ショスタコーヴィチ/オラトリオ「森の歌」

2006年最後の追い込み、今月は今年メモリアルイヤーの作曲家おさらい特集になってますが、今回はショスタコーヴィチです。オラトリオ「森の歌」Op.81。

今になってみると、解説書とかの予備知識なんて知らないまま聴いても面白かったかなと思いますが、とにかく作曲当時のソ連ではたぶん話題作、現在では評価の別れる問題作といったところじゃないでしょうか。

このオラトリオ「森の歌」は、自身の「交響曲第9番」で招いた最大のピンチを逃げ切るための、いわゆる「起死回生の一発」でした。それは彼をピンチに追い込んだスターリンを絶賛して、その植林政策を賛美するというもの。これで一気に汚名返上、1950年のスターリン賞第一席というおまけもつきました。

それにしても、聴いててどうもショスタコっぽくないんですよね。妙にストレートで前向きというか、彼らしく、あれこれ巧妙なトリックが仕込んでありますよ的な雰囲気が感じられません。まだ聴き込みが足りないのかもしれませんが。残響音の少ない音質も拍車をかけます。東側のプロパガンダ映画のバックとかで普通に流れてそうな感じ。

勝手な想像ですが、あえていつもと全く違う作風にすることで体制や独裁者の異常性を強調しようとしたのではないかと。演奏には生々しさがあって、会場も異様な熱気。さすがは旧ソ連時代のお国もの、そしてスヴェトラーノフ。別の演奏を聴いたらどう感じるのか、ちょっと気になるところではあります。

ちなみにこのオラトリオ、後の1962年に歌詞が差し替えられています。理由はスターリン批判による当局の都合から。いやまったく受難な作品です。

■演奏・録音
指揮:エフゲニー・スヴェトラーノフ
演奏:ソビエト国立交響楽団
   A.ヴェデルニコフ(バス)、A.マスレニコフ(テノール)
   ソビエト・ゴステレラディオ・アカデミック合唱団
   モスクワ・スヴェシニコフ・コーラス・スクール少年合唱団
録音:1978年 モスクワ音楽院大ホール(ライヴ収録)
posted by stonez | 2006.12.20 07:17 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 - オペラ・声楽
この記事へのコメント
こんにちは。
スヴェトラの「森の歌」、豪快ですね。録音も予想したよりましでした。

ところで、亡命ソ連人であるアシュケナージが91年、
ソ連崩壊の直後に録音した「森の歌」のCDがあります(DECCA)。
この演奏の終楽章が凄いです。
なんというか史上最高に無気力なのです。
ゾンビが演奏しているのかと思うくらい。
のったりしたテンポで、やる気なさそうに
「われらの党ばんざい! 共産主義ばんざい!」と唄う合唱。
これは確信犯ですね。アシュケナージのソ連共産党に対する痛烈な皮肉。
このCDにはほかにも、交響曲第2番「十月革命」、「祝典序曲」など、
いわゆる共産党体制礼賛の御用作品がたっぷり収められています。
ソ連崩壊直後にこういうCDを作るとは・・・
アシュケさんの、ソ連政府に対するいわく言いがたい怨念が染み出してくるようです。
単純に「おすすめ」とは言いにくい一枚ですがHMVのサイトで現役でした。
    ↓
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=373773
Posted by 木曽 at 2006.12.20 19:01
木曽さん、どうもありがとうございます(^^)

かたや体制の中でバリバリやったスヴェトラーノフに、かたや体制から逃れたアシュケナージ。もうこれはソ連に関わっている人のためだけのリトマス試験紙みたいな音楽ですね。面白いです。こういう音楽はなかなかとっつきにくいですが、でも怖いもの見たさも手伝って(笑)とても気になってしまいます。
NHKとかで見る今のアシュケナージからは想像がつかない一面ですし、他の誰にもできない、ソ連を知っている彼だけの演奏、これは聴いてみたいですね。ご紹介いただきありがとうございます。
Posted by stonez at 2006.12.21 12:51
私はねぇ、このメモリアルイヤー、ちょっとききこんで最近この作曲家のことが実は究極のいじめられっ子であると認識するに至りました。
彼は、彼の音楽の本質は、自分も政府も欺きながら作曲し続けた孤独ではなく、その現実を打開すべく亡命をするでもなく実は彼の意気地のなさにあるような気がするのです。その諧謔性は実はそのひねくれた本質の具体的な現れではないかと思うのです。
いかがでしょう?。
Posted by yurikamome122 at 2006.12.24 15:12
yurikamomeさん、コメントどうもありがとうございます。
確かに今年はたくさんのショスタコをエントリされていますよね。随分参考にさせて頂いています。前に彼のことを調べた際に、作品を発表して、批判されて、作品で弁解する、というようなサイクルを何回か繰り返しているのを知って、その行動パターンがドM(笑)といいますか、ドメスティックバイオレンス的ですらあるなと感じていたので、おっしゃることに納得してしまいます。私ももう少し聴き進めてみたら、それを体感できるかなと思っています。ありがとうございます!
Posted by stonez at 2006.12.25 01:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29904558

この記事へのトラックバック