ベートーヴェン/交響曲 第9番「合唱付き」

ベートーヴェン作曲、交響曲第9番 ニ短調 Op.125。通称『第九』といえば、やっぱり年の瀬ですね。日本では年末公演として盛んに取り上げられますが、それだけの祝祭的な雰囲気は十分にあります。

楽聖ベートーヴェンが打ち建てた金字塔ともいえる彼の最後の交響曲、さすがに録音もたくさんありますが、いくつか聴いた中でも思わず涙腺が緩んでしまったとっておきがあります。ヴァント指揮/NDR盤です。今年は残念ながらコンサートには行けそうにないので、常々エントリーしたいと思っていたこちらでいきます!

第1楽章は「力」の音楽。演奏には飢えた狼のようなシャープな破壊力が宿る。第2楽章は「熱狂」の音楽。ダイナミックな旋律が強靱なオーケストラに後押しされてこちらに突進してくるよう。第3楽章は「楽園」の音楽。でもヴァントのタクトは、もはや喜怒哀楽を越えた悟りの境地に。みるみる力が抜けて無心になっていく独特の感覚。

終楽章。前の3つの楽章に対する答え。「力」「熱狂」「楽園」を全て否定して平和と人類愛へたどり着く。それは歓喜の歌。第3楽章の静寂を突き破る強烈なインパクト。性急で緊迫している。研ぎすまされた声楽のアンサンブル。もはや万感の思いで歓喜を聴き、躍動感を感じながら最高のクライマックスを迎えるのです。

一切の贅肉を削ぎ落とした鋭さとパワーを秘めた絶妙のオーケストラ・コントロール、これがヴァントの魅力です。それは華やかさや艶やかさとは対極の世界。でもそれがベートーヴェンに、特にこの交響曲にはよく合います。それにリズムの隅々まで気持ちいいのは、ヴァントならではの緻密な構成力によるものでしょう。
最後にティンパニーも最高!

■演奏・録音
指揮:ギュンター・ヴァント
北ドイツ放送交響楽団、北ドイツ放送合唱団、ハンブルク国立歌劇場合唱団
エディット・ビーンズ(S)、ヒルデガルド・ハルトヴィヒ(A)、キース・ルイス(T)、ローラント・ヘルマン(Bs)
録音:1985年 北ドイツ放送局、ハンブルク
posted by stonez | 2006.12.27 22:55 | Comment(6) | TrackBack(2) | 音楽 - 交響曲
この記事へのコメント
stonezさん、こんにちは。
第九の季節ですね。僕は明日から年末年始休暇なので、じっくりと第九を聴きたいと思っています(それと、年賀状を書かなくちゃ)。
ヴァント盤は聴いたことがないんです。ヴァントのこと、きっと精妙で、余分な虚飾のない演奏なんだろうなと想像してます。
是非、聴いてみたいです。
Posted by mozart1889 at 2006.12.28 12:54
stonezさん、コメント・トラックバックありがとうございました。ギュンター・ヴァントの演奏は、残念ながら聴いたことがありません。ジュリーニもそうでしたが、たぶん、若い頃に廉価盤にならなかったせいだと思います。文庫に入ると、若い読者が増える、みたいな関係でしょうか。
Posted by narkejp at 2006.12.28 18:57
こんばんは。
今日CDで「第九」を聴きました。
感想をTBさせていただきました。現在のところ反映されていませんが、もし失敗していたらご容赦ください。
やはりベト9を聴かないと年は暮れそうにありませんね。
今年はこれでお邪魔納めとなると思います。
奥様、お子様と共に、よいお年を。

アスカパパ 拝
Posted by アスカパパ at 2006.12.28 21:37
コメント遅くなりました、ただ今実家に来ております。

mozart1889さん、コメント&TBをありがとうございます!
年賀状はようやく刷り終わりました(^^ゞ
今年も残すところ僅かとなりましたね。第九にはぴったりの季節となりました。ヴァントは、おっしゃる通り絶妙なコントロールを武器にした直球勝負、という演奏だと思います。この人といえばブルックナーですが、最初に聴いたこともあり私にはベートーヴェンなのです(^^
Posted by stonez at 2006.12.30 14:35
narkejpさん、こちらにもどうもありがとうございました!
確かに彼の演奏はまだ廉価版になっていないこともあり、小遣いの限られた身には(笑)痛いところです。ただ、ジュリーニの音楽に気軽に触れられるようになりましたし、いずれヴァントの演奏も気軽にきけるようになることに期待しています。的確な例えですね、私もまず文庫にあるかを探してしまいますので(^^ゞ
Posted by stonez at 2006.12.30 14:36
アスカパパさん、コメントとTBをありがとうございました!
ご迷惑をおかけしていますが、問題なく反映されているようで良かったです。年越しの、このちょっとした非日常的なワクワクした感じに第九はぴったりです。TB頂いたエントリー興味深いです。さっそく拝見したいと思います。今年は一年本当にありがとうございました。アスカパパさんも体調大事になさって下さいね。ではよいお年を(^^
Posted by stonez at 2006.12.30 14:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ベートーヴェンの交響曲第9番 「合唱」 ブロムシュテット/ドレスデン・シュターツカペレ
Excerpt: 今年も押し詰まってきました。サボっいてた年賀状をようやく書き始めました。 年賀状を書いていると、年の瀬を実感します。 第九の季節ですね。今日は第九を聴きましょう。 取り出したのは・・・・・。..
Weblog: クラシック音楽のひとりごと
Tracked: 2006-12-28 12:51

フルトヴェングラーの足音
Excerpt:  今年『バルトの楽園』と題する映画を見た。数々のエピソードが伏線となって、最後の「合唱」シーンに盛り上がっていくのは見事だった。  映画が終り、エンドロールの左側で演奏されるカラヤン指揮のベートーヴェ..
Weblog: アスカ・スタジオ
Tracked: 2006-12-28 21:27