ブルッフ/七重奏曲

昨日は小春日和でした。と言ってはみたものの、まだ2月ですよ。。。まあそれはさておき、このところはお昼休みを過ごすのにぴったりな場所を見つけ、もっぱらそこに行ってます。リーズナブルなレストランに静かなラウンジまで完備。いつもお世話になり感謝しています。区役所様。

そんな昼下がり、ラウンジで聴きました。ブルッフ作曲、七重奏曲 変ホ長調 遺作。ベルリン・フィルハーモニー八重奏団員。クラリネット、ホルン、ファゴット、ヴァイオリン×2、チェロ、コントラバスという編成。

ブルッフのセプテット、一度聴いただけで好きになりましたが、それから何度聴いても色褪せることがありません。春を思わせる若々しさ、広がる色彩感、シンフォニックな構成。これを11歳(!)でつくったブルッフの早熟ぶりもさることながら、最近まで発見されずにずっと冬眠状態だったという事実が凄い。

第1楽章は瑞々しく、晴れやかな田園風景を思わせる。第2楽章はしっとり穏やかなアンダンテ。第3楽章は飛び跳ねるような可愛らしさがあって、でも優雅なスケルツォ。第4楽章はラルゴの序奏に、充実したアレグロ・ヴィヴァーチェが続く。快活な疾走感、充実したハーモニーとともにクライマックスへ。

室内楽的にはちょっと変わった、しかも大きめな編成ということになりますが、風通しの良さはそのままに豊かな響きがプラスされた演奏はさすがBPO。それぞれ全部の楽器にある見せ場も鮮やかに楽しませてくれます。それにしても、楽器ができたらこんな楽しい曲を演奏してみたいなぁ!
posted by stonez | 2007.02.28 00:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 - 室内楽曲
この記事へのコメント
こんばんは。

この曲、素敵ですよね。
私もCD持ってますが、大好きです。
ブルッフはヴァイオリンコンチェルトとスコットランド幻想曲だけが飛びぬけて有名ですが、所謂一発屋ではありません。
もし、機会があれば、交響曲(とくに2番、3番がお薦めです)やクラリネットの室内楽なんかも聴いていただけたらと思います。
魅力的ですよ。
Posted by romani at 2007.03.04 19:52
romaniさん、コメントありがとうございます。嬉しいですね!
実はメンデルスゾーンのオクテットをお好きなromaniさんはきっとこの作品も好きだろうと思ってました(^^ゞ 私は実はこのオクテットでエントリーしようと思ってたのですが、やっぱりもうちょっといろいろ聴いてみたいんですよね。。。
ブルッフはこれが最初に聴いた作品なので、紹介して頂いた音楽を是非聴いていきたいと思います。ありがとうございます。
Posted by stonez at 2007.03.05 23:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック