チャイコフスキー/弦楽四重奏曲 第1番「アンダンテ・カンタービレ」

いよいよ始まりました、TV版「のだめカンタービレ」。のだめや千秋をはじめ個性的なキャラやコミカルな場面、音楽の描写などマンガの面白さが忠実に再現されていて楽しめました。竹中さんのミルヒーには笑いました。次回以降も楽しみです。

というわけで、勝手なこじつけですが今日は「カンタービレ」つながりで、チャイコフスキーの「アンダンテ・カンタービレ」です。弦楽四重奏曲第1番 ニ長調 Op.11。演奏はスメタナ四重奏団、1966年プラハでの録音から。

別に、この作品自体に「アンダンテ・カンタービレ」というニックネームがつけられているわけではありませんが、かの文豪トルストイが感動のあまり涙を流した、というほど美しい第2楽章からそう呼ばれているようです。どこをとっても口ずさめるメロディは、彼が既に初期の頃からメロディーメーカーだったことを教えてくれます。

第1楽章。弦楽器でしか味わえない穏やかで優しいモデラート。ゆっくりなテンポが次第に動きを増していくのは冬の寒さが次第に和らいでいくような感じ。

そして第2楽章。アンダンテ・カンタービレ。その通りゆっくりと歌うように、あたたかな音色、そして天国的な響きが降りそそぎます。この音色から感じられる懐かしくてどこか寂しい感覚こそ、チャイコフスキーの真骨頂。

第3楽章は急速なテンポのスケルツォ。北国の厳しい寒さのような鋭さ、そしてそれは第4楽章の舞曲のように軽快で晴れやかな気分へ。思わず口ずさみたくなるメロディ。情熱的でノリノリのフィナーレ。

優しさから激しさまで。ごくごく自然に気楽に聴きはじめたら最後までいってしまう。それがスメタナ四重奏団の魅力だと思います。
posted by stonez | 2006.10.16 23:31 | Comment(4) | TrackBack(2) | 音楽 - 室内楽曲
この記事へのコメント
秋に似合う曲ですね。チャイコフスキーの「アンダンテ・カンタービレ」
私の持っている盤も「スメタナ四重奏団」です。

スメタナ四重奏団はいいですね。その他では、弦楽四重奏曲の生みの親というべきハイドンの曲の演奏盤を少し持っています。中でも「弦楽四重奏曲第67番.ニ長調.作品64の5「ひばり」」は素晴らしいです。
Posted by アスカパパ at 2006.10.17 09:39
こんにちは。
「のだめカンタービレ」面白かったですね。
上野樹里、演技力ありすぎ。玉木宏、完璧に負けてます。
あと真澄ちゃんが原作そのままで大笑い。
竹中直人は怪しすぎて素晴らしい。

チャイコフスキーの弦四第1番は、弦楽合奏に編曲されたものを生で聴いたことがあります。
「アンダンテ・カンタービレ」楽章が、雄大なロシアの大地!みたいな感じで面白かったです。
Posted by 木曽 at 2006.10.17 20:46
アスカパパさん、いつもありがとうございます(^^
そう言われてみると、確かにこの音楽には秋の渋い味わいがありますね。スメタナ四重奏団の録音は、いまの時代ではお世辞にも素晴らしい音質とはいえないのかもしれませんが、それをはるかに超えてしまっている「音」としての魅力があるように思いました。
実は、ちょうど私もスメタナ四重奏団の「鳥」と「ひばり」が収録された盤を手に入れたところでした。今度じっくり聴きこんでエントリーしようと思います。ありがとうございます。
Posted by stonez at 2006.10.17 23:41
木曽さん、コメントをどうもありがとうございます!
本当に上野さんハマり役だと思いました。ピアノをしっかり弾いていて、しかも表情まで何だか似ている気がします。千秋君は今後どんな指揮姿を披露するのか、楽しみにしたいと思います。最初はミルヒーはフレンチの鉄人坂井シェフの方が似ていると思ったのですが(笑)、さすが竹中さんの味ですね。真澄ちゃんの頭が大きくなった気がしました。
ところで、弦楽合奏版のアンダンテ・カンタービレは聴いてみたいですね。シンプルな室内楽の構成でも割りと厚みを感じますので、きっとジーンとくる演奏なのではと想像します(^^
Posted by stonez at 2006.10.17 23:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

チャイコフスキー/弦楽四重奏曲第1番ニ長調作品11
Excerpt: 如何にも地味な曲だ。 が、第2楽章だけは違う。チャイコフスキーは、このアンダンテ・カンタービレを、ウクライナに嫁いだ妹を訪ねた時、ペチカ職人が口ずさんでいた民謡を元に書き上げたという。 あのトルスト..
Weblog: アスカ・スタジアム
Tracked: 2006-10-17 09:25

【ドラマ】のだめカンタービレ【月9】
Excerpt: これはフジによる壮大なコント… 不覚にもワロタ。 おもったよりよかった。予告編見たときはどうなることかとおもったけど。 音楽がいいねー。全部クラシックで、ちゃんとあってるし。 展開早いけど..
Weblog: たまゆら
Tracked: 2006-10-18 21:04