リベラ33さん来たる(エッシェンバッハのシューマン第4番)

いつもお世話になっている我らがエンターティナー、リベラ33さんが横浜にいらっしゃるというニュースが走った先週末の金曜日、私も縁があってyurikamome122さんepoch@kyokoさんとともに、遂にお会いしてきました。

当然のごとく、リベラ33さんの音楽に対する懐の深さは素晴らしいもので、ひとたびyurikamome122さんと話に火がつくと、こちらは身を乗り出して唸ってるだけ(笑)。ちょっと想像のつかない演奏家・音楽家の世界をチラ見した気分で、今後音楽を聴いていく楽しみが増えました。それからkyokoさんの前向きな行動力も刺激的でした。

そんなリベラ33さんに会って、とにかく話したかったのがエッシェンバッハ/NDR響のシューマン交響曲全集のこと。きっとエッシェンバッハとしてだけでなく、代表的な「シューマン交響曲全集の」名盤ということになっていくと思いますが、聴き手の心をグイグイつかむ絶妙なテンポ・コントロールやオケの熱気が凄まじいです。

特にすり減るほど(レコードだったら)聴きまくったのが第4番で、第1楽章最後のあのたたみかけるようにアッチェレランドしていくところの熱狂ぶりはフルヴェンに負けません。それがウソのように穏やかになる第2楽章、豪快な第3楽章に元気いっぱいの4楽章と、息つく暇なく終わりまでいってしまう演奏の好例だと思います。

エッシェンバッハの近況は、リベラ33さんのエントリーを楽しみにしたいと思います(笑)。楽しい時間をありがとうございました。
posted by stonez | 2007.02.25 15:38 | Comment(4) | TrackBack(2) | 音楽 - 交響曲
この記事へのコメント
先日はお忙しいなかありがとうございました。
今日はさっそくコバケン/アーネムpoのチャイ5などのコンサートに行ってきましたがこれがすごい熱演!今日を初日に関東も行くようなので、もしご都合が合うようなら絶対オススメです!
Posted by リベラ33 at 2007.02.25 19:32
ご丁寧にコメント、TBありがとうございました。
早速りべらあべまりえさんもコメントなされておいででした。
リベラさんの4月4日のエントリが楽しみな私でございます。
エイジ・オブ・エイジですからね。

りべら33さん、アーネム・フィル、行きたかったです。
Posted by yurikamome122 at 2007.02.25 20:32
リベラ33さん、先日はありがとうございました!
さっそくあの時お話しのコンサート行かれたのですね。チャイ5の熱演がハマると、これほど気持ちのいいものはないですよねー、私も機会が会ったら是非行きたいのですが(^^ゞ それにしても長旅おつかれさまでした。ブログも楽しみにしています〜!
Posted by stonez at 2007.02.26 02:49
yurikamome122さん、こちらにまでありがとうございます!
あべまりえさん、私もコメント拝見しました(笑)、このキャラクターがバリエーション豊か、というあたりもエンターティナーたる所以でしょうか(笑)。今後大いに参考にするところであります。
私もエイジオブエイジの音源が入手できたらエントリーしたいなと思っています。とにかく、先日は貴重な時間をありがとうございました!
Posted by stonez at 2007.02.26 02:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

勝手に神奈川poを応援する会な先進国首脳猥談、横浜サミット
Excerpt: というわけで、行ってきましたヨ。箱根の山を越えて関東平野。 大阪の職場には朝だけ顔出し。朝礼で、今日は途中からおっちゃん消えるかんね、事故とかしたら承知しないヨ、などとエラそうに訓示。もっともそこま..
Weblog: 守口フィラデルフィア管弦楽団研究会
Tracked: 2007-02-25 20:29

コルンゴルド作曲、組曲「から騒ぎ」−室内オーケストラのための
Excerpt:  今日は、コルンゴルド作曲、組曲「から騒ぎ」−室内オーケストラのための、アンドレ・プレヴィン指揮、ロンドン交響楽団。  R・シュトラウスの「薔薇の騎士」を彷彿とするような甘い世界が嬉しい。  特に..
Weblog: yurikamomeの妄想的音楽鑑賞とお天気写真
Tracked: 2007-02-25 20:35