じられます。
posted by stonez | 2006.09.29 20:00 | Comment(12) | TrackBack(2) | 音楽 - 協奏曲
この記事へのコメント
この演奏は、今聴いても大変面白い演奏ですね。LP時代からずっと聴いているんですが、リヒテルの余裕というか、マイペースというか、貫禄のピアノが素晴らしいですし、まだ若かった(だからいろいろ好きなことをやっていた)マゼールのヤル気も面白いです。
スタンダードな名演ではないかもしれませんが、人に勧めたくなる演奏ではあります。
Posted by mozart1889 at 2006.09.30 08:52
ブラームスって、交響曲以外も素晴らしいですよね♪
今日は、ブラームスのバイオリンソナタのCDを購入しました。これから帰って聴くのが楽しみです。(筋トレしながら・・・?)
Posted by おさかな♪ at 2006.09.30 19:08
仰る通り、ブラームスの協奏曲はまるで交響曲を聴いているように、私にも聞こえます。格調が高いですね。ブラームスは。
Posted by アスカパパ at 2006.09.30 19:55
昔から名盤と謳われたバックハウス/ベームが
何故かしっくりせずに、ゼルキン/セルとゲザ・アンダ/フリッチャイが気に入っています。
リヒテルも一度聴いてみたく思いますね。
Posted by at 2006.10.01 14:20
mozart1889さん、コメントとTBありがとうございます。
そうですよね、マイペースという表現がぴったり来るように思いました。リヒテルの演奏録音はなかなか聴く機会がありませんでしたが、この演奏で興味が湧いてきたところです。若い頃のマゼールもいい感じですね(笑) この音楽は是非色々な演奏できいてみたいところです。さっそくTB頂いたこの演奏のレビュー楽しませて頂きますね(^^
Posted by stonez at 2006.10.01 23:22
おさかな♪さん、コメントありがとうございます。
ブラームスのヴァイオリンソナタ、いいですね。私は第1番「雨の歌」のあたたかくて、どことなく懐かしいようなところが大好きです。ところで、筋トレの具合はいかがですか〜、エントリ興味深く読ませてもらいました。私も見習いたいですー(^^ゞ
Posted by stonez at 2006.10.01 23:28
アスカパパさん、いつも感謝いたします。ありがとうございます。
このところは、ブラームスのあの聴けば聴くほど味の出てくる感じに病みつきになってしまっています(笑)。ブラームスはこの協奏曲以外にも、まるで交響曲を編曲したのでは、と思えてしまう充実した音楽が多い気がしますね。TBもどうもありがとうございます!
Posted by stonez at 2006.10.01 23:32
丘さん、いつもどうもありがとうございます!
実は色々とエントリを拝見させて頂いて、バックハウスとベームの演奏が定番・名盤と言われていることが分かってきましたが未聴なので、是非聴いてみたいところです。ただ、丘さんご推薦のゼルキンとセルの方がより興味深いですね(^^ 私は他にはギレリスとヨッフムを聴きましたが、若干ピアノが強い気がしました。
Posted by stonez at 2006.10.01 23:39
こんばんは。
この曲いいですよね。
ブラームス、イタリア、太陽、そんな連想が浮かんできます。

このリヒテルの演奏、ちょっと他では聴けないようなスタイルの名演奏だと思います。
リヒテルの音楽の摑まえ方の巨大さと、マゼールの表現意欲と、音色の種類が際立って多いパリ管。一見全く合いそうにないんですが、これが不思議な魅力を生んでますよね。

ところで、バックハウス&ベームの演奏は、私のなかでも永遠のスタンダードの1枚ですが、とくに3楽章の独奏チェロはこれが一番のような気がします。
ピアノ自体は、シューリヒトと組んだモノラル盤のほうがいいと思うのですが・・・。
Posted by romani at 2006.10.02 23:23
romaniさん、どうもありがとうございます!
この音楽には、他のブラームスの音楽とは違った饒舌な雰囲気がありますね。とにかく鼻歌でも歌えるところが珍しくて魅力のように思います。イタリアと太陽も、とても納得です(^^ゞ
このリヒテル&マゼール盤は私にとっての最初かつデフォルトですので、他の演奏を聴く際の基準になると思いますが、確かにリヒテル、マゼール、パリ管という組み合わせは一見不自然な気がして(笑)面白いのですが、聴き心地のいい演奏ですね。今度の一枚は迷いますね、3楽章の素晴らしさをもっと聴きたい、ということも考えたりしますとバックハウス&ベーム盤は避けて通れない感じがしますね。
Posted by stonez at 2006.10.03 23:55
そうそう、夏があんなに暑かったのに。。。
stonezさんのお仕事がはかどっていて、嬉しいです^^!
Posted by おさかな♪ at 2006.10.07 19:35
おさかな♪さん、どうもありがとうございます〜!
おかげさまで、仕事はなんとかおさまってます(^^。ところで私の周りでは風邪が流行っていますので、おさかな♪さんも体調ご自愛下さいね。私は風邪ひかない体質のようです(笑)
Posted by stonez at 2006.10.09 10:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24623657

この記事へのトラックバック

リヒテルのブラームス ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 マゼール/パリ管
Excerpt: 昨晩からDoblogが重くて更新不能でありました。 今は復旧したようですが、サーバーのダウンなのか、よくトラブルが起こっているようです。 さて今日はブラームスのピアノ協奏曲第2番変ロ長調 op..
Weblog: クラシック音楽のひとりごと
Tracked: 2006-09-30 08:47

ブラームス/ピアノ協奏曲第2番変ロ長調作品83
Excerpt: ドヴォルザークのチェロ協奏曲を聴いた後で、ブラームスのピアノ協奏曲第2番を思い出した。LP盤時代に、カラヤン指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団/ハンス・リヒター=ハーザー(ピアノ)の盤を良く聴い..
Weblog: アスカ・スタジアム
Tracked: 2006-09-30 19:50