ブラームス/ヴァイオリン・ソナタ 第2番

色々と用事が重なり、週末は家族で群馬の実家に行ってきました。まだ若干早かったものの紅葉も楽しめました。写真は片品(かたしな)にて。あと数週間で絶景へと変わることでしょう。

そんな秋の美しい自然に触れたとき、やはりブラームスの音楽が聴きたくなります。今回はヴァイオリン・ソナタ第2番 イ長調 Op.100です。ヴァイオリンはピンカス・ズーカーマン、ピアノはダニエル・バレンボイム。1974年の録音です。

とても息の長いヴァイオリンと、それを支えつつ時にはリードしていくピアノの見事なまでの調和。ブラームスがのこした3つのヴァイオリン・ソナタの中でも、とりわけこの2番には、穏やかな秋の気候と、落ち着きの中にどことなく漂う寂しさを慈しむような気分にあふれています。

楽曲の構成としては急−緩−急ということになりますが、それはあくまでも形式上という感じで、全体を通して変わらず流れるゆったりした時間を楽しむことができます。

ズーカーマンのヴァイオリンには凛とした線の太さがありますが、そうであるだけにひとたび消え入るような弱音になったときの独特の哀愁は際立っています。それから、ズーカーマンとバレンボイムのコンビには、感情が押し寄せるように厚みが増すところまでもぴたりとした一体感があります。
posted by stonez | 2006.10.31 23:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 - 室内楽曲
この記事へのコメント
おはようございます。お子様、スクスクご成長のことと思います。

>ズーカーマンのヴァイオリンには凛とした線の太さがあります・・・・

おっしゃるとおりだと思います。スーカーマンは、そこが良いですね。彼のブラームスやチャイコフスキーの協奏曲は、だから大好きです。
ブラームスのヴァイオリン・ソナタはあまり聴いたことがないんですが、(ズーカーマンの演奏は持っていませんので他の演奏家で)取り出してみようかと思います。
Posted by mozart1889 at 2006.11.04 05:34
mozart1889さん、コメントありがとうございます。
またお返事遅くなりすみません(^_^;)

お陰さまで、息子はハイハイをするようになってきました。あれこれ口に入れるので目が離せない毎日です(笑)
ところで、ズーカーマンのCDですが、何気なく手にしたのですがヴァイオリンの音色を聴いて「よかった」と思いました。ブラームスのコンチェルトは味わい深くて大好きですので是非聴いてみたいですね。mozart1889さんのエントリーも楽しみにしています!
Posted by stonez at 2006.11.07 07:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26542445

この記事へのトラックバック