ベートーヴェン/ピアノ協奏曲 第5番「皇帝」

"皇帝"というニックネームで呼ばれている通り、ベートーヴェン「ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調」は豪華絢爛な曲で、ベートーヴェンの全5曲のピアノ協奏曲の集大成というにふさわしいと素直に納得します。聴き終わったあと達成感につつまれます。

最初に作曲された「ピアノ協奏曲 第2番」と聴き比べると、明らかに雰囲気もスケールも違います。素人であるところの私の場合、まったく予備知識なしに聴き比べて、それが「別の時代の、別の人の曲だ」と言われたら納得してしまいそうです。

曲は冒頭、オーケストラが一斉に「ジャーン!」と鳴らした後、ピアノの派手なカデンツァで始まります。この最初の部分は、聴けば誰もが知っている部分だと思います。「あー、あの曲ね」「そうだよ、それそれ」、そういう曲です。
ちなみにカデンツァとは独奏楽器の即興演奏のことですが、オリジナルの楽譜には「即興禁止!」と書き込んであるそうです。それだけに、この『あらかじめ決められた即興』には、曲のイメージを決定づけるのに充分過ぎるほどの力が込められていると言えるでしょう。

その後に続く部分のメロディは、坂本九の大ヒット曲「上を向いて歩こう」の元になったそうです。確かに、『う〜え〜を〜向〜い〜て♪』の部分が同じです(^^)

続く第2楽章は、変わって穏やかで幻想的な曲調です。こうしてただ力強いだけの曲ばかりではなく、うまくメリハリをつけてクールダウンさせたりするところは、これまでのピアノ協奏曲共通の構成です。曲全体を、疲れさせずに聴きやすいものにしていると思います。前曲第4番に引き続いて、間をおかずに続けて演奏される第3楽章は明るく、華やかな旋律たちです。ピアノが生き生きと輝いています。やはり『何となく聞いたことがある』あたりは、さすがベートーヴェンなのでしょうね。

この曲の演奏は、ツィマーマン氏とグルダ氏と、ケンプ氏のピアノ演奏で聴きましたが、これがまた全然違っていて面白いです。ツィマーマンさんの演奏は規律正しい正統派なご様子。グルダさんの方は、人間味のある柔軟さを持った演奏という感じです。ケンプさんはゆっくりタッチで流れるような演奏です。ああ書いて表現するのは難しい...
まあ私個人的には、より"皇帝"らしいのはツィマーマンさんの方かなと思いますし好きですが、タイプの異なった演奏なので、気分によって聴き分けても面白いです。

ここまで書いてきました、5曲のベートーヴェンのピアノ協奏曲ですが、私はこの「第5番」から順に古い曲へと遡って聴いていったので、古くなるにつれて、曲が形式的になっていったり、曲調が上品になっていったり、スケールがこじんまりしていったりと、ベートーヴェンの人生と年月の移り変わりを想像したりできて、なかなか面白い聴き方だったんじゃないかなと思います。

『ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番&第5番』

ピアノ:クリスティアン・ツィマーマン
指揮:レナード・バーンスタイン
演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

『ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」/ピアノ・ソナタ第17番「テンペスト」』

ピアノ:フリードリヒ・グルダ
指揮:ホルスト・シュタイン
演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
posted by stonez | 2005.04.04 02:04 | Comment(4) | TrackBack(1) | 音楽 - 協奏曲
この記事へのコメント
はじめまして♪
ベートーヴェンのピアノ協奏曲。第5番はいいですよね〜。
今はショパンのピアノ協奏曲を制覇しているところです。(←と言っても2曲ですが。。。)
かなり詳しく書かれていて勉強になります。僕なんかは解説の引用ばかりですから 汗
もしよろしければぜひ見にきて下さい!
ちょっと最近は脱線気味ですが。。。苦笑
PS.ショパンもツィマーマンさんがかなりイイですよ♪
Posted by NAKAMA at 2005.04.05 20:32
はじめまして〜コメントありがとうございます(^^)
勉強なんて言って頂いて、お恥ずかしい限りです(汗)素人ですので・・・
ちょうどベートーヴェンの次はショパンを聴いてみようと思っていた所なんですよ。
ベートーヴェン以外のツィマーマンさんの演奏楽しみです。
是非NAKAMAさんのページ、見に行かせて頂きますね♪
Posted by stonez at 2005.04.06 17:09
初めまして。私のデフォルトはグルダ/シュタイン盤です。ルプーも好きです。
大変興味深く読ませていただきました。TBもよろしくお願いします。各所でさせていただきます。
Posted by mozart1889 at 2005.05.16 21:46
はじめまして!コメント、TB頂きましてどうもありがとうございます。
まだ聴いたことはないのですが、私もグルダさんには興味があるので、機会があったら是非聴いてみたいと思っています。私もmozart1889さんのブログを拝見させて頂きたいと思います。今後とも、どうぞよろしくお願い致します!
Posted by stonez at 2005.05.16 23:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

リリシスト・ルプーの弾く「皇帝」
Excerpt: ルプーの弾く「皇帝」を取り出した。(メータ指揮イスラエルPO)。 「000人に1人のリリシスト」・・・・。懐かしいコピーだ。 ルプーがデッカに元気に録音して活躍していた1970年代、このコピーは盛ん..
Weblog: クラシック音楽のひとりごと
Tracked: 2005-05-16 21:44