ベートーヴェン/交響曲 第5番「運命」

クラシック音楽を代表する1曲といえるでしょう。「ジャ、ジャ、ジャ、ジャーン」の旋律は子供から大人まで、誰もが知っています。にもかかわらず、それ以外のところは専門家さんや、クラシックファンを除いてはおそらくほとんど聴かれていないのではないでしょうか。

このインパクトのある旋律を、ベートーヴェンさんが「運命がこんな感じで扉をたたく」などと表現したところから、後世の人に"運命"と呼ばれる事になったそうですが、それに加えテレビCMや効果音としてウケ狙いやパロディ目的で、この冒頭部分が使われてしまった結果、それが曲全体のイメージとして一人歩きしてしまった、というのもあるような気がします。"運命"と、「ジャ、ジャ、ジャ、ジャーン」があまりにマッチしすぎたのかもしれません。
これは<或るクラシックファンの雑記>さんでも触れられていますが、私も同意見です。ご参考までに。

そんな先入観のために、この曲の本当の良さが知られていないのは、なんとも残念なところです。
私も今まで聴いていなかった若気の至りでした。ああ、もったいなかった!でも、聴いてみてびっくり。「ジャ、ジャ、ジャ、ジャーン」だけじゃないんです...聴いてみて、抱いたイメージはこんな感じです。(大丈夫かな...笑)
第1楽章:運命を受け止め、苦悩に明け暮れる。
第2楽章:でも冷静に受け止め、楽観的に捉えようとする。
第3楽章:危機感を持ちながらも模索を続ける。
第4楽章:光が差し込み、希望に満ち溢れてフィナーレ。
第3楽章の終わりは不穏で緊迫感に満ちていているのですが、その短調から第4楽章の長調に切り替わったとたんに一気に突きぬけて、ためていた苦悩を放出するような様子は、それはそれはもうドラマチックです。
この曲の本当のすばらしさは、ここにあるのではないでしょうか(^^)
聴覚の衰えを通して「運命を受け止め、模索しながら希望を見出そうとする」ベートーヴェンの生々しい生き様を想像します。作曲された時期も、聴覚の衰えが元で遺書を書いてから5年くらい経ち、全盛期(傑作の森)だったということで、もっとも創作意欲に満ちていた頃だったでしょう。

この曲は、先日他界された巨匠クライバーさん/ウィーンフィルの演奏でじっくり聴きこみました。オーケストラとの一体感があって聴きやすいです。録音状態もいいのだと思いますが、音がクリアで美しく、楽器それぞれの音がクリアに聴こえてきます。
それから、世界のオザワさん/SKOの演奏でも楽しみました。こちらは「圧倒的な推進力」とジャケットにもある通り、演奏にほどよいスピード感と勢いがあって、聴いているとそれが気持ちよさにつながります。

ぜひ一度、最後まで聴いてみてください、"運命"が変わること請け合いですよ♪

『ベートーヴェン:交響曲第5&7番』

指揮:カルロス・クライバー
演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団




『ベートーヴェン:交響曲第5番ほか』

指揮:小澤征爾
演奏:サイトウ・キネン・オーケストラ



posted by stonez | 2005.04.24 02:23 | Comment(6) | TrackBack(2) | 音楽 - 交響曲
この記事へのコメント
リンクを張っていただいてありがとうございます♪
共感してくださる人がいて、それがstonezさんとはとても心強いです!

作曲者の心情をテーマにした内面的な解説はとても参考になります!
いつかオーケストラでご一緒できる日を楽しみにしています(そんな約束したっけ? 笑)
Posted by NAKAMA at 2005.04.24 21:44
いえいえ、感じたイメージを勝手に書いただけですので(^_^;)
でも、聴いてみて改めて「いい曲なんだなぁ〜」と思いましたよ。そうですね、いつかご一緒したいですね(^^)
Posted by stonez at 2005.04.25 09:19
初めまして。私もクライバーのこのCD持ってます。交響曲ではベートヴェンの運命とシューベルトの未完成が大好きで、この組み合わせのCDを買い集めています。一番好きなのはやっぱりフルトヴェングラーかなぁ。
第二、三、四楽章も聞いたことないのは勿体ないなぁって思いますよね。
Posted by iketomosan at 2005.05.08 00:32
コメントありがとうございます(^^)
シューベルトの未完成もいいですよね〜。ちょうど今シューベルトさんの第8番、第9番にハマり始めているんですが、どうして第8番は未完成なのか、すごく気になります。フルトヴェングラーさんの演奏、聴いてみたいです〜また来てくださいね!
Posted by stonez at 2005.05.08 02:14
stonezさま
TBありがとうございました。
この曲は渾身の一曲という感じですね。「運命」という言い方は日本だけだと思いますが、第一楽章はあのモティーフの展開だけで勝負しているし、どの部分をとっても弛緩したところがありません。第3楽章のブリッジパッセージから終楽章がハ長調で高らかに歌われるところも、本当にいつ聴いても感動します。
カルロス・クライバーの演奏はまさに永遠の名演ですが、同じスタイルの先輩としては、ライナー・シカゴ響のものがあります。第3楽章のコントラバスがとくに凄いです。
Posted by romani at 2005.09.08 18:01
romaniさん、いつもどうもありがとうございます。
ベートーヴェンのこの緊張しきった演奏は嫌いではありません(^^ゞ 疲れている時でなければ、いくらでも聴けてしまいます。
ところで、ちょうどフリッツ・ライナーのCDを手に入れたので、聴いてみましたが伝わってくる雰囲気が、クライバーの演奏を思い出させますね。ライナーの演奏からは、各楽器がどこでどんな風に鳴っているか、自然に聴こえてくるのが不思議です。それに3楽章のコントラバス、確かに素晴らしいですね。この演奏は、とにかく弦全体の響きの良さが印象的でした。アップテンポな感じもなかなか好きです。
Posted by stonez at 2005.09.09 18:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

セル/ウィーンpo ベートーヴェン sym5 (69)
Excerpt:  今日はセルを聴きます。セルは前回、8月4日の投稿でも取り上げていますがあの時もVPOとの音源でした。今回は同じコンビでもぐっと時代は下って、セル晩年の69年です。  この演奏は有名なものですから、..
Weblog: 守口フィラデルフィア管弦楽団研究会
Tracked: 2005-08-25 12:45

コンポーザーXの怒涛のCD批評〜ザ・ベストCDオブ "ベートーヴェン交響曲第5番「運命」"
Excerpt: ベートーヴェン交響曲第5番「運命」 ハ短調 op67今回からは一挙に5枚のセレクションを公開。その中からベスト・オブ・”ベートーヴェン第5番「運命」”を選びたいと思います。 選んだのは以下の5枚。..
Weblog: コンポーザーXの怒涛のクラシックCD批評
Tracked: 2005-10-22 01:25