ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ 第21番「ワルトシュタイン」

最近ジュニアは、夜泣きほどでもないですが夜中は2時間おきに目覚めるようになりました。まだ授乳中なので妻は大変です。私も何か協力できればと思うのですが、どういうわけか目が覚めません。B型だからでしょうか(笑)

このところはクラウディオ・アラウのベートーヴェンを聴いています。7大ピアノ・ソナタとして、主要どころを押さえたおいしいCDです。その中のお気に入りは、ピアノ・ソナタ第21番 ハ長調 Op.53「ワルトシュタイン」です。

ベートーヴェンが苦悩から立ち直って、中期「傑作の森」を迎えた頃に完成されたこの作品は、当時最新鋭のピアノを贈られたことも手伝って、音域と技巧を追求した作品となっています。愛称は、ベートーヴェンにとって良き理解者であり援助者だったワルトシュタイン伯爵への献呈に由来するとか。

第1楽章、ズンズンという低音の連打、そこから高音へと登っていったあとの晴れ晴れした音色。アラウは遅めの一定したテンポを保って豊かに聴かせます。ベートーヴェンが、聴きようによってはJazzっぽくお洒落にすら感じられます。

第2楽章は深い瞑想の中へ。ゆっくりと、やがて心落ち着いて目を開けた時、自然と第3楽章に入り暖かな光が注ぎ込む。アラウはここでも勢いに走らず、悟ったような穏やかさをたたえています。それは徐々にまばゆさを増していき完成へと向かっていく。

アラウのピアノには独特の味があります。一見不器用で実直ですが、そこには何ともいえない温もりと、わくわく感があります。他にもっと変化に富んだ精密な演奏はあると思いますが、私はこの軽妙洒脱な味わいが好きです。
posted by stonez | 2006.11.24 02:03 | Comment(8) | TrackBack(1) | 音楽 - 器楽曲
この記事へのコメント
stonezさん、おはようございます。
お子さん、大きくなりましたね。でも夜泣きは奥様が大変ですね(妻に任せっぱなしで、ボクもなかなか起きませんでした(^^ゞ)。
我が家の長男がとにかく夜泣きがひどく、寝付きも悪く、ほとほと弱りました。子育ては大変だなぁと思っていましたら、次男は全くそれがなく、三男坊も殆ど夜泣きしませんでした。それぞれ、子供はみな違うようです。

あ、ワルトシュタインでした。
アラウ盤が見あたらず、大好きなバックハウス盤を取り出してました。グルダやギレリスもエエなぁと思います。
Posted by mozart1889 at 2006.11.26 04:36
こんばんは。
おー、何と可愛いらしい!
もう、ほんとに目に入れても痛くないんじゃないですか。
楽しみですね。

ところで、ワルトシュタイン。
私は2楽章から3楽章へ移る時に、何か朝もやにかすんでいる風景が、しだいにはっきりしてくるような感じがして大好きなんです。
アラウはきっと素敵な表現でしょうね。
また一度聴いてみたいな・・。
Posted by romani at 2006.11.26 22:43
mozart1889さん、遅くなってしまいましたがコメントとTBどうもありがとうございます(^^ゞ mozart1889さんも起きるのが大変だったのですね。息子さんたちでも兄弟で随分違うものなのですね。長男が一番大変というお話も聞いたことがあります。私もこれから大変さを実感するのだなと思っているところです(汗)
ワルトシュタインですが、グルダの演奏は気になりますね。ちょっとJazzっぽいような雰囲気の演奏を期待してしまいます。バックハウスやギレリスでも聴いてみたいです。TB頂いたエントリーを拝見したいと思います。ありがとうございます!
Posted by stonez at 2006.11.28 08:01
romaniさん、遅くなりましたがどうもありがとうございます!
息子がつかまり立ちができるようになった喜びで、恥ずかしながらついつい写真を載せてしまいました(^^ゞ ベッドから落ちたり、ホコリを食べていたり(笑)と、目を離せない毎日です。
ところで、アラウの演奏を実際に聴かれているのですか、羨ましいです。私は彼の録音で初めて、速くなくても格好良い演奏というのを実感しました。ベートーヴェンは終楽章が前楽章とつながっている音楽が多いですが、魅力的な曲想が多いですね。ありがとうございます。
Posted by stonez at 2006.11.28 08:14
おっ!
もうこんなにしっかりして!
それにしても可愛いですね。
楽しみでしょう!

ワルトシュタインは名演奏もいくつか有りますが、私は古いので、[バックハウス]だけでも十分です。
でも、風貌から来る安心感(?)のようなものではアラウも上位に来ますね。
Posted by ensemble at 2006.11.29 11:09
ensembleさん、どうもありがとうございます!
子供の成長を見ていると、改めてそこから教えられるものもあるような気がしています。親離れしてしまう前に、しっかり覚えておきたいと思います(^^
バックハウスはmozart1889さんも挙げていらっしゃったので気になっているところです。いずれ一度は聴きたい演奏ですね。アラウは、自信たっぷりにゆっくり弾いている感じで、その辺がベートーヴェンのイメージとも重なって、カッコいいと感じるのかもしれませんね。ありがとうございます。
Posted by stonez at 2006.11.30 21:52
わー、すくすくと大きくなってますね。びっくりだなぁ。もうつかまり立ちもしちゃうんですねぇ。かわいいなぁ〜。

ワルトシュタイン、私も持っているのはバックハウス。最近好きになった曲です。
Posted by iketomo at 2006.12.04 00:55
iketomoさん、ありがとうございます(^^ゞ
おかげさまで、ちょっとずつ成長しているようです。最近はテーブルの茶わんをひっくり返したり、ホコリを食べていたりと、予想外の動きに出るので手に負えなくなってきました(笑)。
ところで、iketomoさんもバックハウスのワルトシュタインなんですね。ベートーヴェンの王道を行く演奏、一度聴いてみようと思います。ありがとうございます(^^
Posted by stonez at 2006.12.05 08:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28159074

この記事へのトラックバック

バックハウスのベートーヴェン ピアノ・ソナタ第21番「ワルトシュタイン」
Excerpt: 梅雨前線の南下で、四国でも大雨続きです。 西条ひうち球場で行われる高校野球愛媛大会も2日順延。さて、今日はできるのかな? 我が家の次男と三男が通う高校は、甲子園優勝経験もある古豪であります。1回戦..
Weblog: クラシック音楽のひとりごと
Tracked: 2006-11-26 04:37