ヴェルディ/歌劇「椿姫」

今日はジュゼッペ・ヴェルディの誕生日ということで、初ヴェルディいってみたいと思います。歌劇「椿姫」。オペラに詳しくない私が店頭で最初に手に取ったぐらいですから、相当人気の高い作品といえるでしょう。

この「椿姫」という名前はデュマ・フィスの原作のタイトルで、オペラ版の正式なタイトルは「ラ・トラヴィアータ(道を踏み外した女)」といい、ヴェルディ自身ヴィオレッタのような当時の社会から疎外された人物に光を当てています。これは19世紀当時の上流階級に警鐘を鳴らす目的があったようですが、遠く離れた21世紀の日本で見る私にとっては異国情緒漂う普遍的な恋愛悲劇です。ただ、それを彩るヴェルディの音楽が美しくて心地よくて、結果劇的な感動が残ります。

それにしても、このオペラはヒロインのヴィオレッタのためにある、と言えそうです。薄幸の美女というだけでなく、第1幕では華麗なコロラトゥーラを、第2幕ではしみじみと情感こもった歌声を、第3幕では絶望とともに消えゆく命を振り絞る歌声を魅せてくれるわけですから。ゲオルギューは、さすがに晩年のショルティに初めての「椿姫」をさせただけのことはあります。気品をたたえた美しさはもちろん、奥底に覗く儚さや寂しさがヴィオレッタと重なります。

ヴィオレッタに恋する青年アルフレードは、良くいえば純朴、言い換えると行動が短絡的で見ていてヤキモキしますし(笑)、田舎の温室育ちそのもののイメージでした。が、多くの見せ場と歌声を楽しめる役柄ではあります。子が子なら親も親というわけで、ジェルモンがまた風貌もぴたりで憎たらしさ全開なのですが、いかんせん素晴らしい歌を歌うんですよね。繰り返し見ていると、ストーリーは差し置いてそちらの魅力が勝ってしまいます。

以上の主要人物で主な物語が進むシンプルさですが、他にもヴィオレッタの友人フローラや、地味な女中さん、医療行為を全くしないヴィオレッタの主治医とか、夜会に登場する紳士淑女たち。非常に華やかです。そして忘れられないのはゴージャスで雰囲気たっぷりの夜会をはじめ、贅沢な舞台と演出は凄いの一言。束の間、非現実の世界に連れていってくれます。

■主な配役
ヴィオレッタ・・・アンジェラ・ゲオルギュー(S)
アルフレード・・・フランク・ロパード(T)
ジェルモン・・・レオ・ヌッチ(Br)
フローラ・・・リー=マリアン・ジョーンズ(Ms)

■演奏・制作
コヴェント・ガーデン・ロイヤル・オペラ・ハウス管弦楽団&合唱団
指揮:サー・ゲオルグ・ショルティ
演出:リチャード・エア
制作:1994年12月 コヴェント・ガーデン・ロイヤル・オペラ・ハウス(ライヴ収録)

■あらすじ
パリ社交界の花形にして高級娼婦のヴィオレッタは、夜会で青年アルフレードと出会い真実の愛に目覚める。そしてそれまでの生活を捨て、素朴だが愛に満ちた郊外での暮らしに喜びを見出すが、そこへアルフレードの父ジェルモンがやってきて、家名を守るため息子と別れて欲しいと迫る。泣く泣く出て行ったヴィオレッタを、心変わりと勘違いしたアルフレードは追いかけて行って責めるが、誤解が解けて再会した時には、ヴィオレッタはまさに死を迎えようとしていた...。
posted by stonez | 2006.10.10 23:38 | Comment(5) | TrackBack(0) | 音楽 - オペラ・声楽
この記事へのコメント
悲恋ものなら「トラヴィアータ」と「ボエーム」ですね!絢爛豪華なトラヴィアータ、貧乏生活全開で友情のボエーム、対照的ですが甲乙つけがたい魅力です。
第一幕では乾杯の歌が圧倒的ですし、第二幕でジェルモンとヴィオレッタの二重唱が素晴らしいですね。なんで娘の縁談でヴィオレッタが別れなければならないのか疑問なのですが、音楽を聞いているとなんとなく納得してしまうという不思議。
おっと、そろそろ出勤準備をしなければ。
Posted by narkejp at 2006.10.11 07:01
narkejpさん、いつもありがとうございます(^^
このオペラを見ていると、本当にちょっとしたストーリーの疑問点や不満が音楽によってかき消されてしまいますね。ヴィオレッタはもちろんなのですが、アルフレードとジェルモンの二人の歌は素晴らしいと思いました。
ところで、以前読んだ本でボエームは、プッチーニがヴェルディの椿姫を意識して作ったのではないか、とありました。ボエームはまだ見ていないのですが、仰る通り貧富の差を除くと共通点が多くあるようですね。音楽がまた素晴らしいようですし、いずれ是非楽しみたいと思っています。
Posted by stonez at 2006.10.12 01:05
この作品、大好きです♪
Posted by おさかな♪ at 2006.10.24 17:41
おかかな♪さん、こんばんは(^^
このオペラはおさかな♪さんのブログをみて魅力に思ったんですよ。ゲオルギューの演技といい、歌声といい心に残る最高の作品でした。
Posted by stonez at 2006.10.24 23:38
・・・(T-T)嬉しいです(感涙)♪
Posted by おさかな♪ at 2006.10.26 18:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25234817

この記事へのトラックバック