誕生

P6172030

陣痛は夜中の3時頃に始まった。ちょっと気になる展開になってしまった。今日は亡き父の四十九日の法要が行われる日なのだ。自分と息子が宇都宮に向かうことになっていた。とはいえ自分としては、今まさに始まろうとしている妻の出産を見届ける気持ちしかなかったので、今回は行けない旨、丁重に詫びを入れて産婦人科に連れて行く。これが最初で最後の立ち会い出産になるだろう。長男は実家に預かってもらう。

8時半頃に病院に着くと、さっそく診察を経て分娩室に入る。陣痛の間隔が徐々に狭まっていき、会話をする余裕もなくなってきた。10時を過ぎ、いよいよ分娩の準備が始まる。助産師さんから、陣痛の感覚に合わせて「いきむ」よう指示が出る。自分は隣で妻に励ましを入れつつ、うちわで風を送る。赤ん坊のために冷房はつけられないからだ。先生がやってきた。陣痛は最高潮を迎えるが、なかなか出てくる気配がない。妻はだんだんと力を使い果たしはじめてきたようだ。時計を見るともうすぐ12時。

そこに別の助産師さんが登場。いきみやすいように妻の右脚を抱え、自分には妻の左脚を抱えこむよう促し、妻の残り少ない力を効率良く使えるよう力を込める。何度陣痛を経ただろうか、ついにひょっこりと赤ん坊の頭が出てきた。感動的だったが、まだ身体を出してあげないといけない。妻はもう気力だけしか残っていないように見えたが、なんとか最後の力を振り絞り、やっとのことで赤ん坊の全身が抜け出た。頭が出てから少し時間がかかったからなのか、なかなか泣き出さないので心配したが、酸素吸入をしてもらって元気そうな様子が確認できた。その時の写真が今回の1枚。

6月17日、午後12時32分。3,778グラムの男の子がこうして誕生した。小柄な妻が、大きな赤ん坊を無事に産むことができた代償は相応にあった。全快までには少し時間がかかるかもしれない。でも元気そうな表情が自分や長男を安心させた。妻には本当に感謝。そして、立ち会うことができてよかった。


posted by stonez | 2012.06.17 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 - 家族
この記事へのコメント
石井くん 
おめでと〜1
Posted by takeuchi at 2012.07.03 09:24
どもども、ありがとう!
Posted by stonez at 2012.07.03 12:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。