ヤナーチェク/シンフォニエッタ

毎年恒例の悩みのタネ、確定申告が終わりました。この目の上のタンコブが消えたらまさに春到来の証。しばらくは読みたい本を読み、聴きたい音楽はすでに聴いてますが(笑)、後回しになっていたあれこれに手を付けたいと思います。

そんなわけで今の気分で選びました。ヤナーチェク作曲、シンフォニエッタ。カレル・アンチェル指揮、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団。ご当地の演奏。

まるでパッと視界が開けたような解放感。まるで鼻詰まりがスッと治まったみたいな爽快感。以前みなとみらいホールで聴いたときに、ステージの向こう側P席最前列にズラリと並んだ総勢14人(たぶん)のトランペットが壮観だったのを思い出します。金管系の方々はさぞかし気持ち良かろうと思う次第です。

そのトランペット別動隊によるファンファーレに始まり、最後もファンファーレで終わる。堂々としていてとても鮮烈。その間の2、3、4楽章では別動隊はお休み。大胆な指示ですが、そこはオーケストラの出番。せせこましくコミカルにうごめいたかと思えば、怪しげなオーラにつつまれた安らぎの調べが響きわたる。それもつかの間、またせわしない雑踏に消えてゆく。この徹底した色彩的変化が面白いところ。

アンチェルは間違いなく、チェコ・フィルの一時代を築いた立役者なわけですが、その一方で両親と妻子の命をナチスに奪われるという悲劇に遭った被害者でもあるわけで、どうもそれが頭をよぎります。非常に冷静かつ明晰な音づくりの中にも、はっきり感じ取れる緊張感がリアルです。
posted by stonez | 2007.03.14 00:40 | Comment(4) | TrackBack(3) | 音楽 - 管弦楽曲
この記事へのコメント
ちょうどいま、クーベリック指揮バイエルン放送響によるヤナーチェク「シンフォニエッタ」を聞いていました。ほんとに面白い曲ですね。だいぶ前の記事ですが、トラックバックします。
Posted by narkejp at 2007.03.14 19:47
narkejpさん、コメント&TBありがとうございます!
クーベリックですか、彼の演奏も面白そうですね。当然ながら最初と最後のファンファーレの印象が鮮烈なのですが、なぜか2楽章の出だしのところが頭から離れません(笑)すべてが変わっていて印象に残る音楽ですね。
Posted by stonez at 2007.03.15 00:36
こんにちは


『シンフォニエッタ』良いですよね。私のCDは『タラスブーリバ』とカップリングされています。

ヤナーチェクは、スメタナ、ドヴォルザークの影に隠れているようで、少しさびしいです。
Posted by チャーリー432 at 2007.03.30 00:51
チャーリー432さん、こちらにもありがとうございます!
私のCDでもカップリングはタラス・ブーリバなのですが、まだ聴いてませんでした。確かにチェコといえばスメタナ、ドヴォルザーク、その次にヤナーチェクというのはありますね。彼の室内楽などは、機会があったら聴いてみたいと思っています。
Posted by stonez at 2007.03.30 02:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ヤナーチェク「シンフォニエッタ」を聞く
Excerpt: 昨日の披露宴の疲れもあり、今朝はゆっくり起きて、コーヒーをいれてヤナーチェクの「シンフォニエッタ」を聞く。この曲、出だしのファンファーレがたいへん印象的だ。 最初に聞いたのは、ジョージ・セル指揮クリー..
Weblog: 電網郊外散歩道
Tracked: 2007-03-14 19:45

ヤナーチェク 〜 シンフォニエッタ/タラス・ブーリバ
Excerpt:  チェコの音楽といえばドヴォルザークとスメタナが圧倒的に有名で、ヤナーチェクの影が薄い気もしますが、個人的には好きです。  で、このCDはヴァーツラフ・ノイマン指揮、チェコ・フィルハーモニー管弦..
Weblog: 徒然
Tracked: 2007-04-13 23:03

ヤナーチェク / シンフォニエッタ
Excerpt: 今ブームらしいねえ。 乗っかってみた。 ( 2005年の某団体プログラムより。あ、書いたのはもちろんぼく。 ) 今年はヤナーチェクの生誕150年にあたり、プロオーケストラの演目 でも非..
Weblog: アマオケ_ホルン日記
Tracked: 2009-06-10 22:52