ラヴェル/道化師の朝の歌

冥王星(Pluto)が惑星から外された件で、降格になることをアメリカでは『プルートされる』なんて言うそうですが、私の身近にもプルートされるものを見つけました。東急田園都市線です。あまりの混雑で遅延してばかりなので、朝の急行が一部で各駅停車に格下げだそうです。でも新名称はかろうじて「準急」。

そんなアクロバティックな朝の電車に揺られ、ひと仕事終えた気分になってから始まる実際の仕事。私たち満員電車ユーザーにとっての朝は、グリーグの「ペール・ギュント〜朝」であるはずもなく、どちらかというとラヴェルの「道化師の朝の歌」かもしれません。ロリン・マゼール指揮、フランス国立管弦楽団。

エネルギッシュに展開する音楽、といえばマゼールのお得意分野。ピエロの踊りというより、もはや熱狂するサーカス団のように感じられて、それが満員電車の中でプルプル踏ん張っておられる諸兄方の気持ちを代弁しているかのよう。自分はというとダメダメで流れに身を任すのみ。車内でひとたび人の雪崩が発生すると、その先頭にいたりとか・・・。

話がそれましたが、元気だけど気まぐれなリズムに、不協和音が織りなす異国風メロディと、ラヴェルの中に流れるスペインの血が躍動するこの音楽。オーケストラを使って、ギターをかき鳴らしているように聴かせるところなどはさすが。盛り上がり具合も劇的です。

この作品は、ラヴェルが元々ピアノのために作った曲集「鏡」の中の一曲だそう。このオーケストレーションの魔術師が魔法をかける前の音楽はどんな感じか、今度ぜひとも聴いてみたいところです。
posted by stonez | 2007.01.30 23:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 - 管弦楽曲
この記事へのコメント
写真がすごーい、素敵ですねぇ。
アート!
Posted by リベラ33 at 2007.01.31 19:17
リベラ33さん、そう言ってもらえて嬉しいです〜!
実はちょっと路線が違いますが、なんとなく時刻表にしてみました。普通の電車の写真とかにしなくて良かったかもです(笑)
Posted by stonez at 2007.02.01 01:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32444804

この記事へのトラックバック