群馬交響楽団 第487回定期演奏会

群馬交響楽団 第478回定期演奏会<日時・場所>
 2013年1月26日 (土)
 群馬音楽センター(高崎市)

<曲目>
 シューマン/ ピアノ協奏曲 イ短調 op.54
 (アンコール:シューマン/
      子供の情景より、詩人は語る)
 マーラー/ 交響曲 第5番 嬰ハ短調

<演奏>
 指揮:沼尻 竜典
 ピアノ:萩原 麻未
 群馬交響楽団

久しぶりのコンサート、そして久しぶりに生で聴くシンフォニーということで、心待ちにしていた日がやってきた。会場の群馬音楽センターはほぼ満員。

まずは、2010年のジュネーブ国際コンクールピアノ部門で優勝した、萩原麻未さんのシューマンのコンチェルト。劇的な幕開けから始まる叙情的なメロディに引き込まれる。流麗なピアノと、オーケストラの息のぴったり合った掛け合いがとにかく美しく素晴らしかった。カデンツァも情感たっぷりで、ずっと聴いていたい演奏だった。アンコールでは余韻も余すとこなく楽しませてくれた。

つづいてマーラーの第5番。大編成のオーケストラによる圧倒的な迫力にしびれつつ、トランペットやホルンを始めとした高度な個人技は見ていて凄いのひと言、そして低弦をはじめとした印象的なメロディ、弦楽器の主席奏者だけがピチカートをしたり、打楽器群が個性的な音色で彩りを添えたりと、沼尻さんのきびきびした指揮に導かれてめまぐるしく展開が変わっていくので、オーケストラを見ていて本当に飽きなかった。P1261074気がつけば手に汗握っていた(笑)。アダージェットは、残響の少ないこのホールでさえ豊かに響き、天国のようだった。時折ハンカチで目を拭う人も見られた。鳴り止まない拍手とブラヴォーの嵐だった。

演奏後のアフタートークで印象的だったのは、指揮者の沼尻さんがホルンの主席の方を絶賛していたこと。指揮をしていてしびれたそうだ。今後もまたマーラーを取り上げることもあるそうだし、楽しみ。写真は2階ロビーにて。
posted by stonez | 2013.01.26 23:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 - コンサート
この記事へのコメント
すばらしいプログラムですね。
マーラーの5番は聴き応えがあると思います。
手に汗握るコンサートってめったに出会えないですよ。
最近はホームライブオンリーです(笑)。

Posted by よし at 2013.01.30 15:14
よしさん、どうもありがとうございます(^ ^)
マーラーをCDやiPodなどで聴くときは割とボリュームを絞りがちなので、あらためて迫力のある音楽だというのを実感しました。それにしても、感動にもいろいろありますね。終わったあとの爽快感がたまらなかったです(笑)
Posted by stonez at 2013.01.31 00:50
しばらくぶりの演奏会を楽しまれたようで、良かったですね(^o^)/
先ごろ山形交響楽団の定期で聴いたばかりの萩原麻未さんのシューマンの協奏曲とマーラーの五番。なかなか魅力的なプログラムです。数年前に開催された地方オーケストラ・フェスティヴァルのような機会があれば、群馬交響楽団の演奏も聴いてみたいものです。
Posted by narkejp at 2013.01.31 06:38
narkejpさん、コメントありがとうございます!
おかげさまで、久しぶりに本物の臨場感を堪能してきました(^ ^) 萩原麻未さんの演奏素晴らしいですね。後でCDを探したのですが、まだ出されていないようで残念です。地方オーケストラ・フェスティバルですか、私もぜひ山響聴いてみたいです。
Posted by stonez at 2013.01.31 23:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/316509065
※ 管理者が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック