神戸にやってきた

P2011327

妻の従兄弟の結婚式に招待されて、群馬から新幹線を乗り継いで神戸にやって来た。式を明日に控え、今日はハーバーランドに一泊。まずはなんといっても神戸ポートタワーと、その夜景が美しかった。タクシーの運転手さんは和楽器の鼓(つづみ)のようなデザインと言っていたが、自分にはマーメイドラインのウェディングドレスをまとった花嫁のように見える。高さはそれほどないが実にいいセンスだと思う。奥には波をイメージしたという神戸海洋博物館&カワサキワールドが、右手にはポートアイランドに通じる神戸大橋が見える。

P2011230

さて、そのポートタワーに上ってみると神戸の街が一望できる。北に六甲連山を間近にみることができ、その手前に市街地が東西に広がっているのがわかる。街並は、整然とビル群が立ち並んでいて、先の阪神・淡路大震災による甚大な被害の様子を想像させるところがなく、それがかえってこの街の人々の復興にかけるパワーを見たような気がし、思わず頭が下がる。手前の阪神高速も、橋脚が新しく頑丈になっているようだ。

P2011261

それほど時間はなかったが、シティーループという観光案内もしてくれる路線バスがあるということで、これに乗って市内を巡りつつ、南京町(中華街)で少し遅いお昼を食べた。当然といえば当然かもしれないが、華僑のおばちゃんが関西弁で気さくに話してくれたのが新鮮だった。長男坊は興奮の様子。次男坊は妻と交代で抱っこしたがご機嫌。今回は妻の兄も行動を共にして、お互いたくさん写真を撮った。明日は結婚式。晴れると良いが。


posted by stonez | 2013.02.01 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。