帰路

P5121946

父の葬儀が終わり、妻と息子はそのまま1週間母のもとに残して、宇都宮をあとにする。自分は徒歩通勤だし、妻が使えるように車も置いてきた。弟の運転で、ひさしぶりに高速を使わずに帰る田舎道は、のどかで心落ち着く風景だった。夕暮れが少し寂しく感じられた。


posted by stonez | 2012.05.12 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。